スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴミ箱の効果

皆さま、こんにちは。
今日は私のブログに起こっている、ちっぽけな出来事を書いてみます。

最近、このブログで“ゴミ箱”というカテゴリーを作ったのですが、これは淫乱な言葉の表現をするコメントを止めさせるためです。これが中々効果があったようです。それを設置してからは、なんとピタリとその類の書き込みが止まってしまった。「あっれ~~」という声をあげたくなるくらいのタイミングでした。それにしても、こうした連中、機械的(スパムというのでしょうか)に送りつけてくるのかと思えば、そうではないことがはっきりしました。このくだらない連中は、内容を確認していることがわかる。でも、まあ、“嫌創価関連”のブログをやっていると、こうした連中はつきものなので、他のブログでも荒らされている場面をみることができますね。それにしても、はたしてこうした連中が学会員かどうか、ということが気になるのですが、それはもう確かめようがありません。だた、創価学会を否定するブログに同じようにことが起こっていることは、考えれば、一部の学会員の仕業と考えるのが自然といえそうです。

私のブログにくるこうした“イヤガラセ”は、ずっと以前に書いた記事のコメント欄に書かれるのが大半です。はっきりと最新の記事のコメント欄に書けばいいものを、わざわざ忘れかけた記事に送ってくるところがいかにも陰湿的だ。小さな綻びから相手を揺さぶっていこうというのだろうか、なんとなく「伝書鳩スパイ網 恐怖政治!?」で紹介した、伝書鳩の存在を思い出してしまう。もう一つ特徴を挙げるとそのほとんどがメールなどのアドレスが貼り付けてあることで、文句を言ってやろうと、うっかりメールを送ると「IP」などを何かの資料にされかねない、と思っています。

でも、まぁ、こうしたことに気をつかわせることも、連中の術中にはまるというものです。その意味ではわたしも、はめられてしまったのかもしれません。充分気をつけなければいけませんね。本当は、黙って削除するのが一番なのかもしれません。



追記
聖教新聞などでは、よく、「新潮」などの週刊誌や、反創価学会系のブログを「デマ」だの「悪」だのひどい言葉で非難しています。ですが、どこがどう「デマ」なのか詳しく書かれていません。裁判にしても、勝ったときだけ大々的に掲載されていますが、裁判の中身はどれだけ伝えているのでしょうか。これは、創価学会が非難する相手に対して、理論で反論できないからです。創価学会の存在の是非は、もう既に決着がついているのです。今後は社会全体への創価問題の周知と、学会員の事実を認めるこころの準備だけが問題なのではないでしょうか。

*もし、このゴミ箱の設置を試して見たいという方がおられれば、どうぞ、ご参考になさってください。ただ、結果は自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

ゴミ箱

削除しても削除しても送られてくる“ゴミ”。あまりにも熱心なので、そんなアホでも、お情けで、展示してやることにしました。但し、隔離してね。このコメント欄を見られた方は、絶対に、エサ(コメント)を与えないでください。活気づきますから。囲んで、上から眺めて観察しましょう。

本当は、これ以外にも50ケほどあったのですが、残念ながら削除してしまいました。中には中傷や脅迫まがいのものもありました。次にくれば展示したいと思っています。

コオロギ丸@清掃係
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。