スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢野絢也さん、「黒い手帳」奪還する!

blue_ani.gif

皆さま、こんにちは。

矢野氏が長年に渡って書き続けていた手帳が、元公明党国会議員黒柳・伏木・大川の3氏によって強奪された事件で、最高裁で矢野氏の全面勝利の判決が下りながら、手帳の返還を拒んでいた3氏が、その返還に応じていたことが「フォーラム21」11月号に書かれています。

2審で逆転敗訴を受けながら、3氏側はその返還を拒んできました。その理由がなんでも最高裁で(3氏側)が勝訴した場合、矢野氏が返還に応じない恐れがあるとか、コピーを取られたりする恐れがあるとかいっていたらしい。バカもほどほどいい加減にしてほしい。

9月1日、最高裁では上告の受理をしない決定をし、矢野氏の勝利が確定しました。矢野氏側は最高裁の決定の翌日、間接強制申立事件を審理する東京地裁に、速やかに強制金(1日50万円)を命じるよう、上申書を提出したという。

その後も、3氏側の弁護人新堀富士夫氏(創価学会副会長)から「和解をしたいので、強制金の決定を猶予してほしい」との申し出が裁判所にあったらしい。和解???

結局、10月6日、霞ヶ関の弁護士会館で、4年半ぶりに、「黒い手帳」は矢野氏へ返されたそうです。

「フォーラム21」の取材に対して、矢野氏は政治と宗教の関係について、その内容を公表していく意欲を示している。楽しみですね。詳しくは「フォーラム21」11月号を手にとって読んでくださいね。



<追記>

手帳が返還されたのが10月6日とあります。あれっ、そんなニュースがあったのかな?週刊誌にも他のブログにも出ていなかったような気がします。矢野さんは積極的に公表したのでしょうか?まあ、何はともあれ、矢野絢也さん、おめでとうございます。そして、矢野さんのことを「何もしないで落としどころを考えているのでは」などと、酷評してきたことを衷心よりお詫び申しあげます。これからの氏のご活躍を心よりお祈り致します。

スポンサーサイト

民主党「外国人参政権」提出へ

blue_ani.gif


民主が議員立法で外国人参政権付与法案を提出へ 臨時国会で
11月6日12時2分配信 産経新聞
 民主党の山岡賢次国対委員長は6日午前、自民党の川崎二郎国対委員長と国会内で会談し、今国会中に永住外国人への地方参政権付与法案を議員立法で提出する考えを伝えた。

 会談終了後、山岡氏は記者団に対し「今国会で(提出を)考えている。党内にもいろいろ意見があるが、場合によっては党議拘束なしというやり方もある」と述べた。また、山岡氏は臨時国会の会期について「今の状況では延長せざるを得ない」と述べた。11日に政府・民主党首脳会議を開催して国会対応を協議する方針だ。

 地方参政権付与については、鳩山由紀夫首相が5日の衆院予算委員会で「前向きに考えている」と述べていた。


思わず「うそつき!民主党」と叫びたい。

どうりで公明党(=創価学会)がこの法案提出を取りやめるはずです。

民主党はこの法案をマニフェストからはずしました。この国会でも「国民の理解が得られていない」と、提出を見送る方針を打ち出していました。もう、信じられない・・・というか、信じる方がバカということなのでしょう。

このニュースについては「博士の独り言」・せと弘幸氏「日本よ何処へ」もすばやく反応されています。ぜひ、読んでください。

このブログでは民主党についても度々批難してきました。しかし、そこまでやるとは思いませんでした。これで、民主党が公明党(=創価学会)同様に表と裏を、国民の虚を衝(つ)いて、行う政党であることが明白となりました。

しかし、国民の目も節穴ではありません!民主党政権はそう長く、国民の支持を得られないでしょう。

民主党・公明党(=創価学会)にしろ、向かおうとするベクトルがあります。平和や福祉、弱者救済だの耳障りのいいことばかりいっていますが、その向かおうとするベクトルはそれらを度外視したものであることを、見抜く必要性が、国民一人一人にとって急務となっているようです。






sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。