スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある男の退職

皆さま、こんにちは。長い間、お休みをいただきました。その間も、多くの方がこのブログを訪れてくださりました。ありがとうございます。感謝。このブログの夏休みも終わり、再開いたします。以前と変わらぬご支援、ご鞭撻をくださりますようよろしくお願い致します。尚、コメント、トラックバックとも、現在承認制となっております。ご了承ください。

さて、今回の記事は、私の会社で起こったある話からです。
タイトルにもあるようにある男が退職したのですが、その経緯がむごいというか、何というか、何はともあれ皆さまにも知っていただきたく、怒りを抑えながら書いています。

話はざっとこんな感じです。

ある男、仮にAさん(非学会員)と男がいました。まじめで実直な性格のAさんは、誰からも好かれる団塊世代の方です。そんなAさんの奥さんが、末期がんになってしまった。Aさんは当然、看病などに明け暮れることになる。仕事も休まざる得ず、会社や職場の同僚に頭を下げ、勤務時間を減らしてもらい、なんとか忙しい日々を凌いでいました。

性格の良さと、そんな愛妻家としてのAさんの姿を見て、職場の誰も不平を言わず、彼の仕事をカバーしていた。ところがある日、新人研修が職場の日程表に載っていた。上司(学会員)によれば、Aさんの穴埋めをする補完要員(以下Bと呼ぶ)とのことだったが、私にはすぐにうそだとわかった。このBという男は学会員で、以前この会社に勤めていたが、同僚とトラブルになり、会社を突然辞めてしまった経緯がある。同僚や会社の都合も考えずに。そんな会社に後ろ足で砂をかけるような男を、会社としてまた採用するのだという。常識では考えられないことがこの会社ではまかり通る。それもこれも職場の学会員たちが“上から下から”長年に渡って働きかけてきたおかげなのだが、学会員だから“なんでもあり”となると、職場の規律などあったものではない。

それからしばらくしてAさんの奥さんは亡くなられました。今まで、勤務を減らして(休んでいたわけでない)働いていたAさんは、完全復帰したく会社に申し入れたが、私の予想通りクビになってしまった。どこまでも人の良いAさん、今まで迷惑をかけたのだからと、自己都合という形での退職にしたのだという。

私が残念でならないなのは、Aさんが私の忠告に耳を貸してくれないことだった。私が創価の“そ”の字でも言うものなら、両手で耳をふさぐような人だった。Aさんが好むのはプロ野球と日本人大リーガーの話題ばかりで、後はまじめが一番とばかりに、こうした世間の汚い話には一切耳を傾けないで黙々と働く人だった。

しかし今回は、そんなAさんの“よい性格”が仇となってしまった。カルト教団には人情も義理も通用しない。間近で身を持って体感することができた。学会員にすれば本当はAさんではなく、私を辞めさせたかったはずだ。しかし、今回都合によりAさんにおはちが回ってしまった。気の毒でならない。

それにしてもひどいのは創価学会員である。Aさんを「カバーするよ」と安心させておきながら、チャンスとばかりに、人の不幸に付け込んで、学会仲間を復帰させるために行動を起こす。ある女性学会員はAさんの奥さんが亡くなられたときに、Aさんの目の前でボロボロと涙をこぼして見せた。その彼女こそが中心人物のひとりであった。

今後、創価学会員に絡んで、何らかのトラブルとなったときは、“我関せず”といった態度では通用しないのではないだろうか。すべてはケースバイケースなので一概にはいえないが、すくなくとも“情”や“常識”が通用するようなことはなさそうだ。
スポンサーサイト

「全国霊感商法対策弁護士連絡会」

こんにちは、皆さま。
今回はテンプレート(バックの絵柄)を交換してみました。いかがでしょうか?

入梅し、うっとうしい日々が続きますね。地域によっては、大雨による被害がでているようです。特に地震で地盤の緩んでいる東北地方での災害が心配ですね。復旧や救出活動が無事に行われることを祈るばかりです。

さて、皆さまは「全国霊感商法対策弁護士連絡会」(以下全国弁連)という組織をご存知でしょうか。この全国弁連は1987年5月に結成され、当初は「統一教会」の被害者を対象に救済活動を行っていましたが、現在では様々なカルト教団の被害者も対象にしているようです。

そんな全国弁連が今年4月28日、大阪大学を会場に、第47回全国大会を開きました。そのようすが「フォーラム21」5月号に紹介されています。その記事を元に、このブログでも紹介したいと思います。その大会では、現在、日本で惹起(じゃっき)しているさまざまなカルト問題についての講演や報告が行われ、深刻な被害状況や問題点などが浮き彫りになったそうです。

そこで取り上げられた報告に関連する団体は「神慈秀明会」「統一教会」「親鸞会」そして創価学会と同じ日蓮正宗から分かれた「顕彰会」などが取り上げられています。この他にも「大学におけるカルト問題の実情」などが報告されたようです。そんな中で、霊感商法の被害額は2007年度で、40億7980万円余と年々増加傾向にあるのだそうです。

今回の大会は大阪大学であったのですが、その背景には大阪大学自体の積極的な対応もあったようです。こうした大学では4月の新入生の受け入れ時期に、カルト教団の勧誘活動が活発化すること。そしてその手法は「ダミーサークル」「ダミーイベント」を活用し、カルトであることを隠して学生を囲い込むなど、極めて狡猾な手法を駆使しています。そうした実態に危機感を抱いた大学が、取り組みを強化させた理由といえそうです。

ところで、残念なのが、創価学会による被害の報告がないことですね。創価学会ではこのような「ダミーサークル」などを使わなくても、すでに「統監」などによって張り巡らされた情報と接点があるので、表沙汰になるようなことはしなくても、人材の確保には事欠かないのでしょうね。

そんな創価学会と接点がある(公明党への投票依頼など)統一教会(日蓮とキリストをそれぞれ標榜する団体に接点があること自体が信じられないことですが)について有田芳生氏が講演を行っています。その統一教会、創価学会と接点があるように、類似点も多いようです。

有田氏の「フォーラム21」への寄稿によれば、この春韓国でも総選挙が行われ、統一協会でも教祖(文鮮明)の指示で、200人を超える候補者が関連組織「世界家族平和党」(日本での公明党と創価学会の関係に似ている)から立候補しました。会見では40人の当選を目標としていました。比例区では数人が当選すると思われていましたが、結果は全員落選。得票率も1.09%で政党要件も満たさないほどの惨敗だったそうです。比例区名簿1位の郭錠煥氏は世界教会の会長を更迭されたとのことです。

また、有田氏は、統一教会の北朝鮮への献金問題やそのルート、そして合同結婚式によって韓国に渡り、帰るに帰れなくなった日本人女性の悲劇も紹介されています。

創価学会でも池田大作自身が、韓国を大恩ある「兄の国」といい、日本の新聞(とても新聞とはいえませんが)でもある聖教新聞では「日韓」を「韓日」と表記するなど、韓国を敬うように仕向ける言語が多いようです。

統一教会では、日本を財源として考えているような活動が多いようです。その結果がカルトによる被害額の増加に現れているようです。一方の創価学会も韓国・中国との親密ぶりは周知のところです。創価学会の勢いが頭打ちなのは、選挙の結果をみれば分かるのですが、そうした情況を誰よりも知っている創価学会自体が、日本は財源、活動は海外へ、となる日は、実はそう遠くないのかもしれません。そんな意味で、統一教会の活動をみることは、将来の創価学会を占う上で重要なことかもしれませんね。

「全国霊感商法対策弁護士連絡会」

創価学会に染まる 4

皆さま、こんにちは。もう6月も半ばに入るというのに、いまいち暑さを感じませんね。今年の夏はどうなるのでしょうか?夏が好きなコオロギとしては、汗ばむ季節が恋しいものです。

ところで、こんなニュースを知っていますか。

矢野元公明党委員長から13日に聴取へ 創価学会との訴訟問題など 野党  
2008.6.10 23:53 産経ニュース
民主党の菅直人代表代行や社民、国民新党など野党の有志議員は13日、元公明党委員長で政治評論家の矢野絢也氏を国会内に招き、公明党と支持母体の創価学会との関係について説明を求めることにした。矢野氏は今年5月、評論活動をやめるよう強要されたとして創価学会に損害賠償請求訴訟を起こしており、訴訟の経緯についても話を聞く。

今更何をいっているのでしょうかね。「公明党と支持母体の創価学会との関係について」なんて分かり切っているのに。なんのための昨年11月の石井一氏の国会での発言だったのでしょうか。この数日前の産経のニュースでも、これに関したニュースがあったのですが、そこにはこうあります。

次期衆院選に向け、創価学会を支持母体とする公明党を揺さぶる狙いがあるとみられる。

昨日、11日には参議院で福田総理に対する問責決議が採決されましたね。これをネタに公明党(=創価学会)を衆議院解散に同調するよう迫るのでしょうか?ただ、揺さぶりだとすれば、民主党は「公明党=創価学会」の関係を追及するつもりはないのでしょうね。こちらに寝返ればすべて“許す”では困るのです。どうもあまり期待できそうにないですね。

ところでこのニュース、6月11日の時点で、他の新聞社は全然ネットで配信してないではないか。ヤフーニュースを「公明党」「創価学会」「矢野絢也」で検索しても出てこない。ちょっとひどすぎるのではないでしょうか。

元々、矢野氏が創価学会と7人の幹部を相手に訴訟を起こしたときも、新聞で取り扱ったのは「産経」と「東京」だけであった。と、今月10日に届いた「フォーラム21」6月号で古川利明氏が指摘している。矢野氏は提訴当時裁判所で記者会見を開いたというから、当然「毎日」「朝日」「読売」の記者も来ていただろう。その上で記事にしないのだから、これはもう作為的といえる。

こうした大新聞の創価学会に配慮した対応について、古川利明氏が次のように述べている。

毎日新聞・東京新聞で記者活動の経験を持つ私の目からすると、そうした双方の「もちつもたれつの関係」(創価学会と大新聞社の関係のこと)ゆえだろうが、そこから派生している、ぬるま湯的な職場環境に、記者たちが埋没していく中で、「こんなもん(=矢野氏提訴)はニュースではない」「信濃町はすぐ裁判沙汰にするから、できるなら、関わりたくない」などと、勝手に思い込んでしまうのである。そのことが「ニュース感覚の磨耗」ということなのだが、そうした「システムの歯車」の中に、記者ひとりひとりがきっちりと組み込まれてしまい、最終的にはそうした問題意識すら、ほとんどなくなってしまうのである。中にいた人間からすると、こうした「巨大化した官僚機構」に、「自浄作用」を求めるのは、極めて困難である。
「フォーラム21」6月号より引用

なるほどねぇ~、そんなもんですか。でも考えてみると、当然なのかもしれません。仮にも社会的責任の大きい大新聞社で、「創価学会関連の記事には手心を加えろ」とか「ボツにしろ」とか文書などで指示が出せるわけがなく、そんなものが明るみにでもなったら、それこそ社運に係わる大問題としてスクープされるだろう。こうした大新聞社の場合、編集責任者だけ抑えておけばいいのではないのでしょうか。後は何回もその手の記事をボツにしたり繰り返し、それでも書いてくる記者には睨みつけてやれば、古川氏のいう「ニュース感覚の磨耗」が職場内に蔓延するのではないでしょうか。

話はかなりスケールダウンして恐縮ですが、私の職場も学会員が責任者になっています。ですが、古川氏の記事を読むと、創価学会がはびこるところは、同じような空気が流れるのだなぁ~、などと思ってしまいます。これは新聞社だけでなく、例えば公明党(=創価学会)と連立を組む自民党も同じようなものかもしれません。そのような記事を昔書いたなぁ~。で、私の職場のことですが、もう、かなりメチャクチャになっています。詳しく書くと特定されるので控えますが、うちの学会員は非学会員に対して“ヨイショ”と“イヤガラセ”を繰り返します。“ヨイショ”から始まり、いい気にさせて、チクリとイヤミなことをする。それでも気にしないフリをして近づくと、またヨイショをしてもっち上げます。そうやって、自分たちに同調するよう仕向けていくのです。それで“ヨイショ”の過程では無理やり持ち上げるので、仕事のことは二の次となり、まじめにやらなくなる。仕事の質やまわりの評判は悪くなってもお構いなしといったところか。そして私のような動じないものには仏敵扱いが待っているというわけです。

最後に元自民党衆議院議員の白川勝彦氏が、「フォーラム21」H19・2月1日号に書いた文をもう一度載せたいと思います。

「公明党との連立に反対や批判することはタブーなのである。勇ましそうなことをいう自民党の国会議員はけっこういるが、いまや自民党と公明党の連立を問題にしたり批判する者はいない。タブーなのである。このタブーに違反した者はいずれ抹殺される。池田批判は公明党との連立批判となる。公明党が池田タブーに支配されているように、自民党の国会議員も池田タブーに洗脳されたかもしくは無批判になった」

まあ、とりあえず13日の矢野氏から事情を聞くという野党連合にかすかな期待をしてみましょう。

この記事の関連記事

創価学会に染まる 
創価学会に染まる 2
創価学会に染まる 3

日蓮正宗って、何?

皆さま、こんにちは。

相変わらず寒い日が続きますね。今年はこれで暖冬なのでしょうか、去年が暖かかったので、今年はとても暖冬とは思えません。

さて、皆さまは週刊新潮2月14日号(6日発売)の記事を読まれましたか。ビンボーな私は立ち読みで済ませたのですが、記事の題名は「反創価学会3万人が大阪に集結した『大石寺』決起集会」。去年の参議院選挙で公明党(=創価学会)の大敗以来、反創価学会の包囲網は着実に機能を果たしはじめているように思えるのです。

ネットでは創価学会の反社会性を取り扱うサイトが増えていますし、国会では民主党の石井一氏がガツンとやってくれたし、かつて創価学会の要職であった小多仁 伯氏が「池田大作の品格」を出版して、内部の有り様を暴露してくれた。政局ではキャスティングボードを失い、公明党(=創価学会)の影響力は小さくなったようです。池田大作氏の恐れていたことが現実となり始めているように思えます。今まで築いてきた「総体革命」が崩れ落ちようといているのではないでしょうか。

それで、今回の日蓮正宗のこの動きは、世間の流れに乗ったものといえるのではないでしょうか。

普通なら大石寺に近い東京を開催地にするのが妥当といえるけれど、わざわざ遠い大阪で開催されたことは意義深いものがあるようですね。大阪といえば、創価学会では常勝の地とされ、今の池田氏が会長に就任する前の昭和31年に、参院選大阪選挙区での勝利、すなわち「大阪の戦い」で名を轟かせ、その後の地位を築いたところ。また、昨年11月の大阪市長選では、老体にムチ打って、わざわざ大阪まで来て“檄”を飛ばしたことからも、池田氏のこの地への思い入れの深さがわかります。新潮によれば、そんな大阪の地で、日蓮正宗のトップが信者を前に、名指しは避けたものの新興団体を非難したとある。つまりは創価学会に対して宣戦布告したのだと。

どうでしょうか?感想は?と聞かれれば、創価学会の包囲網が築かれることはいいのですが、日蓮正宗については「はぁ~、そうですか」と答えるしかありません。創価学会に敵対するのでしたら、とことんやってほしいのですが、だからといって日蓮正宗は肯定されるべき教団なのでしょうか?いや、その前に日蓮正宗てどんな教団なんでしょうか。

私は正直、創価学会の教義も日蓮正宗も全く知りませし、これから学ぼうとも思いません。なぜなら、実際、それを信じている人を見ていると、全く良い印象をうけないからです。創価学会を非難するには、現実におこっている社会問題のみを知れば充分なのですから。創価学会問題は教義以前のものなのです。

話が逸れましたが、日蓮正宗のことに戻ると、ネットでの学会員や脱会者の意見では、正宗に対する声は批判的なものが多いようです。それについては「創価学会が吹き込んでいるからではないか」というのは言えますよね。あれだけ聖教新聞で毎日のように悪口をいっているのですから。でも、学会をやめて創価嫌いになった人にも、正宗を否定される方は多いようです。ですから、単純に創価学会の吹き込みだけが原因でもないのでしょうね。日蓮正宗についても何かおかしいところがあるのではないでしょうか。

「自由の砦」(一番下にアドレスあり)という法華講の有志が開いているサイトがありますよね。そこにはこう書かれています。「政党支持や思想を超え、創価学会問題を直視してください」と。ですが、「創価学会110番」と書かれたところをクイックすると出てくる声は創価学会から正宗に移ってよかった、といった声ばかりだし、そのよかったとする話には、私からみれば実証性がないようです。このサイトが「創価学会被害者の会」と名乗るのであれば、謳い文句にもあるように「政党支持や思想を超え」とあるならば、他の宗派への誘導とも取れる宣伝は取り除いてほしいものです。

この記事を読んでおられる方で、創価学会から脱会を考えておられる方や、脱会された方がおられれば、しばらくは他の教団に入ることは控えることをお勧めします。脱会の前後は心理的に非常に不安定になるようです。その時を狙ったかのように、勧誘してくる教団があれば、それはやはりろくでもないものと考えていいのではないでしょうか。しばらく休んで、こころを落ち着かせてから考えても、遅くはないのです。また、ネットでは個人で良心的に、そうした声に応えているサイトもあるようです。チョンガー氏の「ひとり仏教の会」(一番下にアドレスあり)などがそうでしょうか。

この記事の最後にド素人の私が日蓮正宗について、素朴に思う疑問を書いてみます。

・ 創価学会を生んだのは日蓮正宗です。日蓮正宗の土壌にカルト的要素があるのではないでしょうか。
・ 日蓮正宗は創価学会を破門にしましたが、創価学会の悪事はそれ以前から社会問題となっていました。単純に創価学会のあり方を問題にするなら、もっと早く破門にすべきではなかったでしょうか。
・ 日本宗教連盟という組織があります。多くの伝統仏教団体が入っていますが、日蓮正宗は伝統仏教を自認しながら、なぜ加入していないのでしょうか。



追伸
ネットでは、記事に書いた京セラドームでの法華講の集会に対して、地元の創価学会員たちの一部では、10時間にも及ぶ、大会の不成功を祈る唱題会が行われたり、学会員が法華講員宅を訪ねて、会に参加しないように働きかけたり、また、その人数報告をさせたりなどしているそうです。しかし、大会は無事に行われたようですね。

何度も書いて恐縮ですが、大阪という「地」は池田創価学会にとって特別なのです。そんな大阪での先の選挙では、市長選でも知事選でも候補者の擁立で、公認か支持か、地方か本部かでもめていましたね。どうも、しっくりといっていないようです。もし、大阪で組織割れがあれば、以前にあった“大分の乱”という反乱分子による騒動ぐらいの影響では済まないでしょうね。


自由の砦
ひとり仏教の会

「池田大作の品格」の紹介

32002760200712s



皆さま、こんにちは。

パソコンの故障で更新が遅れました。すいません。早速、パソコンが直ったので再開いたします。

明日は大阪府知事選の投票日ですね。大阪府民の方は是非、投票に行ってくださいね。


さて、今日は話題の一冊、「池田大作の品格」(小多仁 伯著)の紹介します。

はじめ、この本をネットで申し込もうとしたら、納期が3~5週間と書いてあった。数日してから申し込むと4日ぐらいで届きました。意外と早く届きましたよ。

この本の著者である小多仁氏は本部組織センター広宣局で、芸能部書記長などを歴任したとある。つまり、池田氏をはじめとする最高幹部の指示を直接受ける人間として、長年に渡り、その人となりをもろに見てきた人物であるということ。そうした人が遠慮なく赤裸々に書いている内容は、やはり説得力があるというか、生々しいというか、外部のジャーナリストが取材を通して書かれたものより実感が湧いてきます。

内容はタイトルどおり、池田氏の本当の姿を詳細に紹介するものですが、今まで外部のジャーナリストが書いてきた内容を決定付けるものと言えるでしょう。

また、池田Xデー後の社会的混乱を憂慮した記事も載っており、外部からの注視が必要といっています。

まだ、読まれていない方は、是非手にとって読んで頂きたいと思います。また、読まれた方で感想などありましたら、是非コメントを寄せてくださいませ。




追伸

この本を読んで、ある学会員の方がネットで、この本には日蓮正宗への贔屓と思われる部分があると指摘されていました。確かに私も読んでそういう部分があると思います。少し残念です。しかし、それは全体の1%ぐらいの部分で、それでこの本全体に「日蓮正宗の意図があるのでは」と勘ぐられては、この本の本来の目的を見失って、大切なことに気づかないと思います。

それと、この本の著者の小多仁氏が学会本部職員を辞めたのが1985年とあります。今から23年前ですね。だけれども著者の記述には、その後も詳細は記述が続きます。これは何を現しているのでしょうか。創価内部での反池田網でもできつつあるのでしょうか。気になりますね。



sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。