スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢野絢也氏の裁判をもう少し詳しく

blue_ani.gif


皆さま、こんにちは。

ここ数日の陽気で、桜前線も一気に北上しているようですね。ここでも桜並木が楽しみです。

さて、先月、矢野絢也氏が逆転で勝訴したニュースが、たくさんのブログで取り上げられています。この判決について、「フォーラム21」4月号で更に詳しく紹介されています。

少し紹介させていただきますと、先ず、気になる上告のことです。敗訴した元公明党(=創価学会)国会議員である大川清彦・伏木和雄・黒柳明の3名(以下、控訴人とします)は最高裁への上告したのだそうです。

そりゃ、そうですね。創価学会関連裁判で敗訴した創価学会やその擁護者たちが、上告しないケースは稀です。ただ、そうした控訴人が上級審での判決を望んでいるのかといえば、最近のケースを見ていると、そうとは思えない決着が目立ちます。例えば、やはり公明党元委員長である竹入義勝氏との裁判では、裁判官を通じて和解に持ち込んでいるようです(週刊新潮 平成20年12月18日号参考)。また、「NTTドコモ」事件では、一審敗訴を不服として控訴した創価学会員(幹部を含む)たちは、二審の審議が始まる前に、一審で命じられた賠償金を払い込むという(人間)離れ業?を行っています。そのために二審の判決が大いに歪められたのはいうまでもありません。(「フォーラム21」平成19年12月15日号参考)

ですので、この裁判についても、控訴人側は頃合をみて和解に持ち込むことを狙いとしているのではないかと、勘ぐってしまいます。また、矢野絢也氏が出した「黒い手帳」を読む限り、彼の胸中にあるのは必ずしも、創価学会を糾弾するブレない正義感とは到底思えず、創価学会に対する「未練」や「拭い去れない帰属意識」を感じないわけにはいきません。人の心情を先回りして手を打つことがうまいのが創価学会員です。そうした矢野絢也氏の胸のうちを察しないことはないでしょう。ただ、この裁判の場合、気になるのは「手帳」の帰属先です。矢野絢也氏が自己の決意を貫きとおせる男であるのか?今後とも注目されるところです。おっと、その前に、控訴人がその手帳をちゃんと保管しているのか?それも疑問ですが・・・。

さて、この裁判の控訴側弁護人について、「フォーラム21」4月号では以下のように紹介しています。

(控訴人側)大川・伏木・黒柳の三氏側の代理人は、池田大作レイプ事件における民事訴訟の学会側代理人を務めた佐藤博史弁護士をはじめ、創価学会副会長の新堀富士夫弁護士・副男子部長の海野秀樹弁護士・副青年部長中村秀一弁護士らが務めている。

これはNTTドコモ事件での民事訴訟でもいえることですが、こうした学会員絡みの裁判には、このように学会お抱えの弁護団が背後に控えていることが多いということです。

この他にも、「フォーラム21」4月号には、控訴人側が主張したICレコーダー(矢野氏宅で伏木が隠し録りしたもの)について改ざんされたものであること。手帳の引渡しについては、原告側三氏が創価学会青年部との約束と守るあかしとして、手帳の引渡しを求め、拒否する矢野氏に対して、背後の創価学会員・公明党員が、矢野氏とその家族に対して、どのような危害を加えるかわからないなどと脅迫し、矢野氏を追い込んだ経緯(極悪人としかいいようがない)などを判決文として盛り込まれたことなどを紹介しています。

更に詳しく知りたい方は「フォーラム21」4月号を“買って”読んでくださいね^^。

私はこの判決のニュースを知ったとき、いくらか戸惑ってしまいました。それは、元々、原告で、一審で勝訴した三名の学会員がなぜ控訴人となっているのか?勝ったのだから文句をいうな、といったところですが、これは、この三名が一審の判決が全面的に自らの主張を認めてもらえないため、勝訴したにもかかわらず、上告しましたとのこと(賠償額が不満なのか?)。また、この三名は矢野氏が控訴するとの情報を得て、先手を打ったのでしょうか?被控訴人と呼ばれることを嫌ったのでしょう。何分、学会員は“気合”が大切ですからね。

また、賠償金を求められていた矢野氏が逆に、300万円の賠償金を勝ち得たのは、手帳の返還と、プライバシーの侵害として、逆に、この裁判で、損害賠償1000万円の支払いを矢野氏が求めていたためとのことです。

ですので、この判決は、昨年5月ニュースにもなった、矢野氏が創価学会とその複数の最高幹部に対して、人権侵害と名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟とは別のものです。ですが、今回の判決が今後、別の裁判に影響を与えないわけはありません。今後が益々、楽しみです。

矢野絢也さん、くれぐれも和解することだけはしないでくださいね。




<追記>
この記事は前回の記事「北野誠さんに何があったのか?」の前に掲載する予定でした。北野誠さんの情報は今後も追って行きたいと思います。皆さまの情報もお待ちしております。宜しくお願い致します。

ただ、サイト「東村山市民新聞」の中ほどに次のようなコラムがあります。是非、一読ください。

<東村山市民新聞>←リンク先

「北野誠全番組降板」事件が浮き彫りにしたマスコミの創価(批判を許さない全体主義)への屈服



スポンサーサイト

矢野絢也氏、逆転勝訴!

皆さま、こんにちは。

そんで、皆さまはこのニュースをご存知でしたか?

公明党元国会議員が逆転敗訴 週刊現代の記事巡り「真実性ある」
3月27日23時30分配信 産経新聞

「週刊現代」の記事で名誉を傷付けられたとして、公明党の元国会議員3人が発行元の講談社と矢野絢也元同党委員長に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、東京高裁であった。南敏文裁判長は「記事には真実性がある」と指摘、被告側に660万円の賠償と謝罪広告の掲載を命じた1審東京地裁判決を破棄した。一方、矢野氏が原告に求めていた賠償請求を認容、原告3人に300万円の支払いを命じた。

 問題となったのは、平成17年7~8月に掲載された記事。元国会議員3人が、矢野氏の自宅から、同党や創価学会の情報が記された手帳を無理矢理持ち去ったと報じた。1審は「記事に真実性はない」として、名誉棄損を認めていた。

 南裁判長は、元国会議員が再三に渡り矢野氏の自宅を訪れ手帳の提出を求めたことを、「記事で『手帳強奪』としたことは、多少大げさだが、無理に持ち去ったことには真実性がある」と指摘。元国会議員の行為が矢野氏に対するプライバシー侵害にあたるとした。


この裁判は昨年、矢野氏が昨年5月に、創価学会と幹部7人を相手取り、慰謝料など5500万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしたものに先行して、学会側を原告として行われていた裁判です。

ちょうど、先月、2月28日に発売された矢野氏の「黒い手帳」が功を奏したのでしょうか?

この本を読んで想うのは、嫌創価派の私としては、訴訟を起こしながら、学会に対して相変わらずの歯切れの悪いスタンスと、矢野氏が現役時代に加担した数々の工作について、ほとんど書かれていないことです。

ですが、この手帳の引渡しのやり取りが克明に記されていること。矢野氏の委員長時代の回顧録などから、創価学会にとっての公明党の位置づけなどが分かる秀作となっています。

先ずは矢野先生おめでとうございます。




裁判情報 9

皆さま、こんにちは。

今日は久しぶりの裁判情報です。

「りんごっこ保育園」 東村山市議会に対して勝訴確定!

皆さまは「りんごっこ保育園」という名をご存知ですか?このブログでも前に取り上げたことがあります。その記事のタイトルは「地方を腐らせる公明党」です。その中で紹介したニュースがこれでした。

議会決議が名誉毀損 東村山市に300万賠償命令
共同通信 2008年2月29日22:01

東京都東村山市の保育園の園長が、「保育環境が悪い」という内容の市議会の付帯決議で名誉を傷つけられたとして、市に500万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は29日、300万円の支払いを命じた。

定塚誠裁判長は「ほかの保育園と比べ劣った環境ではなく、議決は真実ではない。議決が載った広報誌が全戸に配布され、原告の社会的評価は低下した」と指摘した。

その上で、「原告に対する批判的対応は、通常考えがたいほど執拗。公正な議会の場である議会としてはかんがえられない何らかの強い感情的確執、嫌悪感に基づいて行われたことさえうかがえる」と市議会の姿勢を批判した。


思い出されましたか。そうです。この保育園は設立当初、いや、設立前から、市議会などからイヤガラセとしかいいようのない仕打ちを受け、現在に至っています。その件については、エントリー「地方を腐らせる公明党」「地方を腐らせる公明党 2」を読んでください。


それで、この件についての続報が「フォーラム21」2月号に載っています。それによると、この裁判の控訴審判決が昨年12月11日に東京高裁で、一審の内容を変更せず、言い渡されています。一審で大恥をかいた東村山市議会、控訴していたこと自体が驚きですね。で、更にサイト「東村山新聞」を読むと、今月2月16日に東村山市(市議会)が控訴を取り下げた、とあります。もう、開いた口が塞がらないとはこのことです。最高裁まで上告していたのですね。控訴し、威勢を示しながら、後で取り下げる裁判術は、創価学会関連裁判でよく見かけることです。この裁判の被告側は東村山市ですが、中心となっているのは公明党(=創価学会)議員と親創価学会ライターで、議会では先兵としての佐藤まさたか市議(無所属)です。

その佐藤まさたか氏、控訴審の審議ではいろいろとやってくれたそうです。同じ「フォーラム21」2月号に書かれている内容を簡単に述べますと・・・

一審で敗訴した市議会多数派側の弁護人は、「りんごっこ保育園」に対して、議会が付帯決議した文言(設備の改善等の指導に従わない場合に)「認可の再考」というのは、「認可の取り消し」を意味したものではなく、一般的な「認可基準の見直し」を意味したものであると、必死に“すり替え”を図ったのだそうです。

ところが、佐藤まさたか氏はご丁寧にも陳述書を提出し、その弁護人の意に反する内容を書いたために、その作戦をぶっ壊す結果を招いてしまったという(笑うな、というほうが無理)。

更に、佐藤まさたか市議について書かれています。簡単に書くと・・・

「りんごっこ保育園」というのは東京都の第三者評価の受審結果は「オールA」なのだそうです。そのことで佐藤まさたか市議には、ある保護者からメールが届いており、その者によれば「私はオールAにはしていません」と書かれているという。そして、そのメールまで裁判所に提出してしまった。ところが、この「オールA」というのは、東京都が公表する段階で示されるものであり、実際に保護者が書面に記す段階では「はい・どちらともいえない・いいえ・無回答」のいずれかを選択するものになっていて、佐藤まさたか市議の提出したメールは事実ではありえない内容となっているという。

全く、アホらしい、市議会側のやっていることは、裁判というより茶番劇といった方がいいのでしょう。ところで、この確定した賠償金、裁判費用は誰が払うのでしょうか?東村山市民の税金から?それはあんまりでしょう。当然、、付帯決議に賛成した議員によるカット割でなければなりません。また、受取る方の「りんごっこ保育園」はしっかり受け取ってほしい。受け取ることで、本当の意味でこの裁判が確定するのです。受け取らないと、逆に、「受け取らないのは後ろめたさがあるからだ」などという輩だ出てくるに違いないのですから。

その他の裁判結果は・・・

私は勿論、学会員を喜ばせるつもりはないのですが、しかし、事実は事実として創価学会や、その擁護者が勝訴した判決も紹介しようと思っています。この辺が「聖教新聞」とは違うところですが。

「フォーラム21」平成15年8月1日・同平成16年4月15日号損害賠償請求事件

この裁判は創価学会員ライターの柳原滋雄氏が「フォーラム21」の記事が名誉毀損に当たるとして訴えたものです。一審・二審と乙骨氏・「フォーラム21」側の敗訴が続き、昨年9月9日に最高裁でそのまま確定してしまいました。ところで、柳原氏といえば、昨年、瀬戸弘幸氏が主催した「政治と宗教を考えるシンポジウム」にのこのこ顔を出して、追い出されたヤツですね(笑)。

山本武創価学会総九州長提訴事件

皆さまは平成18年に起きた「九州の乱」という、地方学会員による反乱事件を覚えておられますか?そのようすを伝えた「週刊新潮」の記事が、名誉毀損にあたるとして山本武創価学会総九州長が訴訟を起こした事件。最高裁は昨年11月4日、乙骨氏・新潮社の上告を棄却する決定をしました。これで確定してしまいました。


この後も注目の裁判が・・・

「創価新報」平成18年2月1日号謝罪広告等請求事件
これは「フォーラム21」の発行人乙骨氏が、同紙によって名誉毀損されたとして提訴したものです。現在、東京地裁で係争中。事件のあらましはこのブログ「裁判情報 6」をみてね。

この他、昨年9月1日行われた、ブログ「日本よ何処へ」主宰せと弘幸氏が中心となり行われた東村山市での街宣活動で、名誉毀損されたとして、街宣参加者西村修平氏(主権回復を目指す会会長)を訴えた裁判などが注目されますね。





裁判情報 8

皆さま、こんにちは。

前回は「裁判情報 7」を書きました。今回も裁判情報です。というか、本当はまとめて書くつもりでしたが、余計な前書きが長くなり、二つに分けることになってしまいました。

あっ、前回の前置きのニュースで、そうそう、公明党(=創価学会)の大田さんと自民の麻生さんの対談記事は事実ではないと、公明党(=創価学会)と自民党がクレームをつけているそうです。おんやまぁ~、そうなんですか。まぁ、この件についてはこのブログのリンク先「正義の鐘を打ちて鳴らさむ」の10月31日付の記事を読んでくださいね。

そんな分けで、裁判情報を行ってみましょう!これから紹介する情報はブログ【せと弘幸
「日本よ何処へ」】から得たものです。既にご存知の方も多いでしょう。

ライターの宇留嶋瑞郎氏が「創価学会御用ライター」と書かれてたことについて訴訟を起こしたのだという。
しかし、この件については被告とされた矢野・朝木両氏はサイト「東村山市民新聞」でまだコメントしていません。なので、余計なことは言わず、ここではせと氏のブログの記事のみを紹介させていただきます。そこには、宇留嶋瑞郎氏の訴状へのリンクが載っています。その中で宇留嶋氏はこう述べている。

(サイト「東村山市民新聞」を)読んだ一般読者は「創価学会御用ライター」について「創価学会擁護を旨とする中立性・公平性を欠いたライター」のことであると容易に理解し、原告がそのような偏向的ライターであると認識するものである。 (宇留嶋瑞郎氏の訴状より)

これについては、このブログを訪れてくださる方なら賢明な判断をされることと存じます。裁判の経過に注目致しましょう。

次の裁判情報は「主権回復を目指す会」の西村修平氏が千葉英司元東村山署副署長に訴訟を起こされた事件。以下瀬戸氏のブログより

この事件(朝木明代さん怪死事件のこと)の時効が迫る中、朝木明代さんの転落死事件が限りなく「謀殺」であり、且つ「万引き事件」も限りなくでっち上げに近いと街頭演説した西村修平氏(主権回復を目指す会代表)が名誉毀損(賠償金百万円)で訴えられました。
訴えた人物は、何と疑惑の捜査を指揮した渦中の人! 千葉英司元副署長です。


この中で述べている「街頭演説」とは9月1日の故朝木明代氏の命日に、東村山市で行われたものです。その時の動画もすでに紹介されています。この件の争点については、せと氏のブログを読んでほしいのですが、西村修平氏らの活動が信憑性に基づくものであるかが争点となりそうですね。今はただ見守るしかないですね。ただ、応援は歓迎されているようです。第1回公判は以下のとおりです。お近くの方はぜひ応援に行ってください。

<東村山女性市議・朝木明代さん謀殺事件が再び法廷の場へ>
事件の捜査責任者(千葉英司・元東村山署副署長)が西村修平氏を訴える
◆第一回公判 平成20年11月13日(木) 13時30分から
◆場所 東京地裁八王子支部第一部302号法廷
駅:JR八王子駅北口・・・・・徒歩14分
京王線八王子駅中央口・・・徒歩4分


今日、紹介した裁判情報は、共にまだ公判を迎えていないものです。なので、裁判の情況などは今後明らかにされ、注目も増すものと思います。このように故朝木明代氏の怪死事件をめぐっては、新しい動きが出てきました。今後も瀬戸氏の活躍に期待がかかります。また、そんな中で、対創価学会について、思想や信条を越えた結びつきが出てきたことは、とても大きく、そして歓迎すべきことですね。瀬戸氏側は右派ですし、故朝木明代氏の流れを汲む矢野・朝木(直子)氏は庶民リベラル派(どちらかというと左派)です。そうした新たな結びつきが、役に立たない既成政党(自民・民主・社民・共産)を動かすかもしれませんね。

そんな中、「フォーラム21」の発行人・乙骨正生氏が瀬戸氏開催のシンポジュウムに参加するのだそうだ。対創価学会をめぐっては、こうした思想・信条を越えた流れが強まったといえますね。 

「政治と宗教を考えるシンポジウム」第三弾
 日時 11月16日(日)午後6時会場 6時半より開始
 場所 文京区民センター大ホール
 題名 「朝木明代さん事件の全貌を語る」
 講演者 ジャーナリスト・乙骨正生




追記
前回の記事でのイヤガラセコメントは多かった。一日に5回も連続できた。すべて消してゴミ箱に放り込んでやった。このブログでは一日一件のそうしたコメントが来ます。しばらくは、ゴミ箱で表示していましたが、最近では面倒になって削除していました。しかし、1日に5回とはすごい、くだらない新記録ですね。そんな分けで今回は表示してあげました。よかったねェ。

前にも書きましたが、せと弘幸氏のブログ「日本よ何処へ」での“故朝木明代氏”をめぐる取り組み(街宣活動)を紹介したときも同様でした。今回は何がいけなかったのでしょうかね?



裁判情報 7

皆さま、こんにちは。

このところ、めっきり寒くなりました。10月も今日で終わりですね。紅葉のほうも直に里の方までやってきそうです。過ぎ行く秋を名残惜しむ、なんていうのは、いくらなんでもまだ早すぎますね。この前、山間の温泉に出かけてきました。目の前に広がる雄大な自然を前にして、露天風呂に入ってきました。いやぁ~、えかったなぁ~。

そんな温泉気分で書き始めた今日の記事ですが、政局は相変わらず先が読めませんね。11月30日で決まりかけた衆議院選の投票日も、麻生総理の判断で先送りになってしまいました。民主党と公明党(=創価学会)はガタガタいっているようですが、しかし、事情が事情なのです。仕方がないのです。子供じゃあるまいし、それくらいわかってほしいものです。

おもしろいのは、やはり公明党(=創価学会)の反応ですね。かなり焦っているようです。こんなニュースがあります。

脅されてもナイショ…麻生首相 解散先送り
10月29日スポニチ
(略)
ただ、支持率低迷が続いた福田康夫前首相に見切りをつけ、選挙の顔として首相を押し上げる原動力の一翼を担った公明党内では先送りへの不満は強い。太田昭宏代表と北側一雄幹事長は26日夜、都内で首相と密会し「一体、誰のおかげで総理になれたと思ってるんだ」と早期解散を迫った。さらに「11月末が駄目な理由を言ってくれ。駄目なら、この時期に解散すれば勝てるんだという戦略を示してくれ」と食い下がったが、麻生首相は「言えない」の一点張り。太田氏が「このままでは福田と同じになってしまうぞ」と“麻生おろし”までちらつかせたが、約1時間続いた会談は物別れに終わった。この間、首相は一口もコーヒーに口をつけなかった。。

うん?麻生総理はコーヒーも口にしなかったのですか?まさか異臭でもしたのでは?いくらなんでもそんなことはないか。それにしても「誰のおかげで総理になれたと・・・」とはすごい言い方ですね。まるでヤクザと同じではないですか。学会幹部の本性丸出しといったところでしょうか、あきれたものです。

そんな公明党(=創価学会)を支える学会員はというと、F票集めに躍起になっているようです。しかし、選挙が長引けば間がさすことになる。学会員のボルテージはもつのだろうか?来年のいつになるか分からない投票日に向けて、再度確認の活動を強いられることになるでしょう。票を集める方も、頼まれる方もうんざりすることでしょう。そうしたうんざりした空気から、学会活動の無意味さを感じ取ってほしいものです。

ところで、もう一方の解散を熱望している民主党はどうなのでしょうか?小沢代表は、解散が長引けば矢野氏の参院での国会招致を示唆する発言をしていました。当然、やっていただけるものと考えていますが、どうなんでしょうか?このままやらないのなら、世間の物笑いでは済まないでしょう。小沢民主党は自公を引き離し、公明党(=創価学会)を取り込むことを考えていると思われても仕方がないでしょうね。

さて、前置きが長くなりましたが、今日は裁判情報です。「フォーラム21」10月号から。

「創価新報」平成18年2月1日謝罪広告等請求事件
この件については、まだ一審で係争中です。内容はこのブログ「裁判情報 6」で書きました。乙骨氏が反撃に転じた裁判でしたね。まだまだ先が長いようです。

「フォーラム21」平成15年8月1日号・同16年4月15日号損害賠償請求事件
この事件は新宿分区組織の男子部主任部長などを務めた学会員ライター・柳原滋雄が「フォーラム21」の記事で名誉を毀損さてたとして訴訟をおこしていたもの。(「フォーラム21」より引用)

それでこの裁判、被告とされた「フォーラム21」側の訴えが、9月9日最高裁で上告棄却をされて、敗訴が確定してしまったという。う~ん、残念。仕方がないですね。このことについて柳原は自らのサイトでコメントを残しています。

まあ~、なんですね。元民主党議員の永田さんという方がいましたが、彼は「創価学会では選挙のために、学会員の住民票の移動を行っている」と発言し、訴えられて罰金刑という判決までくらってしまいました。なぜか、柳原のコメントを読むと、ふと、永田元議員のことを思い出してしまいました。

つまりはしっかりとした裏づけがないと、創価学会関連裁判ではひっくり返されてしまうということなのでしょうね。それこそ、待っていました、といわんばかりに訴訟を起こされてしまう。これでは、プロの学会ウォッチャーも表に出た事実しか、記事を書けないことになる。果敢に創価学会の批判記事を表すプロのライターでさえ、実は後手を踏んでいるのですね。だって、創価学会の明るみに出た事件は氷山の一角なのですから。これを覆すのは世論の高まりと、内部情報の暴露といったところでしょうか。

最期にこの柳原滋雄について批評しているサイトがあるので紹介させていただきます。

【創価ジャーナリストのブログ】ブログせと弘幸「日本よ何処へ」より

【著者の本名「柳原滋雄」謀略本裁判で出版社側明かす創価学会との関係 焦点に】しんぶん赤旗より

【反共謀略本 著者は創価学会員三つの名で正体隠し】しんぶん赤旗より


sidetitleプロフィールsidetitle

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。