スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会に染まる

「フォーラム21」という隔週誌(毎月1日・15日発行)がある。皆様ご存知だと思う。しかし、購入している人は、まだまだ少ないのではないだろうか。発行人は乙骨正生氏。創価学会がもっとも嫌うジャーナリストといってもいいだろう。そんな「フォーラム21」には、創価学会問題に関しては著名なジャーナリスト諸氏が、毎回投稿している。

そんな中で、2007年 1月1日号で白川勝彦氏が閻魔帳というコラムで投稿している。
その題名は「公明党との連立で創価学会党に変質した自民党」というものである。

少し紹介させていただく。以下は白川氏の文書を私が要約したものである。

公明党が政権に参加したのは、平成11年10月小渕内閣のときであった。自民党は大きいので公明党と連立を組んでも創価学会党にはならないと主張する者もいた。しかし、この8年間の自公連立の固定化により、自民党はやはり創価学会党となった。選挙まで一緒になって戦うようになった必然的結果なのである。自民党は公明党と連立を組むことにより変質してしまったのだ。

自民党には、かつての社会党の総評や公明党の創価学会のように、支持母体の中で大きな時には圧倒的な力を持つ支持団体などなかった。特定郵便局長会や医師会なども当選に必要な数%を確保できればいい方であった。

会社にたとえるならば、1%にもならない多くの小株主に支持された社長が自民党の総裁であった。自公連立によって10数%から20%近くの株を持つ大株主が出現したのである。社長はこの大株主の気分を害さなければ地位が保てるようになったのである。もう多くの株主に「戦々兢々と」しなくてもよくなったのである。このように幸せな社長だったのが小泉総理であり、現在の安倍総理である。小株主が結束して創価学会という大株主に対抗するのは非常に困難である。こんな会社の株はさっさと売っ払うしかないのではないか。 

以上が要約の部分である。皆様はどう思われるでしょうか。また、短期集中連載「創価学会党化した自民党」と題して、白川氏の記事が「フォーラム21 1月15日号」からスタートしている。こちらにも注目したい。



追伸
読んだことのない方は、是非、手にしてほしい。リンク先の「フォーラム21」のサイトから申し込みできる。年間、送料、税込みで7000円といくらかだ。

また、「創価学会の染まる」は次回、もっと身近な視点で考えてみたい。
スポンサーサイト

ブログ紹介

ここ数日の、ある創価関連サイトでは、また、異変が起こっているようだ。皆様、ご存知だと思う。

とても、残念に思う。

そんな中、あるサイトで、その騒ぎに警鐘を鳴らしているサイトがある。チョンガー先生のサイトである。私も読んでみた。まだの人は是非読んでほしい。


http://www4.diary.ne.jp/user/485270

ギャップについて考える

この記事でのギャップとは、アンチ創価派と創価学会をしらない一般の人とのギャップのことです。

ここに来てくださる皆様は、創価学会問題を、比較的親しい人に話した時、相手はその話を理解してくれたでしょうか?受け入れてもらえず「まさか」「そこまでではないでしょう」などと疑われ、それ以上言うと、こちらの人格まで疑われたり、挙句には嫌悪感を持たれたりしたことはないでしょうか?私の経験では、そんな時はさっと話題を換え、それ以上突っ込まないようにした方がよいと思う。

私もかつては、親しくなった人に、話の流れに無理をして、創価学会について切り出したことがあります。しばらくは話を聞いてくれますが、あまり相手の知識を越えて話を続けると、「それ本当?」などと疑われるハメになったものです。それで人を換え、話をすると、「あの人は創価学会に対して恨みがある」などと、その内、うわさがたったりしたものです。確かに恨みがあるにしても、創価学会を知らない人たちには、その場合、恨んでいる人にこそ問題がある、などと思われてしまうのがオチです。こんなうわさを学会員にでも掴まれたら、それこそ餌食にされるでしょう。

私は家庭や職場で学会員と関わるものですが、ずい分と創価学会には苦しめられた経験をしています。ですが、リアルの世界では、今では創価学会について、自ら話すことはありません。偶然に創価学会に苦しむ人がいて、その人から切り出してくれば、相談に乗ろう、とは思っています。

まだまだ、創価学会を糾弾する声は、足らないのかもしれません。しかし、そうした非難の声は創価学会の外部にも内部にも溜まってきていると感じています。何かの拍子に、破裂するかも知れません。その時は、素知らぬふりのメジャーなマスコミも、手のひらを返したように、社会の味方として参加するのでしょうか。

カテゴリーを広げる創価学会

皆様、あけまして、おめでとうございます。

昨年はこの拙いブログにお越し頂き、ありがとうございました。
今年も、私なりにではありますが、努力を重ねて、皆様に関心を持っていただけるような記事を書くよう心がけていく所存です。宜しくお願い致します。

現在、日本の社会にある宗教団体には様々な団体があるが、その中でも一部のマイナーな団体を除いて、特異性を持っているのが創価学会と言えるのではないだろうか。何しろ政党まで持っているのだから、こんな団体は他にはない。

そんな特異性から、創価学会は宗教界の一つのカテゴリーと言えるのではないだろうか。その創価学会も日々、信者の拡大や、公明党へ投票するように依頼したり活動している。勿論、他の団体でも信者の拡大はしているのだが、他の団体の場合はその教義を広め、こころの安らぎを与えたり、先祖供養などが目的であって(そうでもない事例も多いが)、決して、特定の政党への選挙依頼などはない。

創価学会の特異性として挙げたいのは、学会員が教義云々そっちのけで、独自のコミュニティーと互助的な集団を形成していることである。

独自のコミュニティーとは、どんなものか?これはブロック単位での座談会などが代表で、一般の人には入り込めない領域と言っていいだろう。つまり彼らは一般人には知られないで、仲間内で相談できたり、作戦を練ったりできる。要は対等でない立場に立つことができるのだ。これに慣れれば、人を見下す人間になってしまうのだろう。だけれど、本当は自分が人間として、堕落していくだけなのだが。

互助的な集団とはどんなものか、互助という言葉は助け合いの精神のようで聞こえがいいので、この場合、適切ではないのだが。学会員の場合、物を買うにしても、例えばテレビなら学会員の電気店から、家の修理なら学会員の大工さんになどとなっているようだ。末端の学会員のこうした風景などほほえましい、などど思ってはいけない。なぜならこうした土台を背景に、地区の幹部や本部の学会員は、もっとおおきなスケールでこうした活動をしているのであり、それが社会問題とまでなっているのだから。

以前、「博士の独り言」で例の三色の看板をつけた店では物を買わないようにと、訴える記事があったけれど、事態はかなり深刻に、日本の社会に浸透しているのかもしれない。

創価学会の息のかかった企業というのがネット上に出ているけれども、そのにいる非学会員は辛い目にあうことになる。




sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。