スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くっさぁ~~!選挙対策の「原水爆禁止宣言」引用2

前回のつづきです

前回挙げたような理由から、唐突に発表された戸田の「原水爆禁止宣言」だけど、案の定、戸田はその後亡くなるまで、これといった平和活動はしていない。そんなごまかしをそばでみて、調子に乗った池田の発言が、前回赤字で示した部分です。

今回の参議院選後の「50周年」の宣伝でも、取り扱いは大々的に、でも中身は相変わらず抽象的で、なにがどう進展したのか、さっぱりわからない。お金を払って世界の識者と池田が話したからといっても、それがなんになったのかな?前回、少し書いたけれど、今回の「50周年」の宣伝は、2匹目のドジョウを狙ったサル芝居といえる。

本当に創価学会が平和主義なら、原水爆禁止の運動を学会員に呼びかけるでしょう。「F票はいいから、原水爆禁止の署名を集めましょうね」とか、核保有国に非難決議を送りつけるとか、核実験を強行した北朝鮮を非難することが本筋ではないでしょうか。もっとも、学会員が署名を集めても、誰もがいやがるだろうし、朝鮮民族を兄と思えという池田創価学会には、北朝鮮非難は無理なことだけれどもね。

さて、今後の国会では、例の特措法が大きな焦点となることはいうまでもありませんが、公明党の北側幹事長がこんな意味の発言をしている。「特措法が参議院で否決された場合、衆議院で再び採決するかは世論の動向を見なければならない」

これはなんなのでしょう??? 頭がおかしくなりそうだ。公明党ははじめに衆議院で賛成にまわり、その後参議院で否決されたら、再び戻った衆議院で否決することもあるのか?「いや、そこまでではなく、採決しないということです」と苦笑まじりにいうのかな?では棄権するということ?そうなったら自公連立はどうなるの?今までどおり民主党をボロクソ非難していればいいのにね。だいたいこれが政党の代表の見解だろうか?これはもう法案の賛否以前の問題でしょう。このような発言をしなければならない情況になったこと自体、公明党(=創価学会)が勢力拡大のみに突き進み、そのために利用できるものは平和でも何でも利用してきたそのツケが、今、重くのしかかっている、といえる。学会員や国民を欺くことができる範囲はますます小さくなるでしょう。

選挙で大敗し、「原水爆禁止宣言50周年」を盛んに宣伝した創価学会。特措法でどんな対応をみせるのか、今後の公明党(=創価学会)から目が離せませんね。
スポンサーサイト

くっさぁ~~!選挙対策の「原水爆禁止宣言」引用

先日、今、福田内閣の組閣が発表されました。「党4役」?リベラル?なんのこっちゃ。このブログは創価関連なのでこれ以上書かないけれどもね。しかし、麻生さんはかしこかったね。多くの国民を引きつけました。

 下野をして 明日につなぐ 麻生太郎   ・・・ お粗末すぎ!!

では、今日はこの文を読んでほしい。

「大東亜戦争の際、日蓮正宗を国家が弾圧し、創価学会を弾圧し、二度の原子爆弾を投下されております。1発は九州、1発は広島。日本の国が正法を誹謗した報いです。いままた日本の国が重大の岐路に立っている」『(池田)会長講演集 第三巻』(290~291P)
なんじゃこりゃ~・・・もう、みなさんもご存知の池田大作の参謀室長時代のことばです。

それじゃ~まるで、広島・長崎のもがき苦しんで死んでいった被爆者は、天罰を受けたから死んだのか!

まぁ~、創価学会に対して一々腹を立てるのも、もはや大人気ないのかもしれないけれど、いや、そんなことはない!これは行き過ぎだろう、いや それ以前,人間性の問題だろう。
こんな言葉を吐く人間の本性に想いをめぐらせるべきではないでしょうか?

元々、この文書は「週刊現代」が先の参議院選挙の投票日の2日前に取り上げたものだけど、その後の聖教新聞の「原水爆禁止宣言」の宣伝を受けて、それを話題にしている「フォーラム21」の記事を参考に、更に私が書いている。われながら図々しい。

さて、上の池田発言は、最近、聖教新聞などで宣伝されている、2代目会長の戸田城聖が行った「原水爆禁止宣言(昭和32年9月8日)」から、一年も経たないうちにされている。その間、戸田は死亡、その後わずか1ヶ月半での池田の発言がこれではね。今の創価学会の“平和キャンペーン”は取ってつけたイミーテーション、または、あわてて繕いをした厚化粧といたところでしょう。

いつまでも引っぱりつづけるこの“平和キャンペーン”、先の参議院選での惨敗、学会員を束ねる求心力の低下を考慮した、浅はかなごまかしであろう。

もともと、戸田の「原水爆禁止宣言」は青年部の体育大会で行われたもので、わざわざこの宣言のために行われたものでないこと。突然聞かされた青年部の人たちはさぞかし“キョトン”としただろう。目に浮かぶようだ。また「フォーラム21」によれば、当時のその背景として3つ挙げている。

一つは、昭和31年から32年にかけての参議院選および大阪参議院選補選において、池田参謀室長・小泉理事長を含む活動家たち48名が、公職選挙法違反で逮捕されたこと。この危機に池田・小泉を除く41名を、戸田の命令で除名していること。そのため起こった学会員内の動揺が大きく、創価学会本体に対する不信が充満されつつあったこと。(内部の不信は昔からあったのだ、今回の50周年の宣伝は、参議院選での歴史的大敗を払拭するため、或いは、過去に平和路線で建て直しを図った実績にあやかろうとするものといえる)

二つ目は、当時の核に対する危機感が、世界的規模での広がりをみせるなかで、国連での軍縮委員会がもの別れに終わったことによる失望感があった。(その不満を取り込もうとしたのだろう)

3つ目は、国会でも地方でも議員を抱えていた創価学会は、核に姿勢を明確にしなければならない必要性に迫られていた。

                               つづく

なぜ、創価学会がはびこると会社はダメになるのか?

前回の記事で、ある会社の末路を紹介しました。そのような事態にならなくても、学会員がある一定の割合で社員の総数を占めていると、それが原因で、一般の人とはうまくいってない会社は、実は結構あるのではないか?などと考えています。ネットで出逢った人の中にも、職場での学会員とはうまく仕事ができないとか、トラブルの声を聞きます。

そんな私もそうした中の一人ですが、なぜ、学会員がはびこると会社はダメになるかを、私なりに考えてみたいと思います。

その前に、社員の中で学会員が一定の割合を占めているということは、会社の承諾を得ていると考えられます。それが社長の意志なのか、不本意ながら社外のなんらかの圧力で認めざるえないのか、いずれにしても、認めたことは事実なので、会社としても、非学会員である社員から問題として持ち上げられることは、決していい顔をしません。私もこれで失敗しました。学会員である社員は、その意味で会社から保護を受けている可能性があります。ですから、仮にそうした事態に気付いたことになっても、すぐに誰かに話したりしないことです。まずは、様子を見ましょう。

では本題に・・・

私の会社の学会員を見ていると、非学会員とでは働く目的が違いなぁ~と感じています。
普通は与えられた仕事をこなして、その対価として給料を貰うのが当たり前ですよね。だから会社に忠実であろうとしますし、いい仕事をしようと思う。でも学会員である社員(面倒なので以下、創価社員とします)の意識は学会という組織があって、今はこの会社にいるという認識なのです。給料を貰う会社より、その会社に一つの勢力として保護してくれる学会に恩義があるわけです。ですから、創価社員の場合は、会社の仕事より学会活動が大事ということになる。“社長より池田大作”ということです。このことが根本的に違うので、いろいろなところにギャップが生まれます。

私のところで言うなら、例えば毎日の仕事の引き継ぎでも、創価社員へのそれと、そうでない者とでは内容が違っていたりします。また、創価社員の場合、身を置く組織が会社でなく、創価学会であるため、会社の情報が外部の学会員に漏れることがある。・・・というより漏らしている場合がある。こうなると会社組織として成り立っているとは言えない。

でも、会社は取り合わない、なんとなく“暗黙の了解”ということになる。こうなると、創価社員でないものは仕事のやる気もなくなる。会社全体の士気も下がるということになる。一方、創価社員は士気があがっても、それは学会活動であり、異例を除けば会社の業績には結びつかない。

ところで、運ちゃんさんの「想学サロン」で9月9日付けのエントリー「生命尊厳の叫びを永遠に」で「神奈川新聞」のことが書かれています。なんでも学会員が身銭を切って1部100円で購入し、友人にあげるのだそうです。運ちゃんさんも書かれていますが、双方のトップの交換条件ではないか?そのツケを一般の学会員が身銭をきるのか?なんともアホらしい話しです。でも、この意味では創価社員の士気が会社の業績に貢献しているのかな・・・これは異例ですね。いや、異例が多いのかな・・・

マスコミのことが出たのでもう一つ。この前、TBSの「ピンポン」に繰り上げ当選した松あきらが出ていました。自民も民主もそれなりに重要な人を出演させているのに、繰上げとはいえ、一度は落選した人物を出してくるとは。思ったとおり、ろくなコメントを残さなかった。これは公明党というより、それを了解したTBSは何を考えているか?マスコミとしての常識を疑ってしまいます。これではまるで、松あきらの学会員向けお披露目ではないか?と。そのTBS、今回は楽天の株の買い増しにも対抗策をとらないのだとか、楽天と創価学会の関係はわかりませんが、もはや末期ガンの症状かな?

ついでに、「フォーラム21」によれば、創価学会が提供するTBSのラジオ番組「あなたへ モーニングコール」の放送2000回に、創価学会に対して感謝状が送られたそうな。「マスコミと学会の持ちつ持たれつの関係が分かる」と結んでいます。 

ある創価崇拝企業の末路

前回の記事をアップした後、うとうとと昼寝をしてしまいました。起きて、テレビをつけてビックリ仰天! 安倍さん、辞めたんですね。今日のテレビでは、今後の国会は“角福戦争”(小沢VS福田)になると言ってました。早や~ 麻生さん がんばれ!

さて、今回の記事は、ネットサーフィン(死語中の死語)をしていて見つけた記事を引用しました。こんなひどい会社もあるんだね。ちょっと驚いてしまった。

 2007年8月23日(木)「しんぶん赤旗」より引用、日本共産党ホームページから
 
 「創価学会に入信しなければ昇給で差別」「サービス残業で聖教新聞をつかって『座談会』」。そんな経営をすすめた会社が、六月に不渡りを出し倒産しました。社員約四十人を何の前触れもなく解雇したこの会社は、現在、労働組合が求めている六月分の給与支払いなどを拒否し続けています。

問題の会社は「太洋開発」(東京都中央区、足立一英社長)。オフィスや店舗の内装工事、施工管理などを行っていました。
 突然解雇された元社員らは労働組合を結成。六月分の給与、不払い残業代などの支払いを求めています。
 ところがこれまで五回の団体交渉で、社長らは「支払う気はない」などと不誠実な態度を繰り返しています。それどころか倒産に至った主な原因に「社員の勤怠が悪く―ことごとく工期遅れとなり―資金繰りを悪化させた」などをあげ、社員に責任を転嫁しています。

同社は、社長をはじめ、幹部が社員に創価学会への入信や公明党の支持を押しつけています。
 元社員らは「幹部が信心するのは勝手だが、勤務時間内に社員に強要するのはおかしい」と怒っています。
 元社員らによると、毎朝行われる従業員の朝礼は、聖教新聞の読みあわせからはじまります。
 月に一回の割合で、全員参加による「座談会」が開かれます。社長の音頭で、その日社にいる人間は「全員集合」がかけられ、「人間主義」などのテーマで、議論させられるといいます。
 四月末には公明党の参院候補だった山口那津男議員(東京選挙区選出)が座談会に訪れ、支持を訴えたといいます。これらがすべて残業代が支払われない「サービス残業」だったと組合は訴えています。
 新入社員研修は四回。しかしそこで行われるのは技術や経理の研修などではありません。社長自らが聖教新聞の切り抜きなどをテキストに「人間主義経済革命五大要素」「妙法の山分け」などという世界観を中心に講義。「資本主義に変わる新しい秩序」のために、「公明党支持の組織の構築」「創価学会支援組織の構築」が必要などとしています。
 入社二年目の柴崎弘さん=仮名=はいいます。「社長は、学会への入会や公明党の支持をしない者は仲間ではないと、半ば強制的です。ふつうは断れません」
 四回の講習を終えると、幹部が聖教新聞の定期購読の申込用紙を出して購読をせまり、経理担当者が毎月集金するといいます。
特異な給与体系
 同社では創価学会に入るかどうかで昇給にも露骨な差別があるといいます。
 技術者で入社した豊田哲さん=仮名=は今年三月、社長と社長の長男の取締役がいる席によばれ、昇給について告げられました。
 同社の給与は、「妙法による山分け」と称する特異な算法で決まるシステムですが、それによると豊田さんの給与は約四十四万二千円となるはずでした。しかし、その席で社長は、表を指さしながらはっきりこういったといいます。
 「本来はその金額になるはずだが、ランクは上げられない。キミは学会に入らないし、聖教新聞も購読しないからだ」
 そして示された金額は、約九万円も低い約三十五万八千円でした。
 豊田さんは憤ります。
 「私は学会に入らず差別されましたが、一方で入信して給料が上がった人もいます。思想・信条の自由を踏みにじって労働者を差別し、あげくには倒産で給料不払いなんて許せません」
 
 * 私の会社もここまではいかないが、創価企業の末路はこんなもんかな?

裏切り者は側近から

今回の記事は前回からの続きです。

4代以降の会長の存在を否定させ、池田大作氏のみを礼賛させる今の学会の意向は益々強くなっているようです。なかでも、5代会長秋谷氏に対する風当たりは相当なものがありましたね。会議中に大勢の前で池田大作氏に罵倒されたり、まるで家畜以下といった扱いです。

そんな中、今回の聖教新聞という非学会員も目にする機関紙で、秋谷氏を後輩である原田会長以下幹部連中が非難したことについては、なにか組織的な思惑がありそうですね。

そういえば聖教新聞で餌食になる人は、かつては、池田氏の側近だった大幹部が多いのに気付くのは私だけではないはずです。山崎正友元創価学会顧問弁護士、竹入義勝元公明党委員長など、かつては池田大作氏を支えた人たちばかり、こうなると、四面座談会で餌食とする人物は元身内ともいうべき人物でなければならないのか?普通は身内の恥は、どんな組織でも隠したがるはず、なのにどうして・・・

裏切りというのは、どんな組織でもトップが絶対的なものなら、それに近いものの裏切りほど衝撃は大きいでしょう、そのトップのカリスマに心酔する者なら、その怒りも大きく、
トップを守ろう、トップの指示に忠実であろうとするでしょう。聖教新聞の罵倒座談会は正にその効果を当て込んだ行為といえるのでは。一旦それで効果を上げると、ずっとそれに頼ってしまう。しかし、いつまでも同じ人物批判では学会員も飽きてしまう、定期的に新しい生け贄がほしい。そう、罵倒座談会の対象者は意図的に作られたものだといえるでしょう。

その意味では、特に竹入氏の場合は正に作られた生け贄といえそうだ。そもそも、90年代に書かれた竹入氏の回顧録や、20年も前の横領が最近発覚したとして、それを民事訴訟したこと自体不自然なことだし、また、訴訟に踏み切った時の学会事情は、大分の乱や元秘書の矢倉さんと元サザンの大森さん夫婦の覚せい剤と大麻所持で逮捕されたという、内部で動揺が起こっていた時だった。学会の汚点の“照れ隠し”ではないかといわれても仕方がない情況でした。

話が秋谷氏に戻るけれど、今、池田大作にとって、最も罵倒座談会の餌食としたいのは5代会長の秋谷氏ではないでしょうか。現場の最高責任者として、今でも影響力をのこす秋谷さんは、博正氏に世襲させたい池田大作にとって、もっとも邪魔な人間であるといえるでしょう。そして、内部を引き締め、池田大作の絶対的存在としての意識を、各学会員に再び高揚させるには、秋谷氏は最適といえそうですね。

しかし、そんな秋谷氏、じっと耐えているようだ。秋谷氏を応援する気は全くないけれど、うまいやり方だと思う。なぜなら、そうした煩悩の極まりといえる秋谷下ろしに、反応しないことは、それをしようとした者に必ず、行き詰まりとなって重い空気と共に返るからです。秋谷氏はその効果を知っているような気がします。このことは、私のような職場で学会員と接している者にとっても、役に立つことはないでしょうか?


追伸
秋の臨時国会も始まりましたね。民主と自民の対立は益々激しくなりそうです。安倍総理は自衛隊の給油活動の継続に、「政治生命を賭す」と啖呵きりました。衆議院解散も近い将来ありそうですね。学会員もまた選挙に奔走するのでしょう。ご苦労様です。ひょっとすると選挙後に公明党(=創価学会)のウルトラCの連立工作があるかもしれませんね。

なにが「新時代を勝ちまくれ」だ!

9月3日放送のTVタックルを見ました。池田大作の証人喚問が話題となって出てましたね。もう、他の方のブログでも話題となっているようです。思えばはじめに証人喚問のカードをちらつかせたのは自民党でした。その自民党もいまでは学会票なしでは選挙もできないほど篭絡されてしまいましたね。民主党が本気ならそのカードを駆け引きの道具としないで、堂々と切ってほしいものです。その方が国民の信頼を得られることでしょう。

一方、公明党と一緒になって自民党が証人喚問を阻止すれば、これはもう安倍政権どころか自民党自体の崩壊を招くのではないでしょうか。国民は完全に三下り半を突きつけるでしょう。二大政党として、競って国民の為の政治をしてほしいと望む者にとっては、自民党にもしっかりしてほしいものです。

さて、7月31日付の聖教新聞掲載の「青年部座談会 新時代を勝ちまくれ」などと、相変わらず品のない記事が載っております。前日の選挙での大敗にして、「勝ちまくれ」はないだろう、という想いですが、これも創価学会が今までのがむしゃらな路線を継続・強化すると言う現われであることは、創価学会に疑問を持つ人であれば誰しも思うことでしょう。

では、その内容はというと、私は聖教新聞をとってないので、「フォーラム21」9月1日号の記事を読んでの紹介となります。

その座談会の出席者は原田会長以下幹部5名によるもので、一言でいえば、池田大作を礼賛し、4代・5代・そして現会長の原田氏までが自らを辱め、歴代の会長を非難していることです。この前まで会長だった秋谷さんまで、その部下だったものがボロクソ非難すること自体に「フォーラム21」側も驚きを隠せないようです。その一文を示すと・・・

原田「4代も、5代も、6代も、全く難がない。何一つ批判されたことがない。もう一歩深く、師匠をお守りする責務を果たす戦いをすべきだった!本当に申し訳ない」

ここで、「もう一歩深く」と言うことば、そんなに忠誠を誓うのなら10歩でも100歩でも踏み出せばいいだろうに、なんで一歩なのか・・・要は日頃無理をしている学会員の皆さまにもう一歩のガンバリをといいたいのだろう、法難を受けてでもね。

こんな座談会記事に対して、「フォーラム21」の乙骨氏は次のように語っている。

「反省なき池田さんは、(選挙の)惨敗の責任を取ろうともしない。責任を取るどころか4代・5代・6代の会長の権威を否定させる一方で、自らを礼賛させ、忠誠まで誓わせている」

本当にその通り!座談会記事の内容は、池田大作が言いたいことを代弁しているに過ぎないのだろう。そう考えると、今までの座談会記事が池田の人物像と一致するではないか。今回の座談会記事は池田大作が「もっとオレに忠誠を誓い、もっと選挙でがんばれと」と言いたいのだ。
                             
つづく
sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。