スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くだらない公明党のニュースをザァーッとね 7

皆さま、こんにちは。
今日も「くだらない公明党のニュース」です。お付き合いくださいね。

<公明党>政調会長に山口那津男政調会長代理
8月1日18時49分配信 毎日新聞
公明党は1日、斉藤鉄夫政調会長が環境相に就任したのに伴い、山口那津男政調会長代理を政調会長に充てる人事を決めた。
 ◇公明党政調会長 山口那津男氏(やまぐち・なつお)党政調会長代理。弁護士。東大法。参院東京。衆院当選2回、参院当選2回。56歳。


山口那津男氏は相当な池田氏のお気に入りらしい、と、なにかで読んだ記憶があります。昨年10月の国会での、民主党石井一氏の「P献金」などに関する追究で、その直後、内閣法制局長に、創価学会の政治活動は、憲法20条違反ではないという、政府見解を述べさせている。創価学会活動家や幹部たちには、その時の毅然とした態度は、なんとも頼もしく思えたのではないでしょうか。

そんな山口氏が政調会長になった。すでに公明党(=創価学会)の対外交渉役として出てきています。そういえば浜四津氏と共に、5月、福田総理にクラスター爆弾の廃絶の陳情に行ったのも山口氏でした。要はそうした“イイカッコシー”になれるレールに乗った人物ということですね。

太田代表は上機嫌で「グー!」公明の「乱」は小休止
8月2日22時53分配信 産経新聞
首相、福田康夫にとって初の内閣改造・党役員人事が一段落した1日夜、自民党幹事長に返り咲いた麻生太郎と公明党幹事長の北側一雄はさっそく都内のホテルで酒を酌み交わした。2人は同時期に政調会長を務めた縁もあり親交が深い。北側は前任の伊吹文明とソリが合わなかっただけに店を出るなり「いや~、自公で話ができるっていうのは本当にいいね!」と満面の笑みを浮かべた。 公明党代表の太田昭宏も1日昼、麻生の幹事長受諾を聞き、仏頂面を一変させた。衆院廊下の赤絨毯(じゆうたん)で記者にブリーフィング(状況説明)を求められると、お笑いタレント、エド・はるみのまねをして両手の親指を突き出し、「ブリーフィング! グー! グー! グー!」と巨体をうねらせ、2回転した。

太田氏のものまねは、想像しただけでも吐き気がしそうです。あのだみ声で「グー!グー!」ですか?余程うれしかったのでしょうね。しかし、なんで麻生さんが幹事長になってうれしいのでしょうか?麻生さんは公明党(=創価学会)が望むように、早期に衆議院を解散することを約束したのでしょうかね?

元々、安倍さんが総理になるときに、福田さんを応援していたのは創価学会でした。いろいろと配慮してくれた福田さんは、もはや、粗大ゴミ???

「秋以降は常在戦場」=太田公明代表
(2008/08/05-16:50)時事ドットコム
 公明党の太田昭宏代表は5日午後の記者会見で、自民党の古賀誠選対委員長が衆院解散は来年9月の任期満了近くにすべきだとの認識を示したことについて、「秋以降は常在戦場で戦うんだということで、わたしは一貫して、いつ何時選挙があってもという態勢で進みたい」と述べ、次期臨時国会中も含め、早期解散を視野に選挙準備を急ぐ考えを強調した。

<冬柴氏>首相にエール 「圧力派」北側氏と好対照
8月22日20時47分配信 毎日新聞
公明党の北側一雄幹事長が「ポスト福田」を狙う自民党の麻生太郎幹事長と蜜月関係を深める一方、前幹事長の冬柴鉄三前国土交通相は福田康夫首相を支える立場を殊更にアピールし、好対照な言動が目立っている。
 「自公関係は決してぎくしゃくしていない」。20日夜、首相公邸で福田康夫首相が前閣僚と食事した時の冬柴氏のあいさつが、そう受けとめられた。
 冬柴氏は首相に「私はずっと自民党と一緒にやってきた。閣外に去ったが、外から福田政権を支えたい」とヨイショ。首相周辺を「涙が出るほどうれしかった」と感激させた。


福田さん、早くやめたらいいでしょう。こればかりは公明党(=創価学会)と意見が一致するコオロギ丸でした。それにしても創価学会の二枚舌はいつもながらお見事ですね。

<言論妨害問題>創価学会幹部提訴で矢野氏の招致も…菅氏
8月24日23時9分配信 毎日新聞
 民主党の菅直人代表代行は24日、山口県宇部市での記者会見で、元公明党委員長の矢野絢也氏が言論活動を妨害されたとして創価学会幹部を提訴している問題について、「事実とすれば大変由々しきことだ。しっかりと話を聞き、場合によっては関連する人からも話を聞くことが必要だ」と述べた。

【民主党を問う】「民主は230議席はいく」赤松広隆民主党選挙対策委員長 
8月25日21時30分配信 産経新聞
次の総選挙で、民主党は単独では過半数(241議席)は取れないと思いますが、230議席ぐらいはいくんじゃないか。自民党は200議席。残りの政党で合わせて50議席。そんな構造になると思いますよ。
 私は最近、公明党の人たちに「第2党になる自民党に首班を委ねるんですか。憲政の常道としては第1党(となる民主党)が首班を担うべきだ」と話しています。公明党の人たちも「第2党になった自民党とくっつくのか、これは悩ましい」と言ってます。
 でも、選挙前に(公明党と)協議することは表向きはないね。選挙後ただちに連立に加わることもないでしょう。僕らも声をかけないと思うし。しかし、ある時期に、もっと安定した内閣を作った方がいいというときには、誘うかもしれない。その時の政治情勢次第で分からないですよ。


このニュースの赤松氏の見解は、上の菅氏の発言は表裏一体とみていいでしょう。どうして赤松氏の発言に対して、民主党内で波紋が起こらないのか?などと疑問に思う必要はないのです。民主党にすれば、自民と手を切り民主党に協力してくれれば、すべてOKなのです。
創価学会に被害を受けている人、或いは内部において苦しんでいる人のことなど、はじめから眼中にないのです。民主党がその気になれば、福本元参議院議員の国会招致などいくらでもできたはずです。次の国会でも矢野絢也氏が招致されることはないでしょう。国民の関心を集めながら、政策の具にしかしない民主党には、何も期待できないでしょう。

経済対策に厳しい海外勢、株高はNY高・生産が材料
8月29日17時5分配信 ロイター
政府・与党が策定する総合経済対策では補正予算規模が1.8兆円に拡大、公明党が主張する定額減税も盛り込まれたが、海外投資家は冷めた見方をしている、との受け止め方が多い。
冷ややかな海外投資家の目。それゆえ本質を見抜いている、といえる。

総合経済対策 「ばらまき」懸念残す 定額減税の効果不透明
8月30日8時26分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
 政府が29日発表した総合経済対策は、公共事業を積み増す形でとりまとめた従来の経済対策とは一線を画したが、公明党の主張で定額減税の実施を盛り込み、強い「ばらまき」懸念を残す結果となった。

公明党(=創価学会)がそこまでいうのなら、ガソリン税や後期高齢者医療制度、そして、不手際続きの年金問題でやるべきことがあっただろう。それはすべて自民党のせいなのか。それとも今回の定額減税でチャラにしてくれ、とでも言いたいのでしょうか。

<古賀自民選対委員長>次期衆院選で「自民党らしさ」を強調
8月30日18時17分配信 毎日新聞
自民党の古賀誠選対委員長は30日、福岡市で開かれた党福岡県連大会であいさつし「連立を組む公明党との信義を大切にすることはもちろんだが、自民党らしさを出すことが次期衆院選で勝利するために大切だ」と強調した。年末年始の衆院解散を狙い、臨時国会の会期幅や経済対策で独自の主張を強める公明党の動きをけん制したとみられる。

既に、公明党(=創価学会)とのラインは麻生氏に移っているようですね。負け犬の遠吠え???

衆院「1月解散」説が強まる、定額減税法案後に
8月30日3時3分配信 読売新聞 
政局の焦点である衆院解散・総選挙の時期は、年明け以降の可能性が強まってきた。
 公明党が選挙向けに効果があると位置づける所得税・住民税の一定額を減税する定額減税が、29日の総合経済対策に盛り込まれたためだ。与党内では、減税法案を1月召集の通常国会冒頭に提出し、その後に衆院解散する「1月解散」との見方が広がっている。
 福田首相と公明党の太田代表は29日午後、首相官邸で約50分間、会談した。会談後、首相は「(臨時国会に向けて)しっかりやっていこうと話した」と述べた。太田代表は「(生活の現場は)かなり深刻で、首相に認識を深めてほしいと話した」と述べた。
 公明党有力幹部は同日、「年末の税制改革論議で減税の規模や方法を決め、通常国会の冒頭に減税法案を提出することになる」と述べた。減税法案の成立直後、もしくは、野党が審議引き延ばしに出た場合は、その対応を攻撃材料にして減税法案の成立を待たずに解散・総選挙に踏み切ることが念頭にあるとみられる。
 同党は、来年夏の東京都議選に関連し、「衆院選は都議選よりできるだけ前が望ましい」として、年末年始までの解散を主張している。これに関連し、自民党幹部は29日、「公明党との選挙協力を維持することが最優先だ」と述べ、公明党の求める「1月解散」を容認する考えを示した。


本当に公明党(=創価学会)の好き勝手は度を越えている。自分たちの都議選の都合で、国政の選挙時期が決められていい訳がない。しかも場合によっては、減税法案が通らないことを野党のせいにして、選挙を行うのだという。通らない方が財源が助かるとする、自民党の思惑ともピッタリだ。

スポンサーサイト

くだらない公明党のニュースをザァーッとね 6

皆さま、こんにちは。
このシリーズもずいぶん間があきました。なので、それこそザァーッと、行きたいと思います。

政務調査費の返還14倍、過去最高に 兵庫県会07年度
2008年6月30日(月)16:01 神戸新聞
 
兵庫県会の二〇〇七年度の政務調査費(政調費)で、前年度の十四倍の五千二百二十七万八千四百八十五円が返還されたことが、三十日に公開された収支報告書で分かった。返還額は過去最高。一部の領収書の公開が決まった上、政調費の不適切な支出があるとして一昨年、複数の県議が書類送検されるなど、批判が高まったことなどが返還額の急増につながったとみられる。
 〇七年度の政調費は、会派分二億一千九百八十八万円と議員分三億二千九百十万円の計五億四千八百九十八万円が交付された。このうち四億九千六百七十万千五百十五円が使われ、残りが返還された。返還率は9・5%だった。
 過去五年の返還額は、〇三年度=約百七十二万円▽〇四年度=約二百三十三万円▽〇五年度=約三百六十八万円▽〇六年度=約三百六十九万円。〇七年度の急増ぶりが際立っている。
 会派分の返還は約三千百三万円で、返還率は14・1%。最高額は公明党・県民会議の約千五百十六万円で、交付額の半分を返還した。無所属議員の一人会派を除けば、民主党・県民連合の約十六万円(返還率0・3%)が最少と、会派によって差が出た。


なになに、公明党(=創価学会)が約千五百十六万円で、交付額の半分を返還しただと!!
この数値はどう評価されるのだろう?「私たち公明党(=創価学会)議員は、どの党よりも政務調査費を無駄にしません」とでも言いたいのだろうか、それとも、用意しておいた領収証から“世間に通用する”ものをだけを選び、その残りがこの約千五百十六万円という金額になったのだろうか?前者とすれば、いつものその場限りのパフォーマンスと思えるし、後者とすれば、残り惜しいように領収書を眺めながら、渋々返還に応じる議員たちの顔が浮かぶようである。いずれにしても、こうした政務調査費に対する世間の風当たりが強くなったからといって、殊更大きく反応してしまうところに、公明党(=創価学会)の今までの、そしてこれからの“うそ”が見え隠れしているように思えてならない。

そういえば公明党の神戸市議会議員であった上脇義生は、風俗店を営む友人の脱税を指南して逮捕されたが、あれからどうなったのだろう。きれいごとを並べてあった彼のHPも閉鎖されたままなのですが・・・

公明党も「無駄ゼロ」案 総額1兆円規模、3日正式決定
2008年7月2日(水)18:17  asahi.com

公明党の「税金のムダ遣い対策検討プロジェクトチーム」(PT)は2日、特別会計や委託費の見直しなどを柱とする提言の骨子案をまとめた。総額1兆円以上の削減を見込んでいる。3日のPTで正式決定し、近く太田代表が福田首相に申し入れる。
 骨子案では、会計検査院の機能強化のほか、税金の支出を監視し、削減策を立案するための第三者機関も設ける。特会改革は労働保険、エネルギー対策、年金の各特会が対象。とくに労働保険特会については、独立行政法人の職員の福利厚生に支出される保険料の内部留保の国庫返納を求める。おもに独立行政法人や公益法人に支出している委託費については、法律で規制することで無駄を抑制する。


公明党(=創価学会)の独自の政策といえば1999年にあった“地域振興券”に代表されるように、財源など無視したその場限りのバラ捲きか、この記事のような場当たり的で世論に迎合した政策を挙げることでしかありません。勿論、実現などさせるつもりはないでしょう。自分の首を絞めることになるのですから。

アフガン自衛隊派遣「極めて慎重」 公明代表
2008年7月12日(土)17:18  asahi.com

公明党の太田代表は12日、政府が検討しているアフガニスタンへの自衛隊派遣について「現時点で私は極めて慎重だ」と述べ、否定的な考えを示した。訪問先の宮城県塩釜市で記者団に語った。
 太田氏は、テロ対策特措法に盛られていた捜索救助、被災民救援を削除し、活動をインド洋での給油・給水に限った補給支援特措法を1月に成立させた経緯に触れて「陸上にもある程度できる法律を、わざわざインド洋の給油に変えたことは半年前の話だ」と強調した。


新テロ特措法改正 「民主とよく協議を」 公明・太田代表
2008年7月23日(水)08:15 産経新聞

公明党の太田昭宏代表は22日の会見で、インド洋での海上自衛隊の補給活動を来年1月以降も継続するための新テロ対策特別措置法改正について「臨時国会では継続如何が論点になるが、民主党とよく話し合った方がいい」と述べ、与野党がよく協議すべきだとの考えを示した。また、アフガニスタンへの陸上自衛隊派遣については「私は極めて慎重だ」として反対の意向を示した。

「改造で支持率上がる保証ない」 公明・北側氏
7月24日20時13分配信 産経新聞
 
公明党の北側一雄幹事長は24日、国会内で記者会見し、7月末に予定される内閣改造について「内閣改造をしたからといって支持率が高くなる保証はない。これは極めて高度な政治判断であり、福田康夫首相がどう判断されるかだ」と述べた。公明党内では性急な内閣改造に難色を示す声が相次いでおり、これを反映した発言とみられる。
 その上で、改造前に行われる首相と公明党の太田昭宏代表の党首会談について「予定はまったくない。太田氏からも聞いていない」と述べ、週内の会談実施に否定的な見解を示した。
 一方、北側氏は次期衆院選について「9月で前回衆院選から丸3年となり、有る意味でいつ解散があってもおかしくない。ましてこのような政治状況なので、私は党内に『9月以降はしっかり準備態勢を取れ。この夏が勝負だ』と言っている」と述べ、年内解散への期待感を表明。新テロ対策特措法の延長には「延長するには国民の理解が得られるように与野党でしっかり協議することが先決だ」と述べ、衆院再議決に慎重な考えを示した。

 一方、公明党の木庭健太郎参院幹事長は24日のBS番組収録で、臨時国会の争点を「消費者庁創設と景気対策だ。その2つで勝負をかけるのに長い期間がいるのか」と述べ、召集の先送りを主張した。

 また、木庭氏は次期衆院選について「臨時国会の一番おしまいという選択肢はゼロではない。こちらから仕掛けて攻めの選挙をやることを与党は考えるべきだ」と強調。その上で「まさに政権をかけた選挙であり、ギリギリの危機意識が必要だ。自民党にはもう少し緊張してもらいたい」と不満を漏らした。


新テロ特措法、期限切れほぼ確実 公明再議決に応じない方針
7月30日8時1分配信 産経新聞

■国際貢献暗雲
 インド洋で海上自衛隊が補給活動するための新テロ対策特別措置法が来年1月に期限切れとなることがほぼ確実となった。年内解散に向け、臨時国会の9月下旬召集を求める公明党が新テロ特措法延長の衆院再議決に応じない方針を固め、自民党も参院執行部などが同調し始めたためだ。政府はイラクで活動中の航空自衛隊を年内に撤収する方針を固めており、日米同盟関係の悪化は避けられない見通し。海自の撤退は8カ国の海上阻止活動(OEF-MIO)の枠組みへの影響も大きく、国際社会の非難を浴びそうだ。(加納宏幸)


最後の記事まで来てしまいました。皆さまは週刊新潮の7月24日号を読まれましたか?そこには【ついに「自民党」は創価学会「池田大作」に切り捨てられた!】と題された記事が載っています。それによると、7月初めの神崎前公明党代表や遠山公明党参議院議員の反福田、反自民と思えるような発言に対して・・・

「公明党の議員は、政局に関するような重大な話を、絶対に個人の意思ですることはありません。背後には信濃町(創価学会本部)ひいては池田大作名誉会長の意向があると見て間違いない。つまり、公明党をコントロールする創価学会・池田氏が、彼らの口を使ってアドバルーンを揚げたということ。福田内閣の支持率が低いから、じゃあ民公でいくよと」(ジャーナリスト山田直樹氏)

つまりは、池田大作から、公明党に「自民に対して口火を切れ」と号令出たということどろう。その後は、ニュースに流れるとおり、国会の開催時期などをめぐって、公明党(=創価学会)は自民党に対して言いたい放題だ。選挙では創価学会員頼みの福田自民党、その議員たちははずかしいとは思わないのだろうか。

「政治と宗教を考える」シンポジウム

皆さま、こんにちは。

さて、前回紹介した【「政治と宗教を考える」シンポジウム】も無事に開催されました。その時の動画がブログ【せと弘幸「日本よ何処へ」】で紹介されています。

嫌創価派はもちろん、創価学会に対して少しでも疑問がある、いわゆる内部アンチの方まで是非みてください。

ノーカット版映像「朝木明代さん殺害の全容」13年前の真実の叫びが今、甦る!

動き出すか!?朝木東村山市議怪死事件

このブログでも取り上げてきた「朝木東村山市議怪死事件」について、ネット上で話題となっているようです。

ことの発端は、ブログせと弘幸「日本よ何処へ」の せと弘幸氏(維新政党・新風副代表)らが、先月下旬に八王子市において行われた、街頭演説ですが、その一部をめぐって、注目を集めているようです。

そのことについて せと氏はブログで連載されているわけですが、記事の内容もさることながら、なにはともあれ、動画をみてほしい。

せと弘幸氏 朝木明代元市議 不審死事件を訴える
せと氏によれば現職の警察官から告白を受け、犯人は3名で、特定されているという。とても興味深いが、真相が明らかにされるには、まだまだ時間がかかりそうですね。

桜井誠氏 朝木明代元市議 不審死事件を訴える
「出て来い創価学会員」と一喝する桜井誠氏、とてもスカッとします。

そんな注目を集める せと弘幸氏がシンポジウムを開催する。そこには亡くなられた朝木明代氏の盟友である矢野穂積氏と長女の朝木直子氏(二人とも東村山市議会議員)が参加されるようだ。せと氏とは相容れないように思える二人だが、こうした事実のみを解明する取り組みに思想の違いは関係ないだろう。近くの方は参加されてはどうでしょうか。

☆お知らせ
「政治と宗教を考える」シンポジウムの開催
日時:8月24日(日曜日)午後1時半
会場:文京区民センター 2A会議室
都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅 徒歩1分
東京メトロ丸の内線 後楽園駅 徒歩3分
JR水道橋駅 徒歩7分
入場料:千円
主催 せと弘幸blog「日本よ何処へ」 
共催 『主権回復を目指す会』『在日特権を許さない市民の会』
せと弘幸編】朝木明代元市議・不審死事件を訴える!



追記
よくネット上で、「創価学会は再生できるだろうか?」といった議論がなされていますよね。でも、考えてみてほしいのは、創価学会が今まで行ってきた悪事が、どれだけものかということです。世間の明るみに出た悪事はもちろん、家庭を壊し、友人を無くさせ、精神病になるほど人を追い詰め、多額の財務をさせる。創価学会の総資産は10兆円という。

あり得ないことですが、仮に創価学会がその非をすべて認めたとしても、いままで被害を被った人は誰が救済してくれるのでしょうか。創価学会の社会に残した害悪は、とても取り返しのできないものといえます。「それでも創価学会のすべてが悪いわけではない」という人がいるとすれば、それは「詐欺商法のすべてが悪いわけではない」と言っているのと同じではないでしょうか。

ある男の退職

皆さま、こんにちは。長い間、お休みをいただきました。その間も、多くの方がこのブログを訪れてくださりました。ありがとうございます。感謝。このブログの夏休みも終わり、再開いたします。以前と変わらぬご支援、ご鞭撻をくださりますようよろしくお願い致します。尚、コメント、トラックバックとも、現在承認制となっております。ご了承ください。

さて、今回の記事は、私の会社で起こったある話からです。
タイトルにもあるようにある男が退職したのですが、その経緯がむごいというか、何というか、何はともあれ皆さまにも知っていただきたく、怒りを抑えながら書いています。

話はざっとこんな感じです。

ある男、仮にAさん(非学会員)と男がいました。まじめで実直な性格のAさんは、誰からも好かれる団塊世代の方です。そんなAさんの奥さんが、末期がんになってしまった。Aさんは当然、看病などに明け暮れることになる。仕事も休まざる得ず、会社や職場の同僚に頭を下げ、勤務時間を減らしてもらい、なんとか忙しい日々を凌いでいました。

性格の良さと、そんな愛妻家としてのAさんの姿を見て、職場の誰も不平を言わず、彼の仕事をカバーしていた。ところがある日、新人研修が職場の日程表に載っていた。上司(学会員)によれば、Aさんの穴埋めをする補完要員(以下Bと呼ぶ)とのことだったが、私にはすぐにうそだとわかった。このBという男は学会員で、以前この会社に勤めていたが、同僚とトラブルになり、会社を突然辞めてしまった経緯がある。同僚や会社の都合も考えずに。そんな会社に後ろ足で砂をかけるような男を、会社としてまた採用するのだという。常識では考えられないことがこの会社ではまかり通る。それもこれも職場の学会員たちが“上から下から”長年に渡って働きかけてきたおかげなのだが、学会員だから“なんでもあり”となると、職場の規律などあったものではない。

それからしばらくしてAさんの奥さんは亡くなられました。今まで、勤務を減らして(休んでいたわけでない)働いていたAさんは、完全復帰したく会社に申し入れたが、私の予想通りクビになってしまった。どこまでも人の良いAさん、今まで迷惑をかけたのだからと、自己都合という形での退職にしたのだという。

私が残念でならないなのは、Aさんが私の忠告に耳を貸してくれないことだった。私が創価の“そ”の字でも言うものなら、両手で耳をふさぐような人だった。Aさんが好むのはプロ野球と日本人大リーガーの話題ばかりで、後はまじめが一番とばかりに、こうした世間の汚い話には一切耳を傾けないで黙々と働く人だった。

しかし今回は、そんなAさんの“よい性格”が仇となってしまった。カルト教団には人情も義理も通用しない。間近で身を持って体感することができた。学会員にすれば本当はAさんではなく、私を辞めさせたかったはずだ。しかし、今回都合によりAさんにおはちが回ってしまった。気の毒でならない。

それにしてもひどいのは創価学会員である。Aさんを「カバーするよ」と安心させておきながら、チャンスとばかりに、人の不幸に付け込んで、学会仲間を復帰させるために行動を起こす。ある女性学会員はAさんの奥さんが亡くなられたときに、Aさんの目の前でボロボロと涙をこぼして見せた。その彼女こそが中心人物のひとりであった。

今後、創価学会員に絡んで、何らかのトラブルとなったときは、“我関せず”といった態度では通用しないのではないだろうか。すべてはケースバイケースなので一概にはいえないが、すくなくとも“情”や“常識”が通用するようなことはなさそうだ。
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。