スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢野絢也氏、逆転勝訴!

皆さま、こんにちは。

そんで、皆さまはこのニュースをご存知でしたか?

公明党元国会議員が逆転敗訴 週刊現代の記事巡り「真実性ある」
3月27日23時30分配信 産経新聞

「週刊現代」の記事で名誉を傷付けられたとして、公明党の元国会議員3人が発行元の講談社と矢野絢也元同党委員長に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、東京高裁であった。南敏文裁判長は「記事には真実性がある」と指摘、被告側に660万円の賠償と謝罪広告の掲載を命じた1審東京地裁判決を破棄した。一方、矢野氏が原告に求めていた賠償請求を認容、原告3人に300万円の支払いを命じた。

 問題となったのは、平成17年7~8月に掲載された記事。元国会議員3人が、矢野氏の自宅から、同党や創価学会の情報が記された手帳を無理矢理持ち去ったと報じた。1審は「記事に真実性はない」として、名誉棄損を認めていた。

 南裁判長は、元国会議員が再三に渡り矢野氏の自宅を訪れ手帳の提出を求めたことを、「記事で『手帳強奪』としたことは、多少大げさだが、無理に持ち去ったことには真実性がある」と指摘。元国会議員の行為が矢野氏に対するプライバシー侵害にあたるとした。


この裁判は昨年、矢野氏が昨年5月に、創価学会と幹部7人を相手取り、慰謝料など5500万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしたものに先行して、学会側を原告として行われていた裁判です。

ちょうど、先月、2月28日に発売された矢野氏の「黒い手帳」が功を奏したのでしょうか?

この本を読んで想うのは、嫌創価派の私としては、訴訟を起こしながら、学会に対して相変わらずの歯切れの悪いスタンスと、矢野氏が現役時代に加担した数々の工作について、ほとんど書かれていないことです。

ですが、この手帳の引渡しのやり取りが克明に記されていること。矢野氏の委員長時代の回顧録などから、創価学会にとっての公明党の位置づけなどが分かる秀作となっています。

先ずは矢野先生おめでとうございます。




スポンサーサイト

ブログの紹介

皆さま、こんにちは。

記事の更新は休ませていただいてますが、ブログの紹介だけさせてください。


ブログ「渡る世間は学会人ばかり」がNEWバージョンとして再開されたようです。

さっそく、リンクさせていただきました。

しかし、コロンさん、センスがいいですね。^^


アドレスは↓↓↓

「渡る世間は学会人ばかり」★NEW★

くだらない公明党のニュースをザァーッとね 17

皆さま、こんにちは。

今日は、また、公明党のくだらないニュースです。是非、お付き合いください。

区議特権!?全額公費で人間ドック 東京・荒川
2月20日8時1分配信 産経新聞
荒川区の来年度の議会関係予算案に、議員の人間ドック費用を全額補助する案件が盛りこまれていることが19日、分かった。議員の人間ドック受診費用の全額補助は23区では例がなく、全国的にも珍しい。これまで行っていた健康診断では「不十分」として導入するもので、金額も40万円から250万円に一気にアップ。議員の一部は「不況の中、行き過ぎた議員特権」と反発している。

 荒川区議会(32人)はこれまで、1年に1回、区が契約した医療機関で議員の健康診断を実施しており、議会費から1人当たり約2万円が支出されていた。

 昨年10月の定例会で公明党の戸田光昭議員が「議員の健康診断を充実させるべきだ」と健康診断からより精密な人間ドックへの切り替えを要求。議会事務局長と議長が検討を重ね、受け入れを決めた。13日の会派幹事長会で来年度の議会関係予算に32人分約250万円の費用を計上したことを報告した際、特に異論もなかったという。委員会審議を経て3月17日に議決されれば、実施される。

 事務局は「議員の先生方は休みもなく夜遅くまで活動をしており、広範で重い職責を果たしている。これを維持するためには健康チェックが必要」と説明。昨年7月、現職区議が病死したことも挙げ、「因果関係は分からないが、これまでの健康診断では不十分だった」と主張する。派遣切りなど不況の影響が深刻化するなかでの異例の“厚遇”だが、「経済情勢は考慮していない」(事務局)という。

 23区でほかに大田区が区議の人間ドックに補助金を出しているが、1回当たり3万7000円で、荒川区が突出している。

 小坂英二議員(尚志会)は「議員よりも先に区民への補助を考えるべきだ。不況で多くの区民が苦しんでいるときに、お手盛りで予算をつける感覚は議会の信頼を損ねる。実施されても拒否する」と批判する。瀧口学議員(民主党・市民の会)も「全額負担というのは行き過ぎではないか」と疑問を呈した。

 これに対し、賛成派の鳥飼秀夫議員(自民)は「荒川区は55~65歳の中高年の早死にが問題になっている。検査に多少お金がかかっても未然に防げれば医療費の抑制になる」と話す。議会で人間ドックの必要性を主張した公明党にも「なぜ健康診断では不十分なのか」と問い合わせたが、「お答えすることはできない」との回答だった。


これまでも地方議会では、特に公明党(=創価学会)の政務調査費が問題となっていました。政務調査費では小遣い稼ぎはできないので、今度は人間ドックの費用から???

さて、この問題を議会で批判する小坂英二議員(尚志会)、立派な方です。ご自身のブログでも上位にランクされています。是非、ご覧ください。

荒川区議小坂英二の考察・雑感

「再議決欠席なら小泉氏に説明責任」 公明・高木氏
2月21日15時40分配信 産経新聞
公明党の高木陽介選対委員長は21日午前の民放番組で、小泉純一郎元首相が定額給付金の財源特例法案の衆院採決に欠席すると表明したことに対し、「小泉さんは1月13日の(衆院本会議で)賛成されている。なぜこの1カ月の間に欠席することになったのか。政治家として、元首相として説明する責任がある」と指摘した。その上で「麻生(太郎)首相の郵政発言に我慢がならなかったとかそれでもいい。ただ欠席するだけではよくわからない」と語った。

 公明党は定額給付金の実現に主導的な役割を果たしてきており、小泉氏に対する党内の強い不満を代弁したとみられる。


公明党(=創価学会)にとってみれば、この定額給付金に賛成するか否か、または、受け取るか、受け取らないか、これはすべて踏み絵なのでしょう。学会票などの力を背景に、今後「我々と付き合うのか否か」を強要しているように思えます。ですが、前にも書きましたが、この財源は国民の税金なのです。それがいつの間にか公明党(=創価学会)が与えてくれるものと勘違いしている人が、ネット上にでている。もらえるのではなく、戻されるものと考えるべきでしょう。ですから私は、当然、もらうのではなく、もどしてもらいます。そして、創価学会問題が書かれた本を買って、ブログのネタにでもするつもりです。

選挙:柳井市長選 2新人の一騎打ち 7日間の舌戦スタート /山口
2月23日13時1分配信 毎日新聞
任期満了に伴う柳井市長選が22日、告示された。いずれも無所属新人の前自民党県連幹事長で前県議、長谷川忠男氏(64)と民主党の平岡秀夫衆院議員(山口2区)の元秘書、井原健太郎氏(34)が立候補を届け出た。
 両候補は駐車場などで第一声を上げて選挙カーに乗り込み、支援を呼びかけに回った。
 市長選は、自民、民主の衆院2区支部がそれぞれ長谷川氏、井原氏への支持を表明。公明党も長谷川氏を支援する。一方、16年務めて引退する河内山哲朗市長が、その間、県議として市長と二人三脚の協力態勢にあった長谷川氏ではなく、井原氏を支持。07年4月の県議選では長谷川氏が井原氏を約2000票差で破ったが、井原陣営は今回、より鮮明に市民党を掲げ、保守層への浸透を図っている。


さて、この選挙(3月1日)、結果は・・・
井原健太郎氏  12491票
長谷川忠男氏   9281票
で、公明党(=創価学会)が支援する候補者のマケ~!!!ザンネンデシタ!

公明党のH・Pには、いつも当選の文字しか並ばない。推薦や支持した候補者の当落も記すべきでしょう。でないと、当選の見込みのものだけ公認して、当落線上の者を推薦とすれば、いつまでも操作された“当選”の文字を並べることができるのですから。

付帯意見付きで心身障害者手当支給条例廃止案を可決/横浜市会
2月23日21時0分配信 カナロコ
横浜市会こども青少年・健康福祉・病院経営常任委員会は二十三日、市在宅心身障害者手当支給条例廃止案について付帯意見を添え、自民党、民主党、公明党、民主党ヨコハマ会、無所属クラブの賛成多数で可決した。付帯意見では「障害者福祉の後退につながらないよう障害者施策の推進」などを求めた。

自民党、民主党、公明党、この中でも、とりわけ福祉と平和をスローガンに挙げてきた公明党(=創価学会)。あっさりしてますね。せめてもの救いは付帯決議が添えられたこと?

「選挙に負けたらどうなるの」直撃に公明・太田代表たじたじ
2月24日12時2分配信 産経新聞
来日中の王家瑞・中国共産党対外連絡部長は24日午前、公明党の太田昭宏代表と都内のホテルで会談し、衆院選後を念頭に、「日本は議会制民主主義だ。与党であれ野党であれ、気にせずに頑張ってほしい」と述べた。そのうえで王氏は「衆院選で負けたらどうなるのか」と“直撃”。太田氏は「仮定の質問には答えられない。どんな結果でも日中関係を大事にする立場に変わりはない」と、かわした。

まったく、太田さんも遠慮して、まぁ~。そうではなく堂々と「我々が負けるはずがありません」と答えればいいのです。そして次のように付け足せばいいのです。「我々は尖閣諸島をとられても、海底資源を略奪されても、毒入りギョーザが日本のせいにされても、中国との関係が揺らぐことはありません」とね。

民主党、「創価学会問題」で解散圧力強める
2月26日23時56分配信 産経新聞
民主党は、公明党の支持母体である創価学会を相手に損害賠償請求訴訟を起こした矢野絢也・同党元委員長の国会への参考人招致を目指すなど、「政治と宗教」を今後の国会論戦の最重要テーマに据える方針を決めた。背景には、この問題にスポットをあてれば、国会での審議を避けたい公明党が衆院解散の圧力を強めるとの読みがある。

 参院の主導権を事実上握る民主党はこれまでも矢野氏の国会招致をちらつかせるなど公明党と創価学会に揺さぶりをかけてきた。しかし、早期解散に追い込む決定打に乏しい中、公明党・学会が神経質になっている「政治と宗教」問題を重要な切り札に位置づけ「本気モードに入った」(民主党関係者)という。

 輿石東参院議員会長も26日の記者会見で「麻生内閣として最後の予算委員会になるかもしれないので、『政治と宗教』の問題にきっちり、かたをつけなければいけない」と述べた。

 のろしを上げたのは小沢一郎代表と、参院幹部の輿石氏、北沢俊美副代表、西岡武夫参院議院運営委員長、石井一副代表との23日夜の会合だった。5氏は矢野氏の参考人招致を今国会で実現させるよう調整を急ぐことを確認した。

 これを受け民主党は26日、公明党を除名された福本潤一元参院議員を招いて「民主政治推進プロジェクトチーム」を国会内で開いた。会合では、参院の予算委だけでなく、文教科学、総務、財政金融各委員会や政治倫理審査会などにも「政治と宗教」の問題を取り上げる舞台を広げていくことを決めた。これら参院審議の場では、創価学会施設を利用した選挙運動の実態や、憲法20条の「政教分離」のあり方などをとりあげる考えだ。

 民主党は昨年6月、菅直人代表代行らが国民新党や社民党の有志議員とともに矢野氏を国会内に招き、公明党と創価学会との関係や自身が評論活動を中止させられたとして学会を提訴した経緯などを聴取した。菅、石井両氏はその後、矢野氏を招致しての「政治と宗教」に関する集中審議開催を主張していた。石井氏は今国会の参院予算委でも矢野氏らの国会招致を提起した。ただ、こうした動きも「公明党・学会への牽制(けんせい)の域を超えていなかった」(民主党幹部)というわけだ。

 参院予算委は自民党が委員長ポストを握っており、参考人招致の行方は不透明だが、民主党は多数決による招致議決などの強行突破も辞さない構えだ。

 こうした民主党の動きに対し、公明党幹部は「関心はない」と語り、平静を装っている。


パス・・・

麻生首相をしっかり支える=公明・高木氏
2月28日10時51分配信 時事通信 
公明党の高木陽介選対委員長は28日午前のTBSの番組で、自民党内で麻生太郎首相の退陣を求める声が出ていることに関し「自民党に踏ん張っていただき、わたしたちもしっかり支えていく」と強調した。
 高木氏は「5カ月前に総裁選をやって選んだからには、しっかりと団結をしていくのが普通だ」と述べ、自民党内の動きに苦言を呈した。 


北側幹事長も同じような発言をしていますね。バカバカしい。福田総理を辞任に追い込んだのはどこの誰だったでしょうか?麻生さんになっても、ホテルで恫喝し、婦人部隊の波状攻撃をくり返し、解散を迫ったのはどこの党だったでしょうか?その党の幹部からこのような発言が出ているのはナゼ?

もう、解散しない麻生降ろしの風は自民党内でも吹き荒れていますよね。いまさら公明党(=創価学会)が言わなくても、すでに路線は出来てしまった。ならば、身を引き、逆に麻生さんを擁護しておけば、解散したときの責任は少なくてすむ、というものでしょう。本当は都議選の少しでも前に解散したいのが公明党(=創価学会)の本音なのですね、また、逆に解散が遅れて都議選に近づけば、「衆議院は解散せずに、任期(今年9月)を満了したほうがいい」などと言い出すかもしれません。

自民執行部、「麻生降ろし」に反撃=補正後解散、公明とあつれきも
3月2日21時59分配信 時事通信
自民党内で顕在化しつつある「麻生降ろし」の動きに対し、執行部が巻き返しに出始めた。麻生太郎首相の下で追加経済対策を盛り込んだ2009年度補正予算案を成立させ、支持率を上向かせてから衆院解散・総選挙に臨んだ方が得策とみているからだ。ただ、「政権延命策」であることは否めず、沈静化につながるとの見方は少ない。7月の東京都議選を重視する公明党との間で、あつれきが再燃する可能性もある。

公明党(=創価学会)さんはしっかり麻生政権を支えてくださるのでは・・・

迷走した麻生発言…給付金「受け取れ」の声に抗しきれず
3月2日22時3分配信 読売新聞
麻生首相が2日、定額給付金受け取りをめぐる態度をようやくはっきりさせた。給付金の財源を確保する2008年度第2次補正予算関連法案の衆院再可決を4日に控え、この問題による政権へのダメージをこれ以上広げないためにはやむを得ないとの判断があったようだ。
(中略)
 定額給付金導入を強く求めてきた公明党の漆原良夫国会対策委員長は2日、国会内で記者団に「(定額給付金への)国民の評価は、首相の考えが影響されたのではないか。もう少し前に言っていただければ良かった」と皮肉交じりに語った。


バカをいうな!(怒)日本国民をバカにするのもいい加減ししろよ!!!

小沢代表の国替え「ない」…赤松・民主選対委員長
3月3日0時40分配信 読売新聞
民主党の赤松広隆選挙対策委員長は2日の衛星放送「BS11」の番組で、小沢代表の岩手4区からの国替え問題について、「岩手4区で新人を出すことは事実上ない。(取りざたされる)東京12区は小沢氏が出れば公明党の太田代表に勝つと思うが、の認識を示した。選挙後の展開を考えたら、小沢氏が東京12区に替わる選択肢はない」と述べ、国替えの可能性は低いと

>選挙後の展開を考えたら・・・
これはなんぞや・・・

小沢代表「なんで?全く分からない」政権交代へ民主に打撃
3月3日21時48分配信 読売新聞
民主党の小沢代表の公設第1秘書が準大手ゼネコン「西松建設」から違法献金を受けたとして東京地検特捜部から政治資金規正法違反容疑で逮捕されたことは、次期衆院選での政権交代に向け順風満帆に見えた民主党には打撃となった。と語った。

昨年秋の臨時国会で、民主党が公明党(=創価学会)の政教一致を追及した矢先に問題となったのが、“マルチ商法献金問題”でした。今回のこの件も、民主党が矢野氏の国会招致を決めかかった矢先です。これは偶然なのでしょうか?

私は民主党を応援する気はもうありません。ただ、このニュースをめぐって、陰謀説など様々な憶測が飛び交う中で、どうしてこうも公明党(=創価学会)にとってタイミングよく事件が起こるものだと感心してなりません。

今の世の中、いや、いつの世でも、清廉潔白に政治は行われるべきだ!などという国民は多いのでしょうね。それはそうかもしれません。ただ、泥をかぶり、不本意にも本心を隠してでも生き残り、その中でしか政局を動かせないのなら、それを察してあげることも国民の度量の範囲ではないでしょうか。勿論、これは民主党に対していっているわけではありません。今本当に大切なものはなんでしょうか?

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。