スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くだらない公明党のニュースをザァーッとね 37

blue_ani.gif

皆さま、こんにちは。

休止中ですが、くだらないニュースが溜まったので不法投棄します。ゴメンネ m(--)m

<創価学会>来年の活動方針決める
11月13日19時7分配信 毎日新聞
創価学会は13日、創立80周年となる来年の活動方針と平和・文化・教育運動の大綱を決めた。活動方針として、青年部と未来部の育成・拡大や地域社会への貢献活動を推進することを挙げた。

 また、核廃絶を求める世論を喚起するため、若い世代が中心になって平和主張大会を各地で開いたり、核兵器の恐ろしさをパネル展示する「核兵器廃絶への挑戦展」を巡回展示することなどを盛り込んだ。


そうかそうか

前橋市政調費問題 市民フォーラム、返還拒否議員らの辞職勧告決議案提出へ11月13日7時57分配信 産経新聞
前橋市監査委員会が市議会の政務調査費をめぐる条例・規則違反を指摘した問題で、同市議会会派の市民フォーラムは12日に開かれた各派代表者会議で、違反指摘分の返還を拒否している清新クラブなどの市議13人に対する議員辞職勧告決議案を、16日の臨時市議会に提出する方針を示した。

 決議案によると対象は、清新クラブの13人のうち、5月の富士見村との合併に伴う増員で選出された2人を除く11人と、平成20年3月まで同クラブに所属していた真澄会の2人の計13人。

 市民フォーラムの宮田和夫幹事長は「議会の名誉と信頼を失墜させたけじめをつけるべきだ」と提出理由を説明した。

 同議案は可決されても法的拘束力はないが、議案が上程された場合、真政会、公明党は賛成する方針。共産党は「辞職すべきかどうかは市民が判断すべきだ」などとして、反対の姿勢を示している。

 これに対し、清新クラブの立見賢三幹事長は「議員が議員を裁くのはおかしい」と話し、議案が可決されても辞任しない意向を明らかにした。


こと、政務調査費については、いつもモグラ叩きのようにいじめられる公明党(=創価学会)。今回はいじめる立場です。本領発揮といきましょう!

<公明幹事長>法制局長官の答弁禁止を批判 国会法改正で
11月13日18時11分配信 毎日新聞
公明党の井上義久幹事長は13日の記者会見で、民主党が検討している国会法改正について「内閣法制局長官の答弁が禁止されれば、政権が代わるたびに憲法解釈が変わり、解釈改憲につながる恐れがある。集団的自衛権(の行使)容認に道を開きかねない」と批判した。

井上さんがいいたいのは、実は「集団的自衛権」のことではなく、「政教一致」のことです。で、その答弁を内閣法制局長官にさせたいのでしょう。

(この前の石井一氏の参議院予算委員会での質疑に)公明党の山口氏は、「宗教団体には政治活動の自由、選挙の支援活動の自由が保障されている」と強調。憲法上の解釈を政府に確認した。これに対して宮崎礼壱・内閣法制局長官は、1970年3月31日の春日一幸議員に対する政府答弁書で、政教分離の原則について「宗教団体または宗教団体が事実上支配する団体が、政治活動をすることをも排除している趣旨であるとは考えていない」と答弁。宗教団体の政治・選挙活動は憲法上、保障されているとの政府見解を改めて確認した。
                         公明新聞 平成19年10月17日より


というわけよ。

21世紀環境展:あす、和歌山マリーナシティで開幕 /和歌山
11月18日14時1分配信 毎日新聞
環境問題の現状と、その解決に向けたさまざまな取り組みを紹介する「21世紀環境展」(創価学会同展和歌山展実行委主催)が19日、和歌山市の和歌山マリーナシティわかやま館で始まる。23日まで。入場無料。
 会場では、ケニアの環境活動家でノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイさんや、化学物質による環境汚染を先駆的に警告した「沈黙の春」で知られる米国の生物学者のレイチェル・カーソンら、環境問題に取り組んできた人たちの伝記などが紹介されている。午前9時半(初日は正午)~午後8時(最終日は午後6時)。


もしよろしければ、お近くの嫌創価派の方はぜひ、足をお運びください。できればその感想もお聞きしたいものです。

<自公両党>つかず離れずの気配 野党転落後初の会談
11月18日23時3分配信 毎日新聞
自民、公明両党の幹事長、政調会長、国対委員長が18日、東京都内で、野党転落後初めてそろって会談し、今後の国会対応を協議した。独自色を出したい公明党の意向で約1カ月半、疎遠になっていた。衆参両院で民主党が第1党を占める中、完全に関係を絶てば共倒れしかねない事情もあり、当面は議員立法などを通じてつかず離れずの関係が続く気配だ。

 会合では、党首討論の25日開催▽衆院予算委員会での「外交・安保」「政治とカネ」の集中審議▽日米首脳会談などの国会報告--を政府・与党に求めることで一致した。

 自公両党は今国会に肝炎対策基本法案を共同提出したほか、原爆症認定集団訴訟を解決するための法案準備も進めており、共同提案は計5本になる見通しだ。しかし、北朝鮮特定貨物の検査等に関する特別措置法案と、海上自衛隊によるインド洋での給油活動延長法案には公明党が乗らず、逆に政治資金規正法改正案には自民党が応じないなど、すきま風も吹いている。

 公明党の山口那津男代表は18日の記者会見で「国民の求める政策と確信できるものは、自民党のみならず広い協力を求める姿勢だ」と述べ、自民党との距離感をにじませた。【坂口裕彦】


パス

公明が新ポスター、地方から党勢回復へ
11月20日17時15分配信 時事通信
公明党が20日発表した新ポスター(同党提供)。山口那津男代表が就任して初めてとなる。井上義久幹事長は「公明党の新しいスタートを象徴するポスターだ」と自画自賛した。来年3月までに10万枚を全国に掲示する。

20091120-00000036-jijp-pol-view-000.jpg


できましたよ!新しい公明党(=創価学会)のポスターが!う~ん・・・でも、しかし、これで学会員のテンションが上がるのかな?

選挙:参院選 山口・公明代表、自民との協力再検討 /山形
11月24日12時2分配信 毎日新聞
公明党の山口那津男代表は23日、来夏参院選に向けた県内の自民・公明両党の協力関係について「固定的な考え方は取らず、今までの積み重ねを大切にしながら、我が党の党勢拡大に(関係を)どう生かしていけるか吟味していく」と述べ再検討する考えを示した。山形市であった党県本部党員集会出席後の取材に答えた。「党の基盤再生に力を入れたい」とも話し、自民との協力関係よりも党勢拡大を優先する方針を示した。
 また集会では地方議員の活動にも言及し、「議会での政策実現力を大事にしたい」とした。【釣田祐喜】


ご存知のように民主=小沢大魔神さまは、今月10日、高野山で全日本仏教会会長の松長有慶・高野山真言宗管長と会談したのです。これを意味するものは大きいはずです。先をこされた自民党、民主に“逆仏敵”扱いされた創価学会!両者の思惑はつぎの参院選挙につながるのでしょう・・・か?

21世紀環境展:立川展が始まる--29日まで /東京
11月24日11時0分配信 毎日新聞
温暖化など環境問題の実態や環境分野で活躍した人を紹介する展示会「21世紀環境展」立川展が23日、国営昭和記念公園花みどり文化センター(立川市)で始まった=写真。創価学会立川展実行委員会主催で、29日まで。
 全国約70カ所で開催しており、多摩地区では初めて。開場には環境問題などを取り上げたタペストリー32点を展示。焼却しても有害ガスが発生しない素材を使用している。ケニアの環境活動家でノーベル平和賞を受賞し、「MOTTAINAI」を広めたワンガリ・マータイさんら6人の業績を紹介したコーナーも設けられている。
 午前9時半~午後4時半。入場無料。問い合わせは創価学会立川文化会館(042・527・1571)。【河嶋浩司】


毎日さんはこの環境展が開かれる度に、このニュース?を配信するのでしょうか?載せる方のヤフーもやはりそうか?



<追記>

上の「21世紀環境展」を紹介されているブログがありました。

「中道右派なblog」 さんです。すばらしい内容です。ご苦労さまでした。ヒット数もすごい!

http://asgijp.blog104.fc2.com/blog-entry-145.html



スポンサーサイト

矢野絢也さん、「黒い手帳」奪還する!

blue_ani.gif

皆さま、こんにちは。

矢野氏が長年に渡って書き続けていた手帳が、元公明党国会議員黒柳・伏木・大川の3氏によって強奪された事件で、最高裁で矢野氏の全面勝利の判決が下りながら、手帳の返還を拒んでいた3氏が、その返還に応じていたことが「フォーラム21」11月号に書かれています。

2審で逆転敗訴を受けながら、3氏側はその返還を拒んできました。その理由がなんでも最高裁で(3氏側)が勝訴した場合、矢野氏が返還に応じない恐れがあるとか、コピーを取られたりする恐れがあるとかいっていたらしい。バカもほどほどいい加減にしてほしい。

9月1日、最高裁では上告の受理をしない決定をし、矢野氏の勝利が確定しました。矢野氏側は最高裁の決定の翌日、間接強制申立事件を審理する東京地裁に、速やかに強制金(1日50万円)を命じるよう、上申書を提出したという。

その後も、3氏側の弁護人新堀富士夫氏(創価学会副会長)から「和解をしたいので、強制金の決定を猶予してほしい」との申し出が裁判所にあったらしい。和解???

結局、10月6日、霞ヶ関の弁護士会館で、4年半ぶりに、「黒い手帳」は矢野氏へ返されたそうです。

「フォーラム21」の取材に対して、矢野氏は政治と宗教の関係について、その内容を公表していく意欲を示している。楽しみですね。詳しくは「フォーラム21」11月号を手にとって読んでくださいね。



<追記>

手帳が返還されたのが10月6日とあります。あれっ、そんなニュースがあったのかな?週刊誌にも他のブログにも出ていなかったような気がします。矢野さんは積極的に公表したのでしょうか?まあ、何はともあれ、矢野絢也さん、おめでとうございます。そして、矢野さんのことを「何もしないで落としどころを考えているのでは」などと、酷評してきたことを衷心よりお詫び申しあげます。これからの氏のご活躍を心よりお祈り致します。

くだらない公明党のニュースをザァーッとね 36

blue_ani.gif

皆さま、こんにちは。今日は「くだらない公明党のニュース」シリーズです。どうぞ、お付き合いくださいませ。

公明、臨時国会での参政権法案提出見送り
10月30日19時11分配信 産経新聞
公明党の井上義久幹事長は30日の記者会見で、永住外国人地方参政権付与法案について「民主党内に政府に提出するよう求める話もあるので、その動きを見定めたい」と述べた。鳩山由紀夫首相は「法案準備ができあがっていない。臨時国会ではなかなか難しい」と述べており、井上氏の発言は臨時国会での法案提出を見送り、鳩山政権の対応を注視する考えを示したものだ。

ご存知のように、その後、民主党の山岡さんが、議員立法での法案提出を図り、そして、断念しました。公明党(=創価学会)にすれば、民主に堤出させれば、国民の批判の矢面に立つのを避けられるし、念願も叶うといったところでだったでしょう。残念でしたね。

<野党>鳩山政権に苦慮 損得計りきれず
11月3日21時42分配信 毎日新聞
<抜粋>
◇にじり寄る公明

 10月30日の参院本会議。公明党の山口那津男代表が代表質問で「首相のリーダーシップに心から期待する」と持ち上げると、鳩山由紀夫首相も「公明党の基本政策は連立政権の政策とかなり近い部分があると実感した」と呼応した。終了後、山口氏は「互いに啓発し、建設的な議論をしていきたい」と語り、「民・公接近」への期待感を隠さなかった。

 衆院選で議席を31から21に大きく減らした公明党は、10年にわたる自民党との連立政権が終わり、党の主体性の回復が急務。自民党が用意した北朝鮮の貨物検査を目的とする特別措置法案と、海上自衛隊のインド洋での給油活動延長法案の共同提案を拒否したのはその象徴だ。一方、公明党がこだわる永住外国人への地方参政権付与法案は民主党の動向を見極めるため今国会への提出を見送った。

 自民党との選挙協力の見直しも進む。10月の参院神奈川、静岡両補選は自主投票にとどめた。しかし、自公路線を主導した太田昭宏前代表(衆院選で落選)を参院選比例代表で擁立する方向となり、党内の自公派と非自公派のせめぎ合いはなお続いている。

 民主党が衆院選で大勝し、公明党に政策実現のキャスチングボートを握る余地はない。民主党の石井一選対委員長は10月30日の記者会見で、参院選での公明党との選挙協力について「そういう呼びかけはしない」と明確に否定した。


だってさ。

肝炎基本法案を共同提出へ=自公
11月4日20時24分配信 時事通信
自民党の川崎二郎、公明党の漆原良夫両国対委員長は4日、国会内で会談し、すべての肝炎患者を救済する肝炎対策基本法案を、来週中に共同提出することで一致した。民主党も同様の法案を議員立法で提出する方針。同党との調整が付けば、衆院厚生労働委員会の委員長提案としたい考えだ。 

自公政権崩壊後、両党共同での法案提出はこれが初めてではないでしょうか?自民よりの大田前代表を来年の参院選に出馬させようとしたり、鳩山総理へは、おべんちゃらを使うわ、相変わらずの公明党(=創価学会)。こんな姿勢ではかえって創価学会内外の不信をかうことでしょう。

公明党県本は県民大会不参加 「普天間」は県外姿勢強調
11月5日10時0分配信 琉球新報
公明党県本の糸洲朝則代表らは4日、県庁記者クラブで会見し、8日の「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」への不参加を発表した。超党派の体制ではないことなどを理由に挙げた。一方で、鳩山政権に対して「普天間飛行場の県外・国外移転の方針に期待し、強力推進を求める」と述べ、普天間移設は県外・国外とする基本姿勢を強調した。
 糸洲代表は「県本として県内移設受け入れは言っていない。知事や名護市の辺野古容認を、積極的ではないが是認せざるを得なかった」と説明した。
 仲井真弘多知事の立場を認める方針に変わりはないとしつつ、「今後の推移を見ながら判断しなくてはいけない。今の政権が県外・国外に取り組めば、必然的に辺野古移設はなくなる」と述べた。
 県民大会については「県民大会は伝家の宝刀であり、本来は政党はもとより自治体、各種団体がこぞって参加するのが組み立て方だ。県外・国外をうたっていないのもおかしい」と指摘。その上で「党員や支持者には参加したいとの声もあり、自主的な参加まで規制することはない」とした。


「参加したい」と声をあげた学会員の方々は、もちろん、本気で「平和」を希求されているのでしょう。でも、公明党代表の山口はキャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市と国頭郡宜野座村にまたがる地域)に移設する現行計画を支持しているのです(私も賛成ですが)。

大体、このニュースも沖縄の代表が表明するより、党代表が行うべきでしょう。都合が悪いと、地方組織に任せるのでしょうか?実に不誠実であると思います。

投票は「公明党」 参院選で方針 くら替え反発緩和
11月5日7時56分配信 産経新聞
 公明党が来年夏の参院選の比例代表選挙で、党員や支持母体の創価学会員ではない一般支持者に対し、候補者の個人名ではなく党名による投票呼びかけを行っていく選挙方針を固めたことが4日、わかった。

 新方針は「F」(フレンド)と呼ばれる知人や一般支持者に限定して行う。公明党は、8月の衆院選で落選した太田昭宏前代表が参院比例代表に立候補させるが、「衆院からのくら替え立候補への一般支持者の反発を和らげる」(党関係者)ねらいがある。

 ただ新方針は、知名度の高い候補を立てて無党派層を取り込み、党全体の得票数を底上げするメリットを放棄することにつながる。このため、党内や地方の学会組織から困惑の声もあがっている。

 一方、党員や支持母体の創価学会の会員など核となる支持者は従来通り、党独自の地域割に従って候補者名で投票する。


このニュース、とてもおもしろいのですね。何が何でも太田さんを当選させたい党の思惑があるのでしょう。ところで、どうして学会員はくら替え候補者に反発するのでしょうか?学会員にすればF(フレンド)には「(くら替え候補者である)大田昭宏と書いてちょうだい」とはさすがに頼みづらいのかもしれませんね。

「党員や支持母体の創価学会の会員など・・・党独自の地域割に従って」と、あっさり書かれたこの一文ですが、よく踏み込んだ内容だと思う。えらいぞ!産経新聞!!このような表現が出てくるほど、日本の社会における創価学会のタブーや呪縛といったものが、瓦解しているように思えます。ところで、F票には「公明党」と書かせ、そのあとの当選順位は学会員の票で調整しようというのでしょうか・・・。

私は学会員の方々へ申しあげたい。「もう、こんなバカバカしいことはやめたらどうですか」と。

民主・小沢氏、仏教界トップと会談=参院選へ関係強化狙い
2009年11月10日(火)14:03 時事通信社

 民主党の小沢一郎幹事長は10日午前、和歌山県高野町の寺院「金剛峯寺」を訪れ、全日本仏教会(全仏)会長の松長有慶・高野山真言宗管長と会談した。来年夏の参院選に向けた地方行脚の第一弾で、これまで民主党と関係が薄かった仏教界の支援を取り付けるのが狙い。
 全仏は、国内の伝統仏教の宗派を束ねる財団法人。関係者によると、かつては自民党色が強かったが、同党が公明党と連立を組んで以降は、自民党と距離を置く宗派が増えている。
 小沢氏は「政治家も日本人としての心構えができていないと政治はやれない。ぜひお話をうかがう機会を得たい」と、民主党内での講話を要請。松長氏は「ぜひお伺いしたい」と応じた。 


さすが、小沢一郎!目のつけどころが狡猾ですね。で、その一方、政権与党の座を失い、いるのかいないのか、分からなくなりつつある自民党。この対創価学会対策では出遅れているのではなく、マイナスの方向への方針を修正できないでいるようです。自民党はこのまま、民主党が失態をやらかすのを、口を開けて待っているつもりなのでしょうか?

いま、民主党は創価学会への追及を緩めています。そのお株を奪い(元々は自民党が先に追及したものですが)、国会への矢野氏などの参考人招致と宗教法人法の改正などを提起すれば、国民の支持もえられ、来年の参院選では大勝利を得られることでしょう・・・か。

政治資金の虚偽記載を厳罰化 公明、法改正案を単独提案
2009年11月12日(木)18:52 asahi.com
公明党は、政治資金収支報告書に会計責任者が虚偽を記載した場合、議員本人も公民権停止にすることを盛り込んだ政治資金規正法改正案を衆院に提出した。自民党に共同提案を打診したが、厳罰化への慎重論が強く、単独で提案することにした。民主党の鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長の献金問題を受けて総選挙で自公の共通公約に盛り込んでいた。

ご存知のように「P献金問題」・「各自治体での政務調査費不正使用」・「新銀行東京での口利き融資の焦げ付き」など、裏での金にまつわる疑惑は、公明党(=創価学会)が他の党を大きくリードしています。今回、単独でこの法案を提出したからといって、「さすが公明党」などと感心する人はいないでしょう。


在特会は差別団体ではないよ

blue_ani.gif

皆さま、こんにちは。

10月10日(土)午後は、在特会(在日特権を許さない市民の会)大阪デモに参加してきました。私にとって今年6回目の街宣デモ参加となりました。20~30人のデモから今回のような300人規模のデモまで、いろいろですね。

なにせ300人も集まれば、そのデモも相当の迫力です。それに伴ない配置される警察官や、在特会を目の敵にする左翼勢、沿道で見守る市民たち、それらをいれるとかなり多くの人たちが、このデモを意識したことになります。

00010201DSCF0028.jpg

私の撮った写真はこれくらいです。あとは下の主催者発表の動画などで、その様子をご覧になってください。この写真は集合時間1時間ほど前のようす。みなさん、のんびり過ごされている。

http://www.youtube.com/user/Osaka1010Demo(←クイック)


当日は集合時間の1時間ほど前に着きました。面識のある方にあいさつを行う、桜井会長に握手をせがむと快く応じてくれた。何か手伝うことはないかと捜しても、何も無い。プラカード・ブルーリボンなど、すべて準備されていて、後は手渡すだけになっている。街宣前の時間を皆さん歓談しながら余裕でまっている。執行部の方々のご苦労と手際の良さに感銘する。

デモの前の声明が読み上げられ、いよいよ出発、4列縦隊ということで、私はずっと後方になってしまった。

隊列は御堂筋にさしかかり、沿道を行き交う市民の注目を集める。このデモには以前から左翼による妨害予告が出されていて、それを警戒した警察官たちが沿道とデモ隊を遮断するかのように、ぴったりと張り付いている。警察官の数もかなりのものだ。ご苦労様です。

デモ隊もこれだけ長くなれば、シュプレヒコールをあげる人も、間を置いて数人必要になる。ところが、その掛け声が同じではないため、中間あたりにいた私は、前と後ろから発せられるの二つの違うシュプレヒコールに付き合い、忙しいデモとなってしまった。

“なんば”に差し掛かるころには、かなり足どりが重くなってきた。やはり、昼食時のビールが効いてきたようだ。ある一角で朝鮮好きな左翼連中が待ち構えていた。「在特会」のことを罵っている。こちらも多くの人が応戦する。勿論、私もやり返す。かなり汚い言葉を使ってしまった。警官たちが迷惑そうな顔をして間に入っている。左翼(ブサヨともいうらしい)はかなり高齢だ。若い人がついてこないのだろう。それに比べて在特会は若い人が多い、年配の方もかなりいる。また、女性の参加者も多い。老若男女、バランスが取れている。

デモ隊は最終地点に集まり、声明とシュプレヒコールをあげ、解散しました。なんでも「主権回復を目指す会」(西村修平代表)の関西支部が発足し、来週は鶴橋で街宣デモを行うという発表があり、気勢をあげました。これでますます関西でも「行動する保守運動」が根付くことでしょう。

その後はある方の御厚意により、打ち上げの席にまぜていただいた。とても楽しい打ち上げでした。歓談していると、何人の方が自分のブログをもっているとのこと。それで恐る恐る回りの人に聞いてみた。

「嫌創価流というブログを知っていますか?」

答えは誰も知らないとのことでした。  ・・・そんなものですね。^^;

その後、電車に飛び乗り、帰路へ。楽しいながらも、今の日本の情況はとても深刻なんだ、と、再び気を引き締める。私が批難する創価学会は「外国人参政権」の第一の推進者であり、祖国日本にとって一番の“仏敵”なのだと決意を新たにした・・かな?実は酔っていてよく覚えていないのだ。



<追記>

在特会は差別団体であると、よくネットで散見します。そんなことは無いでしょう。中には左翼や在日コリアンばかりでなく、右派系の方もそういっているようです。

在特会の活動をどう表現すればいいでしょうか?たとえばこんな話で例えられるのでは?

ある人が電車の中でとなりの人に足を踏まれている。わざとではないだろうと思いながらも相手をみると知らん顔している。そればかりか、どこか笑っているようだ。サッと足を引き抜き、平静を取り戻す。が、また相手がすりより足を踏む。また相手をみると力をゆるめる、視線をはずすと、また力を加えてくる。「痛いじゃないか、バカ」と文句をいうと「バカとなんだ」と逆切れされる。相手には仲間がいて囲い込む。その仲間たちが回りの乗客に、「バカ」といった人の批難を宣伝する。

私の朝鮮人観とはこのようなものです。今の日本の情況をみれば、在特会の言っていることは、まだまだ、この場合の「バカ」に過ぎないのだと思う。本当はこんなものでは済まないほど、日本の社会は侵食されているのです。

たとえ、在特会の個々の会員が聞き捨てならない言葉を発しても、それは個々の発言である。また、その個々の人(私を含めてですが)にも在日コリアンに対する自然な感情というものがあるだろう。

在特会のデモには、時として在日コリアンの人も参加することがあるそうです。彼らの中にも在日コリアンの行く末を案じている人がいるようです。このままではいけないのだぞ!と。在日コリアンや本国である南北朝鮮が国家、国民として、日本へのゆすり、たかり、侵食、捏造を止め、国家として自立した上で互いに友好を深めあうというのであれば、在特会の人であれ、反対する人はいないでしょう。


民主党「外国人参政権」提出へ

blue_ani.gif


民主が議員立法で外国人参政権付与法案を提出へ 臨時国会で
11月6日12時2分配信 産経新聞
 民主党の山岡賢次国対委員長は6日午前、自民党の川崎二郎国対委員長と国会内で会談し、今国会中に永住外国人への地方参政権付与法案を議員立法で提出する考えを伝えた。

 会談終了後、山岡氏は記者団に対し「今国会で(提出を)考えている。党内にもいろいろ意見があるが、場合によっては党議拘束なしというやり方もある」と述べた。また、山岡氏は臨時国会の会期について「今の状況では延長せざるを得ない」と述べた。11日に政府・民主党首脳会議を開催して国会対応を協議する方針だ。

 地方参政権付与については、鳩山由紀夫首相が5日の衆院予算委員会で「前向きに考えている」と述べていた。


思わず「うそつき!民主党」と叫びたい。

どうりで公明党(=創価学会)がこの法案提出を取りやめるはずです。

民主党はこの法案をマニフェストからはずしました。この国会でも「国民の理解が得られていない」と、提出を見送る方針を打ち出していました。もう、信じられない・・・というか、信じる方がバカということなのでしょう。

このニュースについては「博士の独り言」・せと弘幸氏「日本よ何処へ」もすばやく反応されています。ぜひ、読んでください。

このブログでは民主党についても度々批難してきました。しかし、そこまでやるとは思いませんでした。これで、民主党が公明党(=創価学会)同様に表と裏を、国民の虚を衝(つ)いて、行う政党であることが明白となりました。

しかし、国民の目も節穴ではありません!民主党政権はそう長く、国民の支持を得られないでしょう。

民主党・公明党(=創価学会)にしろ、向かおうとするベクトルがあります。平和や福祉、弱者救済だの耳障りのいいことばかりいっていますが、その向かおうとするベクトルはそれらを度外視したものであることを、見抜く必要性が、国民一人一人にとって急務となっているようです。






猪飼野を歩く 2

blue_ani.gif

皆さま、こんにちは。

私の小旅行も2日目となります。朝は早めに起きて、さっそく、猪飼野へ向かう。ヒマというか物好きなヤツですね~。

00010122DSCF0018.jpg

ここは猪飼野でも桃谷地区です。立派な百済門が立っていた。商店街に屋根がないぶん、少し開放的に思える。ただ、駅から遠い分、観光客は少ないのかな・・・、そうした意味で、山野車輪氏は「桃谷は猪飼野の奥座敷である」と、その著書「在日の地図」で述べている。なるほど!

売られているものはそんなに鶴橋と変わらないようだ。異文化交流館なる店もある。みやげ物の売り場の奥では、女性の団体客がレクチャーを受けているようだ。大丈夫かなぁ~、と心配してしまう。

00010122DSCF0020.jpg

これは桃谷地区に隣接する平野川。河川が一直線なのは、戦前、多くの朝鮮人たちが改修工事に従事したためという。

00010122DSCF0014.jpg

ここは御幸森小学校。生徒の半数が在日コリアンということだ。この日、運動会を開いているのは、小学生ではなく、近所の幼稚園児たちだ。ほほえましい光景に出会った、というと怒られるだろうか。校庭の入り口ではガードマンが立っていた。

00010122DSCF0015.jpg

ここは御幸森小学校近くにある生野西朝鮮会館。民団の施設も近くにあるようだ。ところで、民団や総連に属する人たちはどのように分かれているのかご存知でしょうか?渡航前の出身地で別れていると思っている人もいるかもしれない。そうではなく思想でわかれたのが始まりで、いまでは北朝鮮の衰退と共に、韓国籍と朝鮮籍の比率は10:1ぐらいだというらしい。

そんな中、生き残りをかける朝鮮総連、そのビルの窓には告知がなされている。読んでみると、北朝鮮の親戚に援助の品を送ったが、日本政府の規制で戻ってきた!とかいろいろ書いてある。日本人への恨み、つらみは相変わらずだ。その前に日本人拉致被害者を返せ!といいたい。

00010122DSCF0023.jpg

ド~ンと空にそびえるかのようなこの教会、なにも異国まで来て自国民のための教会など建てなくてもいいのでは?と、思う。

私の町にもカトリックの教会があつて、その中には韓国人が独自のグループを形成しているという。彼らは活動を通して、自国への援助など行っているようだ。話が飛びますが、国連のパン事務総長は就任後、身の回りの職員を韓国人で固めてひんしゅくをかっているという。南北に限らず朝鮮人のすることは、世界中おなじだ。

このあとは、桃谷で焼肉定食を食べた。タレが甘辛く、おいしくない。ビールも一本飲んでしまった。ウィッ、午後からは「在特会」の大阪デモに参加する予定である。大丈夫かな??

つづく

猪飼野を歩く

blue_ani.gif

皆さま、こんにちは。

先月9日・10日は大阪へ行ってきました。今日はその旅行記です。

00010103DSCF0002_convert_20091104111810.jpg

猪飼野(いかいの)という地名をご存知ですか?猪飼野とは鶴橋から桃谷にかけての、言わずと知れた日本最大のコリアンタウンです。山野車輪氏の「在日の地図」には、そんな猪飼野のことが詳しく書かれています。なんでも在日コリアンの聖地であり、すべての道は猪飼野に通ずると。この写真はその玄関ともいうべき鶴橋駅のものです。

00010104DSCF0005.jpg

大通りから路地に入って行く、路地の幅は狭い、その店先ではキムチやチヂミといった朝鮮の食材が並ぶ。正にリトルコリアといったところ。店員や近所の客などの会話では朝鮮語が行き交っている。聞いていておもしろかったのは、一人が朝鮮語で話し、もう片方は日本語で話しているのを見ていたとき。それで会話がなりたっていた。

00010123DSCF0025.jpg

このスナップは桃谷での一枚。鶴橋でも民族衣装のお店はボチボチある。彼らの祖国への望郷の念が窺える。

ところでこのチョマチョゴリ!あなたは美しいと思いますか?それとも嫌悪感を持ってしまう?

なんの先入観もなければ、誰でも美しいと思うのが普通ではないでしょうか。私もきれいだと思う。

この猪飼野にはこうした民族衣装店のほか、韓流スターのブロマイドなどをグッズを扱う店もある。

00010104DSCF0007.jpg

なにか昭和の時代にタイムスリップしたかのような雰囲気が漂う。ノスタルジーな思いに浸ってしまいそうだ。店の真ん中で、店主がごろ寝をしていたり、子供たちを交えて家族でちゃぶ台で夕ご飯を食べたりしていた。

00010104DSCF0008.jpg

不況のどん底の日本。勿論、コリアンタウンも例外ではない。駅からはずれれば、ご覧のような風景だ。こうしてみるとコリアンタウンも縮小しているのかもしれない。それと高齢化も進んでいるようだ。

00010104DSCF0010.jpg

閑散とした商店街を抜けると、あったのがこの歴史資料館。注意深く見ていると、入場するには予約がいると書いてある。すると、ひとりの老婆が出てきて看板を仕舞い始めた。ちょうどいいので、「予約はないがいれてほしい」と頼むと、返事はなし。いや、返事というより、首を横に振って示していた。2つほど質問してみた。「この資料館に示されているのは事実なのか」「強制連行はあったのか」すると老婆はコクリと首を縦に振り、「そうだ」と意思表示した。この老婆はしゃべるなと命令されているのだろうか?

こうした、ある意味、マッタリとした時間が漂う町で、こうした歴史資料館のような、彼らの存在意義の“拠り所”とする主張を、それこそ城のように守っている風景にも出くわす。

つづく

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。