スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜか強気な公明党 2

blue_ani.gif

皆さま、こんにちは。

今日は前回の続きです。

次期参議院選挙では、埼玉地区での不出馬を撤回して候補者を表明した公明党。全体では現有議席を維持すると表明した公明党(=創価学会)。衰退がつづくといわれる創価学会という母体の中で、昨年の衆議院選挙で惨敗をしながらよくもまあ、強気な発言をするものですね。

昨年の衆議院選での惨敗後、公明党(=創価学会)がしてきたことはまやかしであった。平和のための核削減の提唱や、山口新代表の全国行脚、党と創価学会の大幅な人事異動、どれもこれも学会員を再びその気にさせるための方便にすぎない。そのためかどうか分からないが、大田前代表の出馬が取り消された。学会員のウケが悪かったとあるニュースでは報じられていた。これが本当なら問題だろう。

問題というのは、公明党というより創価学会という組織が、学会員の反応をみて、短期間のうちに方針を覆したことであり、その組織のかなりのあせりを感じる。かつてこのようなことが創価学会においてあるのだろうか?今までの創価学会といえば、学会員の意識の植え付けや変更には、随分な慎重さと配慮を行う組織というイメージが強かった。今は、なりふりかまってはいられない!といった情況だろうか。最近のニュースでの、“仏敵”と位置付け、あれほど学会員に憎悪を吹き込んだ民主党に対しての歩み寄りには、あせりというより本領発揮といった感が否めない。

思えば平成17年の衆議院選で議席を減らし、19年の参議院選では大幅減、昨年の衆議院選のことはご承知のとおりだ。その間、与えられた目標を達成出来なかったとして、学会員に仏罰があっただろうか?負けても、池田の師匠にお応え出来なかったとしても、そのことによって罰など起こり得ないことは、もはや学会員自らが経験している。そのことに学会員自身が自覚を持ち始めているのではないだろうか?あるのは仏罰ではなく、疑問を持つことも許さず、ハイテンションであり続けることを求める学会風土と、負けたときにある、慰めにもならない池田大作の労いの言葉だけではないかと。

先月の公明党(=創価学会)の人事で、党の顧問に就任した黒柳明(78歳)と大川清幸(なんと84歳)。いわずと知れた元公明党国会議員で矢野絢也氏の手帳を強奪し、その後、互いに最高裁まで争い、負けた3名のうちの2人だ。この2名の人事について、ジャーナリストの古川利明氏は「フォーラム21」2月号のなかで次のような見解を示している。

黒柳、大川の「顧問」の就任についてだが、これは、一連の「矢野問題」と直結している。
(中略)
それでは内部的には「示し」がつかない。その意味では、「自分は、まだ、矢野絢也を許していないんだ」というポーズを見せるためだったという側面が、大きかったのではないだろうか。いずれにしても、「内向きな人事」であることには、間違いない。


最近著作『私が愛した池田大作「虚飾の王」との50年』を出した矢野絢也氏。池田大作についてディープ部分を暴露する矢野氏に対して、手を出したくても出せない池田大作。せめてもの内部向けの意思表示が、今回の人事であったのではないか?と古川利明氏は語っている。なるほど、合点がいくではないですか!



<追記>

今月2月21日にあった長崎知事選の投票では、自公の支援を受けた無所属の中村法道氏が当選しました。勿論、公明党(=創価学会)を日本最大のガン細胞と位置付ける私にとっては手放しに喜べるニュースではありません。ですが、国政を握り、マニフェストよりも闇法案ばかり優先しようとする民主党にブレーキがかかったことにはとても満足しています。なによりうれしいことは、投票率が60.08%と前回のそれの52.27%を大きく上回ったことでしょうか。このような流れが全国に広がり、今年の参議院選までつづいてほしいと願うばかりです。



スポンサーサイト

なぜか強気な公明党??

blue_ani.gif


皆さま、こんにちは。

皆さま、こんにちは。今日は雑感などを書いてみます。

最近の公明党(=創価学会)はなぜか強気ではないですか!撤退を表明した次期参議院選埼玉選挙区で、再度候補者を挙げたり、改選前の議席確保を表明したりと、昨年秋、衆議院選惨敗後の弱気なコメントも何処へやらといった感じです。

当初、事業仕分けとやらで高い支持率を維持した民主党も、鳩山・小沢の政治資金問題で、評価はガタ落ち。その他、中国・韓国への大訪問団、天皇陛下の政治利用、普天間基地問題と、これが責任ある政権政党なのかと、疑問符だらけの政党であることがバレてしまった。

これに対して、それ以前の政権党であった自民党は、民主党の敵失を取り込めないどころか、逆に支持率を下げているようだ。みんなの党や平沼新党なるものが幾分脚光を浴びたとしても、全体のムードとしては昨年の衆議院選挙には及ばないだろう。

ということは、政治への失望→選挙への関心が薄らぐ→投票率が下がる→組織力の強い公明党(=創価学会)が勝つ!ということになりかねない。公明党(=創価学会)にすれば、棚から牡丹餅的な選挙になる、と素朴に思う。公明党(=創価学会)にすれば票の獲得よりも、国民が政治にうんざり感をもつように演出、工作、アシストしたほうがはるかに効果的だろうに。

というわけで、今年、設立80周年を迎えるという創価学会は、法戦と位置付けている選挙においては、まずまずの結果を残すのではないだろうか?改選を向かえる11人の+1から-2までが私の予想している数値です。間違っても(間違ってほしいのだが)昨年の衆議院選挙のような惨敗はないだろうと思っています。




まずはおめでたいニュースから。昨年4月に創価学会に絡む発言をラジオでしたとこで、芸能活動無期限停止させられたとネットで話題になっていた北野誠さんが復帰されるそうです。よかったよかった^^)。先ずはローカル番組からだそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100206-00000046-spn-ent(←クィック)


先月、始まったばかりの国会で、質問に立った公明党の斉藤政務会長。なんと襟にブルーリボンをつけていた。冗談もほどほどにしてほしい。これは民主党議員、特に鳩山さんにも言えることですね。とてもがっかりしました。


くだらない公明党のニュースをザァーッとね 41

blue_ani.gif

皆さま、こんにちは。ではスタートです。

風雲:3都市長選 宮崎は斉藤氏、都城は長峯氏 公明党が推薦 /宮崎
12月26日16時2分配信 毎日新聞
公明党県本部は24日、来年1月24日投開票の宮崎市長選で元市議の斉藤了介氏(43)を、都城市長選で現職の長峯誠氏(40)をそれぞれ推薦すると発表した。延岡市長選については既に現職の首藤正治氏(53)の推薦を決めている。
 党幹事会と、支持母体である創価学会幹部が対応を協議して決めた。宮崎市長選については他の1陣営からも推薦願が来たが「津村重光市長の実質的後継者であり、若さに期待する」として斉藤氏推薦を決定した。また、都城市長選については長峯市長のみが推薦願いを出していた。


公明党(=創価学会)の推薦を受けたこの3人のうち、宮崎市長選挙に立候補した斉藤氏は落選したそうだ。拍手!

そんなことより、記事にもあるように、「党幹事会と、支持母体である創価学会幹部が対応を協議して決めた」とある。このようなニュースが流れても反発や話題にもならないのはどうしたものでしょうか。「うそも百篇いえばうそでなくなる」だったかな?とにかく池田大作の名言ですが、このままいけば、「実績も百篇積めば違憲でなくなる」とでも書き加えられそうだ。ご存知のようにCMなど創価学会におんぶにだっこの毎日さん。創価学会の実績作りにアシストですか?

<公明党>「小沢シフト」鮮明に 連携への思惑も
12月29日19時52分配信 毎日新聞
鳩山政権の「党高政低」ぶりが明らかになる中、公明党が民主党の小沢一郎幹事長に秋波を送り、「小沢シフト」を鮮明にし始めた。公明党の悲願、永住外国人への地方参政権付与の実現に小沢氏の力が不可欠なのに加え、将来の民主党との連携への思惑もうかがえる。

 公明党は野党転落後、共に政権を組んだ自民党と距離を広げ、民主党ににじり寄った。先の臨時国会で審議拒否を続けた自民党と一線を引いたのが好例だ。しかし、巨大与党・民主党を相手に埋没気味の状況を打開するには至っていない。

 鳩山由紀夫首相や小沢氏の「政治とカネ」が問題化すると、公明党は支持者を意識して民主党批判にかじを切ったものの、2人への対応には差をつけている。首相の元秘書が偽装献金事件で起訴された24日、公明党の山口那津男代表は「首相の職を辞すべきだ」といち早く辞任を要求した。一方、小沢氏の公設第1秘書の初公判の際には、「徹底して事実の解明を進めてほしい」との談話を発表しただけだ。

 小沢氏への配慮はこれにとどまらない。政府が天皇陛下と中国の習近平国家副主席の会見を特例的に実現した問題では、批判を強める自民党と対照的に、「天皇の政治利用ではない」と表明し、山口代表は宮内庁長官の辞任に言及した小沢氏について「間違ってない」と擁護した。

 小沢氏は地方参政権付与法案を、次期通常国会に政府提出法案として出す考えを示している。自公政権では長らくたなざらしにされた課題だけに、小沢氏への公明党の期待は大きい。公明党幹部は「わが党には心情的に小沢さんへの抵抗感もあるが、民主党をまとめているのは結局、小沢さんだ」と漏らす。【田所柳子】


>2人(小沢と鳩山)への対応には差をつけている。
一つになっている組織を割るためには、二つに分けてギャップを作ればいいのです。片方を褒め、片方を攻めるのです。分けられた組織に温度差ができればしめたものです。後は通りすがりの第三者の顔をして「まあ、まあ、まあ」とでもいってチャンスを窺えばいいのです。このようなやり口は末端の学会員もするし、ネットでもみられる。

>「天皇の政治利用ではない」と表明し、山口代表は宮内庁長官の辞任に言及した小沢氏について「間違ってない」・・・
天皇陛下の政治利用であり、小沢は間違っている。

<公明>市川元書記長を常任顧問に 「一・一ライン」復活?
1月8日19時58分配信 毎日新聞
 公明党は8日の中央幹事会で、政界を引退していた市川雄一元書記長(74)を常任顧問とする人事を決定した。党の役職を退いた元議員が幹部に復帰するのは異例。市川氏は細川連立政権で、当時新生党代表幹事だった小沢一郎氏(現民主党幹事長)と「一・一ライン」と呼ばれる関係を築いた経緯があり、将来の連携をにらんだ民主党へのシグナルとの見方も出ている。

 今回の人事について、井上義久幹事長は記者会見で「参院選勝利に向け、OBへの働きかけや党再建にアドバイスをいただきたい。(小沢氏との関係は)まったく考えていない」と説明した。

 市川氏は03年に政界を引退し、05年に党名誉顧問も退いた。公明党は最近、永住外国人への地方参政権付与実現などをにらんで「小沢シフト」を鮮明にしている。【田所柳子】


このニュースに驚いた人も多いでしょう。私もその一人です。本当、公明党(=創価学会)というのはその場面にあったものなら、何でも使うのですね。少し前ながれたニュースでは、新生党や自由党解党時の資金22億円が小沢氏の管理団体に入ったと伝えられました。市川氏はその辺のところも詳しいのだろうか?こうなったら民主党も党顧問に矢野絢也(元公明党書記長)氏でも据えたらいいでしょう。そのうち、さるカニ合戦でもやってくれればおもしろいかもね。


<公明>「参院選後、民主党と連携検討も」山口代表
1月10日19時57分配信 毎日新聞
公明党の山口那津男代表は10日、NHKの報道番組で、次期参院選後の民主党との連携について「選挙結果に応じて対応を検討するのが国民への責任だ。国民のニーズを実現する視点で選択したい」と述べ、前向きな姿勢を示した。参院選での民主、自民両党との選挙協力に関しては「政党対政党の協力は今、考えていない」と否定する一方で、「人間関係中心」とも述べ、選挙区事情によっては民主党との協力にも含みを持たせた。【田所柳子】

もう、何が何でも政権与党でありたい公明党(=創価学会)。でないと創価学会が推し進める総体革命が頓挫しかねません。そのためには政治的スタンスなんてどうでもいいのです。

一方の民主党はどうなのでしょうか?以前のような政教一致を争点にした創価学会への追及はゼロになってしまいました。小沢民主党は政権さえ取れればそれでいいのです。国政を正そうとか、ましてや創価学会に苦しむ人々を救うつもりなど、更々なかったのですよ。


首相と小沢氏を追及へ 自民、公明が方針表明
1月18日12時24分配信 産経新聞
自民、公明両党幹部は通常国会が召集された18日午前、産経新聞・FNN(フジニュースネットワーク)などの世論調査で鳩山内閣支持率が軒並み急落したのを受けて、鳩山由紀夫首相と民主党の小沢一郎幹事長をめぐる「政治とカネ」を当面の最大テーマにして、両氏が国会の場で説明責任を果たすよう追及していく方針を改めて表明した。

パス

<公明党>予算案に早々と賛成表明 野党共闘に影響か
1月19日19時50分配信 毎日新聞
公明党の斉藤鉄夫政調会長は19日、衆院本会議の代表質問で、09年度第2次補正予算案について「早期成立を図るべきと私は考える」と述べ、早々に賛成を表明した。同党は鳩山由紀夫首相らの「政治とカネ」の問題を追及する方針だが、予算審議を巡る政府・与党への異例のエールは、自民党などとの野党共闘に影響しそうだ。

 斉藤氏は本会議に先立つ党代議士会で「私見として2次補正の早期成立を図る旨を言いたい」と表明。出席議員から「これから予算委員会で審議するのに、早期成立を言っていいのか」「野党としていかがか」と疑問の声が上がった。

 19日夕の自民、公明両党の国対委員長会談で、公明党側は「党として予算案の賛否はまったく決めていない」と釈明したが、党幹部は斉藤氏の発言を事実上容認した節もあり、両党の溝がまた露呈した格好だ。【田所柳子】


すでに公明党(=創価学会)の民主党へのヨイショは始まっているのです。

<公設秘書>兼職禁止、95人が抵触…公明党の富田議員指摘
1月25日20時10分配信 毎日新聞
25日の衆院予算委員会で、公明党の富田茂之議員は、国会議員の公設秘書の兼職が秘書給与法で禁止されているにもかかわらず、95人の衆院議員の公設秘書がこれに抵触していると指摘した。富田氏によると、内訳は民主78人、自民11人、みんなの党2人などで、公明、共産両党はゼロ。秘書は議員が許可すれば例外的に兼職を認められるが、富田氏は「民主党があまりにも多い。例外だからいいんだ、という姿勢でいいのか」と批判した。

 富田氏は参院議員の直嶋正行経済産業相を名指しし「秘書が、トヨタ労組などからの月収を合わせて年収600万円ももらっている。原則と例外が完全に逆転している」と指摘。直嶋氏は「私が秘書業務に影響はないと判断した上で許可した。極端なケースとは異なる」と釈明した。



たまには、というか、他党を批判するときは実に的確な公明党(=創価学会)。自分の党も的確に判断してほしい。

民主への配慮? 公明・山口氏の「迫力不足」
1月27日19時42分配信 産経新聞
公明党の山口那津男代表が27日の参院予算委員会で質問に立った。鳩山由紀夫首相との直接対決となったが、21日の衆院予算委で質問した自民党の谷垣禎一総裁に比べると「迫力不足」は否めず、かえって連携を視野に入れた民主党への「配慮」を印象づけた。
(中略)
 首相の偽装献金事件では、政治責任を取らない首相に「厳しい自覚が足りない。国民はあきれますよ!」と厳しい口調で攻めたが、今月2日の年始の街頭演説で「お辞めなさい」と辞任を迫ったときの勢いはなかった。民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件は全く取り上げなかった。

 公明党は、小沢氏との「一・一ライン」で活躍した市川雄一元書記長を今月8日に常任顧問として政界に復活させたほか、山口氏自身も夏の参院選では自民党との選挙協力ではなく「人物本位」で支援する考えを示しており、民主党への接近が顕著だ。

 質問を終えた山口氏は記者団に、陸山会の事件を追及しなかった理由について「時間がなかったし、捜査中のことだから」と述べた。一方、質問した米軍普天間飛行場移設問題については「首相の強い気持ちは表れていた」と一定の評価をする発言もした。


パス

外国人参政権問題 官房長官「地方の意見は関係ない」
1月27日21時32分配信 産経新聞
参院予算委員会で山口那津男・公明党代表の質問に答える平野博文・官房長官 =27日午後2時52分、国会・参院第一委員会室(酒巻俊介撮影)(写真:産経新聞)

こんなバカな意見があるのだろうか!地方参政権を与えながら、こんな言い草はないだろう。
ところで、この答弁を引き出したのは公明党(=創価学会)山口代表だという。一体どんな質問をしたのだろうか?とても気になるのですが・・・。

選挙:参院選・埼玉選挙区 公明が擁立検討 /埼玉
1月23日12時0分配信 毎日新聞
今夏の参院選埼玉選挙区(改選数3)に、公明党が公認候補の擁立を検討している。県本部幹部が明らかにした。公明党は、昨夏の衆院選の結果を受け、現職の西田実仁参院議員の当選を優先させようと、選挙区から比例にくら替えさせた。しかし、民主党が小沢一郎幹事長をめぐる「政治とカネ」の問題に揺れていることを重視し、積極的に選挙区で戦う方針に転換した。

つぎと合わせて。

公明、太田前代表の参院選比例代表の公認を取り消し
2月4日12時53分配信 産経新聞
 公明党は4日午前の中央幹事会で、夏の参院選比例代表の出馬が決まっていた太田昭宏前代表(64)の公認取り消しを正式に決めた。一方、比例代表で公認していた現職の西田実仁(まこと)氏(47)を埼玉選挙区に移し、新たに北海道議の横山信一氏(50)と元衆院議員の長沢広明氏(51)を比例代表で公認した。 

参議院選埼玉選挙区(定数3)には民主2人、自民1人、共産1人、社民1人、諸派1人の計6人が出馬を表明しているらしい。ご存知のように鳩山内閣の支持率もガタ落ちになった。それを受けて元気がでるかなと思われた自民党は、国民からの支持をえられない状況です。しらけムードのなか、公明党(=創価学会)はチャンスとばかりに作戦を変更してきました。昨年秋には、衆議院選挙の惨敗を機に「国政からの撤退か!」とまでマスコミに騒がれましたが、どうしてどうして、やる気満々ではないですか。

ところで太田さんはなぜ立候補を取り下げられたのでしょうか?元々は民主党よりの方針を採りながらも、自民党とのパイプを残そうとして候補者になった、とのマスコミの報道もありました。しかし、今の自民党の体たらくではその必要はないと、判断されたのかもしれませんね。



sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。