スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比例目標は800万票!???

くだらない公明党のニュースをザァーッとね 48

blue_ani.gif


皆さま、こんにちは。

しばらく休んでしまいました。また、再開します。お付き合いください。


民主党の連携に含み 公明・山口代表
5月12日15時33分配信 産経新聞
 公明党の山口那津男代表は12日午前の記者会見で、夏の参院選後の民主党との連携について「選挙で示された民意を受けとめながら対応を考える」と述べ、含みを持たせた。

 民主党の小沢一郎幹事長と国民新党の亀井静香代表が10日夜に参院選での与党過半数割れを想定し、野党との連携を協議したことについても、「今部分的な個別政策とか、あるいは丸ごと一括してどうするとか考えは持ち合わせていない。国民・庶民の利益の実現に資する対応を考えていく」と述べた。


「選挙で示された民意」とは何のことだろう?民主党が負ければそれは紛れも無い“民意”であり、たぶんそうなると思われる。ということは民主党とは組まないということになる。だけど、公明党(=創価学会)の大義名分なんてなんとでもなるものです。衆議院では民主党が過半数を占めている。
「いまこそ、公明党が与党になり、民主党が誤った方向にいかないように支えることが、国民が公明党に課した使命であ~る」とでも言っておけばいいのでしょう。

公明・山口代表「政倫審は公開で」 民主・小沢氏に
5月13日11時42分配信 産経新聞
 公明党の山口那津男代表は13日午前の党中央幹事会で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件をめぐり、「小沢幹事長自身が説明責任をもっと自発的に尽くすべきだ。政倫審(政治倫理審査会)で説明されるのなら、ぜひ公開の場でやっていただきたい。それが国民に対する説明責任を尽くす、もっとも現実的な手段だ」と述べた。

このニュースに対して小沢氏はあっさり、公開の場でやるといっています。その腹積もりからすれば、想定の範囲内ということなのですね。なつおくんとの呼吸もピッタリか!?しかも、残念なことに検察は2度目の起訴断念を表明しましたね。

過半数割れなら「みんな」などと連携、と渡部氏
5月15日19時18分配信 読売新聞
民主党の渡部恒三・元衆院副議長は15日のテレビ東京の番組で、夏の参院選について、「仮に過半数にならなくても、みんなの党や公明党と連携し、政権を預かる責任がある」と述べ、与党が参院での過半数を確保できなくなった場合は、みんなの党などと連携すべきだという考えを明らかにした。
 渡部氏は、鳩山首相と小沢幹事長が辞任しないまま参院選を迎える可能性が高いという見通しを示したうえで、「小沢君に辞めてくれと言う権限は鳩山君にしかない。80%の国民が(辞任を)願っており、まだささやかな期待をしている」と語り、首相が小沢氏を更迭することに期待を示した。


「困った時の公明頼み」なんてフレーズが頭をよぎる。その意味では自民も民主も同じではないでしょうか?

参院選2010:ひょうご 自民党 集票システム亀裂 /兵庫
5月18日12時20分配信 毎日新聞
◇業界団体、公明党も
 かつては政権与党として圧倒的な存在感を誇った自民党。昨年8月の衆院選で野党に転落してからは民主党政権の追及に全力を注いだが、鳩山内閣に失望した有権者の受け皿となりきれず支持率が伸び悩んでいる。今夏の参院選は兵庫選挙区(改選数2)に現職の末松信介氏(54)を擁立するが、数々の国政選挙で自民党を支えた基盤にもほころびが見え始めている。二大政党の次をうかがう「第三極」政党乱立の中、自民党は復活できるのか、正念場が迫っている。【石川貴教】
(中略)
加えて、連立与党としてタッグを組んだ公明党も、協力を明確にしていない。公明党の基礎票は県内で38万~40万票とされ、04年参院選では末松氏初当選の原動力となった。公明党県本部は比例代表に擁立する浮島智子氏(47)の当選に全力を傾けており、県本部幹部は「両党が協力した昨年の衆院選から比べて、支持者のトーンは落ちている。末松氏が浮島氏をどう応援するかによっては、支持者は他の候補者に投票するのでは」と明かす。
人口556万人の兵庫県、前回の記事で紹介した神奈川県はおよそ900万。なのに公明票の多さではそれほど差が無いようだ。いかに兵庫県で公明党(=創価学会)が強いかよくわかる。ですが、昨年の衆議院選挙では“冬柴”など選挙区は全滅でしたね。


「末松氏が浮島氏をどう応援するかによって・・・」とはまるで悪代官か悪徳商人の越後屋のようなセリフではないか!「オヌシも悪よのォ~」とでも言葉が続きそうだ。

民主と連立「今は考えてない」=比例目標は800万票―公明・山口氏
5月18日17時5分配信 時事通信
公明党の山口那津男代表は18日午後、都内で講演し、参院選後の民主党との連立の可能性について「(民主党の)政権担当能力に疑問符が付いているという認識なので、その後の連携について今は考えていない」と述べた。
 参院選比例代表の得票目標に関しては「投票率にもよるが800万票が一つの目安になる」と表明。議席獲得目標は「現有の11議席以上の獲得を目標にしたい」と述べ、改めて現有議席を死守する考えを示した。 


あれ、1000万票ではないのですか???ずい分拍子抜けする話です。えっ、ええ、ですから「今は考えていない」の「今は」という言葉に注意してください。だけど、今以上に民主党への世論の風当たりが強まり、衆議院への解散カゼが暴風のように吹き荒れれば(そうなると思うが)、いくら政権党とはいえ連立を組むことは得策ではない。なので、自民党とよりを戻し、一緒になって解散を迫った方が得策かもしれない・・・のかな?

JR不採用問題 23年ぶりに決着へ
5月18日20時14分配信 産経新聞
■国交相が鉄建機構に和解指示

 昭和62年の国鉄分割・民営化に反対した国鉄労働組合(国労)組合員がJRに不採用となった問題で、前原誠司国土交通相は独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」に、政府などが示した和解案に沿って組合員側と和解手続きに入るよう指示した。18日の記者会見で明らかにした。

 組合員側に1世帯当たり約2200万円、総額約200億円の和解金を支払うことが和解案の柱。ただし、これまでの訴訟を取り下げ、国がJRの雇用確保を保証しないことなどが条件。17日までに組合員ら原告910人のうち、904人が和解案を承諾した。

 今回の和解案は4月9日に、与党3党と公明党が国と国労側に提示した案に沿った内容。ただ、これまでの訴訟の判決で示された賠償の最高額である1人550万円をはるかに上回っており、「ゴネ得」との批判がある。


このニュースを取り上げるブログも少なかったように思えるのです。本来、筋違いと思われる公明党(=創価学会)が賛成しているので、是非とも人気ブロガーとよばれる方々に取り上げてもらいたかったのですが・・・。

しかし、2200万円ももらってどうするのでしょうかね。宝くじにでも当たったような気分ではないだろうか?訴訟費用や弁護士の報酬、はたまた組合費などといって、かなりのお金が、結局は民主党の支持団体にお金が入るのでしょう。

今、ニュースでは民主党による“事業仕分け”が盛んに取り上げられています。確かに、全ては否定できない、評価せざるえない部分もある。だけど、一つ評価をすれば、2つも3つもそれ以上に国益に反する行為ばかりするのが民主党政権なのです。この国労組合員への当せん確実な宝くじのプレゼントはそのよい例であり、こちらこそ事業仕分けされないといけないでしょう。

井上公明幹事長、民主に憲法審査会始動を要求
5月19日1時19分配信 産経新聞
公明党の井上義久幹事長は18日、国民投票法が同日施行されたにもかかわらず、民主党のサボタージュなどで衆参の憲法審査会が始動していない現状について、「憲法の議論は国の在り方を、どう考えるかという国の根幹にかかわる課題だ。その環境整備もできない民主党に、果たして政権を担える資格があるのか」と述べ、民主党の対応を批判した。

 そのうえで、「民主党が改憲派と護憲派が混在する党内事情や政局を優先し、抵抗し続けたことで、国民投票法の成立から施行までの3年間が空費されてしまった。民主党は速やかに(憲法改正をめぐる)議論に応じるべきだ」と強調した。

 衆参の憲法審査会は、国民投票法制定に伴って平成19年8月に法的には設置された。しかし、民主、共産、社民各党の抵抗で、衆参両院とも1度も開催されていない。


井上氏は、今後も現行の政権下では開かれないことを、見越して発言しているのですね。いやらしい性格ではないか。

参院選’10山形:公明・県本部、自公協力をアピール 太田前代表招き講演会 /山形
5月20日12時28分配信 毎日新聞
公明党は19日、太田昭宏党前代表を招き、山形市で時局講演会を開いた。講演会には、参院選山形選挙区(改選数1)に出馬表明している自民現職の岸宏一参院議員と加藤紘一自民党県連会長が招かれ祝辞を述べた。また、今井栄喜幹事長ら自民党県連役員も登壇して紹介されるなど、参院選で自公協力することをアピールした。
 加藤会長は、公明党比例代表で出馬表明している新人の横山信一氏について「自民党の比例代表と同じ気持ちで、自民の各市町村支部に支援を伝えていく」と述べた。さらに「自民公認の岸宏一さんにお力添えを与えてください。小沢さんの独裁政治をやめさせるため、一緒に頑張りましょう」と述べ、会場の1200人から拍手を受けた。


おおっ、大田さんではないか!まだ、公明党(=創価学会)での仕事があったのですね。民主党の支持率が下落すると出番が回ってくるのでしょうか?もう少し出番を増やしたければ、自民党の支持率が上がることを念じてご唱題することでしょう。^0^)

民主党有志、宗教法人の優遇税制を検討
5月19日22時30分配信 産経新聞
民主党の有志議員による「宗教と民主主義研究会」(会長・池田元久衆院議員)は19日、国会内で会合を開き、宗教法人税制のあり方をめぐり意見交換した。池田氏は会合で「政治と宗教は明確に分離しなければならない。現状は大変問題が多い」と強調した。研究会は公明党と支持母体の創価学会を牽制(けんせい)するねらいがあり、今後、元公明党委員長の矢野絢也氏を呼んでヒアリングすることにしている。

何が民主党有志なもんですか(怒)!昨年の衆議院選挙ではかなりの“反創価票”が民主党に流れたのではないでしょうか。次の参議院選挙でも「よろしく」ということなのでしょう。皆さま、騙されてはいけません。矢野氏を呼ぶのならヒアリングではなく、堂々と国会で参考人招致をすればいいのです。民主党は一体いままで、何度、創価学会批判を繰り返してきたのでしょうか?「P献金」だの「政教一致」だの「矢野絢也」だの・・・。それをしない民主党。偽善者の集まりにしか私には思えません。



<追記>
マスコミの批判については、今更ながらといった観が否めない。だけど本当にひどすぎると思う。そのいい例が「口蹄疫」の事件でしょう。
速度やその指摘の内容など、巨大資本のマスコミが一個人のブログに及ばないのですから、この国の病理がいかに深刻であるかがわかるだろう。ネットは信用できないとはよく言われます。確かに一理はあるだろう。だけど、だったらネットに遅れ、偏重報道を繰り返すマスコミの大罪はどうなるのだろうか?そんな風に思うのです。

先日、友人と話していて、創価学会はドイツではテロカルトとして認定されているという話を聞いた。創価学会に関心がある、ネットユーザーなら誰でも知っていそうな話だが、私は知らなかった。はずかしい限りである。

そんな「テロカルト」を象徴するような記事が、せと弘幸氏のブログ「日本よ何処へ」で「創価学会と後藤組」と題して連載されている。ご存知でない方は是非読んでほしい。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52488483.html#trackback




スポンサーサイト

GW特集!なつおくん、沖縄に現る!

くだらない公明党のニュースをザァーッとね 47

blue_ani.gif


皆さま、こんにちは。GW、真っ只中ですね。行楽などでの車の運転には、ゆとりをもって安全運転してくださいね。ではボチボチスタートです。

公明・山口代表、26日に沖縄県知事と会談へ
4月22日19時12分配信 産経新聞
公明党の山口那津男代表は22日の党中央幹事会で「沖縄の皆さんの申し入れを受け止めたい」と述べ、26日に沖縄を訪問し、仲井真弘多知事と会談することを明らかにした。米軍普天間飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題などについて意見交換する。移設問題に対する鳩山政権の姿勢に関しては「県民は戸惑っている。普天間基地の厳しい現実を自ら直視し、県民の思いを直接肌で感じる姿勢がなければ、沖縄および国民の皆さんの理解を得ることはできない」と批判した。

「沖縄の皆さんの申し入れを受け止めたい」といいながら、9万人が参加したとされる県民集会には顔を出さなかった。その翌日に、図ったように沖縄を訪れた山口代表。この日の記者会見は公明党のホームページで見ることができるので、ヒマな人は眺めてほしい。

http://www.komei.or.jp/ (←クィック)

公明党(=創価学会)は「第三極」であることを強調している。最近の新党ブームをリードしたい気持ちがみえみえだ。ところがこの会見をみてもらえれば分かるのですが、この「普天間基地移設」については、党としての見解をださないのだという。従来の自公政権時代の移設案も帳消しにするような発言もすれば、民主党案にも否定的だ。「では、あんたらはどうなんだ!」といわれ、「答えられない」では第3極もへったくれもないだろう。

鳩山首相の来県期待=仲井真沖縄知事
4月26日20時40分配信 時事通信
沖縄県の仲井真弘多知事は26日、沖縄県庁で公明党の山口那津男代表と会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題について、山口氏が「鳩山由紀夫首相が沖縄を訪問して実情を直視し、対話しながら気持ちを受け止めるべきだ」と指摘したのに対し、仲井真知事は「それを望む」と述べた。 

いやもう、ひとつ上の記事で、てっきり山口くんは今までのキャンプシュワブ移設案を覆し、普天間基地の県外移設を支持するものと、私は予想していました。その了解が金万個(キンバンコ)大先生から得られているのではないかと思っていたのですが・・・。参議院選挙を控え、地域住民の世論に迎合するのかと。とまぁ~、この辺は素人である私の限界ですね。

ところで、私は素朴に思うのですが、創価学会では組織の衰退とは裏腹に、会館の建設が続いている。“箱モノ”がやたらと好きなのは自民党の議員ばかりかと思いきや、どうしてどうして、創価学会の幹部の方々も負けないくらいお好きなようです。公明党(=創価学会)がキャンプシュワブへの移設にこだわるのは、日米関係への配慮や、防衛上の観点からではなく、何か別の“絡み”があるのではないか!そんな風に勘ぐってしまうのです。

思えば、昨年秋から行った「なつおくんの全国行脚の旅」では、住民の意見を尊重するとだけ繰り返し、同情するフリをしてきた。その上、住民感情が一番高まっている沖縄には行かなかった。今になって行ったと思いきや、このスタンスではねぇ~。「やっぱり そうか」としか言いようが無い。


鉄道DVD販売で著作権侵害 ダイソーに300万円命令
2010年4月21日(水)23:46 アサヒコム
100円ショップ最大手「ダイソー」を経営する「大創産業」(本社・広島)が販売した世界各地の鉄道を収めたDVDをめぐり、トラベルライターの白川淳さんが無断で映像を使われたとして4950万円の損害賠償などを同社に求めた訴訟で、東京地裁(清水節裁判長)は21日、原告側の請求を一部認め、同社に約300万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 問題となったのは、2007年10月ごろから08年2月までにダイソーで販売された「SL世界の車窓」(315円、約45分)。

 判決はこの商品について、大半が白川さんが02年ごろから撮影した鉄道の動画を編集して無断で作成・販売されたもので、著作者の表示もなく、著作権を侵害したと認めた。そのうえで、同種の商品に照らし、このDVD1枚の価値を4千円相当、著作権料はその8%と見積もり、売上本数約6500枚を掛けた金額に慰謝料などを加えた額が白川さんの被った損害額とした。


断っておきますが、このニュースは創価学会とはなんの共通点もありません。・・・ただ、あまりにも“くだらない”という共通点で取り上げてみました。だた、それだけのことです。ハイ、ナンミョウ、ナンミョウ!

民主・石井一選対委員長「公明と手組まない」
4月22日7時56分配信 産経新聞
 民主党の「宗教と民主主義研究会」(池田元久会長)は21日、国会内で会合を開き、文化庁から宗教法人制度についてヒアリングを行った。今後、国税庁から宗教法人に対する税制について聞くほか、公明党の支持母体の創価学会に対する税務調査について「国税当局と折衝した」と証言している矢野絢也元公明党委員長を招くことを決めた。会合後、同会顧問の石井一選対委員長は産経新聞の取材に対し、「民主党が公明党と手を組むことはない。そんなことになれば会のメンバーは離党を辞さないほどの覚悟を持っている」と強調した。

私はかなり前から、石井一氏を応援する気は、さらさらありません。たとえ石井氏が本気であったと仮定しても、今となって、このようなニュースは次の参議院選挙後(ひょっとすると参議院選前から)、公明党(=創価学会)に頼ろうとする民主党の、今までの公明党(=創価学会)に対する表向きの姿勢を強調しながら、その実、正反対のことをしようとするまやかしに過ぎないと映るからです。民主党の姿勢はもう分かっているはず。だとしたら、石井氏は選挙前に党を離脱すべきでしょう。

「小沢氏国会招致」迫る野党 参院選へ攻勢の構え
4月28日7時56分配信 産経新聞
検察審査会が小沢一郎民主党幹事長を「起訴相当」と議決したことを受け、野党各党は小沢氏の国会招致を強く迫る方針だ。鳩山政権の「政治とカネ」の問題を追及することでダメージを与え、夏の参院選に弾みをつけたい思惑もある。ただ、小沢氏は参院選後の野党側との連携もにらんだ動きをみせてきただけに、小沢氏の動向は各党の戦略にも影響を与えそうだ。
(中略)
公明党は2月下旬に支持母体、創価学会の最高幹部が小沢氏と会談するなど、民主党に接近する動きをみせてきた。ただ、急旋回に支持者から「カネの問題を抱える小沢氏と接近するのはおかしい」などと反発が強まり、慎重姿勢に転じているところであり、「小沢離れ」を加速させそうだ。


まるで“猫の目”のように変わる公明党(=創価学会)の戦略。このまま、くるくる回り続けて、ひっくり返らないか・・・こころの上っツラから心配しています。


新党名乗りで激戦の今夏参院選、民主2議席維持が焦点/神奈川選挙区
4月30日16時0分配信 カナロコ
第22回参院選が7月に行われる。民主党が参院でも単独過半数を獲得できるかが最大の焦点で、神奈川選挙区では改選数3に対し、すでに7人(うち現職3人)が名乗りを上げた。民主党が2議席を維持できるかが注目。「政治とカネ」などの問題をめぐり、内閣支持率が低迷の一途で、相次いで誕生した新党も候補擁立作業を進めており、激戦に拍車が掛かるのは必至だ。

 そのような中、公明党は擁立を見送る方針。先の総選挙で獲得した約47万票の行方に注目が集まる。


調べてみると、神奈川県の有権者数はおよそ727万人。投票率を仮に60%とすれば、投票数は 436万票。そのうち学会員票が47万票だから、学会票は10%強という構成比になる。これを接戦が予想される選挙で、各候補者にチラつかせれば、そりゃ~、高い理念を持った新党といえどもイチコロとなるわなぁ~。更に投票率が下がったりすれば、創価学会は益々、勢いづくでしょう。本当は選挙区で候補者を立てない地域ほど、学会票に注目しないといけないのかもね。


公明マニフェスト 社会保障は再検討 国会歳費3割減
4月29日7時57分配信 産経新聞
 公明党の今夏の参院選マニフェスト(政権公約)の素案が28日、明らかになった。国会議員の歳費3割減や、社会保障制度を抜本的に再検討する「社会保障再構築会議」(仮称)の設置を打ち出す。

 素案によれば、公約の重点政策は(1)社会保障制度を再構築する「新しい福祉」の確立(2)政治改革(3)景気・経済の活性化と雇用創出-の3項目。政治改革では「公僕」である国会議員や公務員の在り方が問われるべきだとして、国会議員歳費の3割削減を明記。企業・団体献金の全面禁止や公務員の天下り全面禁止も盛り込んだ。

 社会保障制度では、単身世帯や非正規雇用者の増加など社会の変化を踏まえ、医療、介護、年金制度を見直す「社会保障再構築会議」の設置を提唱。自殺や孤独死を防ぐ「ライフセーフティー・アドバイザー」(仮称)の新設も加えた。

 社会保障財源は「消費税を含む税制の抜本的改革を行う」として、消費税率の引き上げに言及。消費税の使途は社会保障に限定する。格差是正のため税額控除と低所得者への給付金を組み合わせる「給付付き税額控除」の実施や、所得税の最高税率も引き上げる。


まだ、素案の段階なのだそうです。なになに、>自殺や孤独死を防ぐ「ライフセーフティー・アドバイザー」(仮称)の新設 だとぉー。冗談もほどほどにしてほしい。それを言う前に、うつで苦しむ学会員をなんとかしたらどうだろうか。それにしてもこの公明党(=創価学会)は「再構築」とか「新しい」とか、そんな言葉がお好きなようだ。ついこの間まで政権与党であったのはどこの党だったでしょうか!?


sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。