スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ開設4周年です!

くだらない公明党のニュースをザァーッとね 56

皆さま、こんにちは。
長い間、休んでしまいました。このブログも9月28日で4周年を迎えました。まだまだ、書きたいことはあります。もう少しやる気を出さないといけませんね。

それにしてもこの夏、いろいろなことがありました。うんざりする暑さに、これまたうんざりするくらいマスゴミを独占した民主党の代表選挙が終わり、小沢が失脚。一難去ったと思えば、今度は検察によるFDデーターの改ざん、中国の漁船による領海侵犯、その後の中国の恫喝と民主党の弱腰外交。こうした事象はブログ「博士の独り言」など右派的とされるブログが、前々から近未来的に起こりうるとされたことばかりです。日中の関係はこれからが正念場となるでしょう。

また、創価学会もこれらの流れを構成する要員・要因の一つとなっています。何度もいいますが、創価学会に悩む人は、あまり教義にこだわらず、広い視野でそれぞれの関連を感じていただきたいものです。

日本語能力テストを中止へ=採算合わず、来年度から―漢検協会
8月18日18時55分配信 時事通信
日本漢字能力検定協会(京都市)が運営する「BJTビジネス日本語能力テスト」が2011年度から採算が合わないことを理由に中止されることが18日、分かった。協会ホームページで2日付で発表していた。今年11月の試験は行われる。
 協会によると、09年に日本貿易振興機構(ジェトロ)から3億3600万円で、同テストの事業全般を取得し実施してきたが、赤字のため日本漢字能力検定の検定料収入で穴埋めしている状況という。
 元理事長らの背任事件を受け、今年4月に池坊保子公明党衆院議員が理事長に就任後に見直した結果、同月の理事会で中止が決まった。
 池坊理事長は取材に対し、「元理事長がジェトロから買い取ったが、現状を把握していなかったので、昨年も約1億2000万円の赤字が出た。一時中止し、中国や日本の企業など現場がどんなことを望んでいるのかをしっかりと把握して再開を検討したい」としている。 


この池坊保子氏はウィキによれば、創価学会員ではない公明党衆議院議員のひとりという(もう一人は草川昭三参議院議員で衆参にひとりずつとなる)。なんでも池坊氏は皇族と血筋があるそうだ。詳しくはウィキを参照してほしい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E5%9D%8A%E4%BF%9D%E5%AD%90
このような高貴な方が公明党議員とはがっかりします。公明党(=創価学会)にすれば「うちは100%創価学会ではありませんよ」となるのでしょう。

<公明党>社会保障政策のための検討会設置 年内提言へ
8月19日18時15分配信 毎日新聞
公明党は19日の中央幹事会で、党の社会保障政策を具体化する「社会保障トータルビジョン検討会」の設置を決めた。坂口力元厚生労働相が座長を務める。雇用、住宅、貧困・格差対策を含む幅広い社会保障のあり方や、税と社会保険料の一体的改革などを議論し、年内に提言をまとめる。

今年の春、健康上の理由で引退を表明した坂口のじいさんが、復帰後すぐに座長を務めるのだそうだ。本当に健康上の理由があったのか?疑わしくはないかい!

女性の現状を解説 山形で「平和の文化と女性展」開幕
河北新報 9月24日(金)6時12分配信
世界平和や女性の果たすべき役割などを考える「平和の文化と女性展」(創価学会女性平和委員会・女性平和文化会議など主催)が23日、山形市の山形ビッグウイングで始まった。
 2002年から行われている巡回展示の一環。国連が推進する「平和の文化」や、女性をめぐる貧困や暴力の現状などをパネルや写真で解説している。民族衣装や楽器、おもちゃなど文化の多様性も紹介されている。
 27日まで。午前10時~午後8時(27日は午後5時まで)。入場無料。


同じニュースでも毎日の方はユニセフ、日本ユニセフ協会など後援とある。ユニセフも落ちたものです。アグネスの件もあるしね。それにしても「女性の現状」なのだという。その前に婦人部学会員の現状でも紹介した方が社会的に意義があるのでは?

創価学会の催し物として一つの特徴は開催期間が短いことだろう。パッとやってサッと上がる、そしてこのブログでザァーッと流れるということです。あまり深く考えてほしくな
いのかな?

公明・山口代表「政治主導実現に懸念」 菅改造内閣
産経新聞 9月17日(金)21時7分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100917-00000624-san-pol
 公明党の山口那津男代表は17日午後、菅改造内閣の顔ぶれについて「小沢一郎元幹事長のグループに配慮した人事にはなりきれていない感じがする」と述べ、「脱小沢」路線をにじませた人事だったと分析した。
 その上で、菅政権の見通しに関し「小沢氏は民主党の両院議員総会に姿を見せなかったというので、小沢氏の側も挙党一致を評しているとはいえない」と語った。


世論も公明党(=創価学会)も当初は小沢が勝つと思っていたことでしょう。公明党(=創価学会)にとって、小沢の敗北は大きな痛手となったでしょう。

各党、真相究明を要求=外部調査求める声も―検事逮捕
時事通信 9月22日(水)0時12分配信 
厚生労働省の偽証明書発行事件で、捜査した大阪地検特捜部主任検事の前田恒彦容疑者が押収した文書データを改ざんした証拠隠滅容疑で逮捕されたことについて、与野党から21日夜、真相の徹底解明などを求める声が一斉に上がった。
 民主党の参院幹部は取材に対し「無実の人を故意に犯罪者に仕立て上げようとしたことは大変な問題だ。取り調べの可視化への動きが出るのは当然だ」と強調。閣僚経験者の1人は、事実関係の解明に向け「最高検でなく、警察が捜査しないといけない」と述べた。国民新党幹部は「検察の責任は重い」と断じた。
 自民党の小坂憲次参院幹事長は、取材に対し「司法に対する国民の信頼を大きく裏切るもので許し難い。徹底した捜査で原因究明し、国民の信頼回復に努めてもらいたい」と述べ、同党の加藤紘一元幹事長は「ショッキングでどうにもならないほど影響の大きな事件ではないか」と記者団に語った。
 公明党の山口那津男代表も「極めて遺憾だ。検察の信用失墜は著しい。主任検事単独の犯行なのか組織的な犯罪なのか、真相解明が待たれる」と強調。一方、社民党の福島瑞穂党首は「検察では全容が明らかにならない」と指摘し、第三者機関が真相究明に当たるべきだとの考えを示した。


地に落ちた検察。その腐敗の原因の一つは、私は創価学会であると思っています。

政府の特命チームに公明党議員が参加
産経新聞 9月22日(水)23時27分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100922-00000617-san-pol
13日に首相官邸で開かれた政府の特命チームの初会合に、野党・公明党の江田康幸衆院議員がオブザーバーとして参加していたことが22日、明らかになった。政府会合に野党議員が参加するのは異例で、民主党側に、公明党との連携につなげたい狙いがあるとの見方が広がっている。

 特命チームは「成人T細胞白血病ウイルス(HTLVー1)」対策を検討する組織。江田氏はウイルス研究の専門家で、仙谷由人官房長官は22日の記者会見で事実関係を認めたが、部分連合との関係については否定した。

 公明党の山口那津男代表は記者会見で、江田氏の参加について「アドバイザーとして問題解決に寄与することは人道的な立場から必要」と説明。同時に「一般的に政府との関係で、わが党から関与する先例ではない」と述べている。


創価学会もさることながら、この仙石さんも中々カルトチックな方ですね。

山口公明代表 無投票で再選
産経新聞 9月25日(土)7時56分配信
任期満了に伴う公明党代表選が24日告示されたが、現職の山口那津男(なつお)代表(58)以外に立候補の届け出がなく、山口氏の無投票再選が決まった。山口氏は井上義久幹事長(63)、漆原(うるしばら)良夫国対委員長(65)ら主要幹部を再任する方針。新執行部は10月2日の党大会で承認される。代表任期は平成24年の次期党大会までの2年間。
 山口氏は昨年9月、衆院選敗北の責任を取って辞任した太田昭宏前代表の任期を引き継いで就任した。


一度でもいいから、形だけでも選挙をしたらどうだろうか?その方が開かれた組織として印象付けられるのに。と、外部の私も心配してしまう。しかし、やはりそれはできないのでしょうね。組織内での選挙とはいえ、対立構造を作ることは、組織内でくすぶるガスに引火しかねないということなのでしょうか?北朝鮮に似ていますね。

「極めて愚か」「外交的敗北」=自民など一斉批判、公明は評価―中国人船長釈放
時事通信 9月24日(金)16時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100924-00000079-jij-pol
尖閣諸島沖での海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件をめぐり、那覇地検が中国人船長の処分保留での釈放を決めたことについて、自民党など野党は24日、政府の対応を一斉に批判した。
 自民党の安倍晋三元首相は衆院議員会館で記者団に「極めて愚かな判断だ。領海侵犯であることは明々白々で、中国の圧力に政治が屈した」と厳しく批判。石破茂政調会長は「菅直人首相と前原誠司外相が(訪米で)不在だ。いかなる判断に基づいて決めたのか国民に説明する義務がある」と述べた。
 みんなの党の渡辺喜美代表も記者会見で「明白な外交的敗北で開いた口がふさがらない。菅内閣の弱腰外交を糾弾していかなければならない」と断じた。たちあがれ日本の平沼赳夫代表は「中国の領有権を認めたことになりかねない」と懸念を示し、共産党の志位和夫委員長は「国民に納得のいく説明を強く求める」との談話を発表した。
 一方、公明党の山口那津男代表は会見で「日中関係をこじらせることは誰も望んでいない。法的な主張をぶつけ合うよりも、政治的な解決をしていくべき場面に転じた」と評価した。 


このなつおくんの発言が波紋を呼ぶことに・・・

チグハグ公明 山口代表の政府擁護発言 幹部ら修正に躍起 尖閣問題
産経新聞 9月26日(日)20時12分配信
沖縄・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件で中国人船長が釈放された問題で、公明党のチグハグな対応が際立っている。

 24日の船長釈放直後、山口那津男代表は記者会見で「法的な主張をぶつけあうよりも政治的な解決をしていくべき場面だ」と政府の対応を評価した。

 ところが、高木陽介公明党幹事長代理は25日に「日本は法治国家でなくなった。国家として当たり前のことを放棄した」と政府の対応を批判。井上義久幹事長も26日のNHK番組で「悪い先例を残した。『日本は圧力を加えれば屈する』という誤ったイメージを与えた」と語った。

 山口氏の発言を否定する発言が相次ぐ理由について、ある公明幹部は「山口氏の記者会見では真意が伝わらなかったからだ」と釈明するが、世論の反発を受け、軌道修正したのが実情のようだ。ただ、山口氏はかねて「民主党寄り」とみられており、「思わぬところでホンネが出た」(自民中堅)との声もある。


>山口氏はかねて「民主党寄り」とみられており
これはびっくり!本当ですかぁ?いや、だから、あのレッドカードは、実はお友達カードだといってきたのです。それにしても公明党(=創価学会)のいう「是々非々路線」とは政策に対してではなく、世論に対してだということがよく分かる。そうして裏で進めるのが総体革命(=池田大作戦)というわけです。

首相、池田大作氏ゆかりの美術館で絵画鑑賞 憶測さまざま
産経新聞 9月26日(日)23時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100926-00000573-san-pol
中国漁船衝突事件で日中関係が緊迫する中、菅直人首相は26日、創価学会の池田大作名誉会長が設立した東京富士美術館(東京都八王子市)で特別展「ポーランドの至宝レンブラントと珠玉の王室コレクション」を1時間余り鑑賞した。

 創価学会幹部によると、美術館訪問は首相官邸側から急に要請があったという。首相は池田氏とポーランドのワレサ元大統領が握手する写真の前で立ち止まり、館員の説明を熱心に拝聴。貴賓室には2度入り、計20分間過ごした。

 首相周辺は「学会幹部とは会っていない」と説明するが、首相はかつて政教分離問題で公明党を激しく攻撃した過去を持つ。衆参ねじれにより、臨時国会では公明党の協力が不可欠なだこともあり、さまざまな憶測を呼びそうだ。


いやだから、菅さんというのはこの程度の人であると何度もいってきました。そう遠くない過去に、矢野絢也氏を招いて勉強会を開いたのはどこのだれだったでしょうか?まあ、自民党も小泉さん、安倍さんと池田大作大先生に「如是我聞」を受けてきたのですけどね。

この菅総理の美術館詣は、事実上、池田大作への如是我聞の受け入れ表明とみていいでしょう。中国に平伏し、創価学会にも平伏す菅民死党。さっさと退陣してほしいものです。


スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。