スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「次世代の党」を応援しよう!

次世代の田母神氏、公明・太田氏と激突 東京12区に出馬へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141128-00000541-san-pol
産経新聞 11月28日(金)15時16分配信
tabo

次世代の党は28日、次期衆院選で、元航空幕僚長で太陽の党代表幹事の田母神(たもがみ)俊雄氏(66)を公認し、東京12区で擁立する方針を固めた。田母神氏は今年2月の東京都知事選に挑み、60万票以上を獲得した。

 東京12区は公明党の太田昭宏国土交通相が出馬する。田母神氏は産経新聞の取材に「軍隊を創設しなければ国家は自立できないが公明党は反対している。自民、公明両党を分離させ、実現への道を開きたい」と述べた。

 太陽の党で活動を共にしてきた西村真悟衆院議員は次世代の党に移り、公明党の北側一雄副代表が出馬を予定する大阪16区で立候補する予定だ。 

 田母神氏は防衛大学校卒業後、航空自衛隊に入隊し、第6航空団司令、航空総隊司令官などを歴任。平成20年に先の大戦をめぐり政府見解と異なる内容を含む論文を公表し、空幕長を更迭された。


これはもう“次世代の党”を応援するしかありませんね。 「民主党」のようにデタラメな党ではありません。 「維新」とも別れて本当にスッキリした!

選挙区でも比例区でも“次世代の党”を応援しよう!!!


<選挙報道>民放労連が抗議声明 自民党の公平中立要請に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141128-00000044-mai-soci
毎日新聞 11月28日(金)17時59分配信

自民党がNHKや在京民放テレビ局に選挙報道の公平中立などを求める要望書を渡していた問題で、日本民間放送労働組合連合会(赤塚オホロ委員長)は28日、抗議声明を発表した。

 声明では「政権政党が、報道番組の具体的な表現手法にまで立ち入って事細かに要請することは前代未聞であり、許し難い蛮行と言わざるを得ない」として報道への介入を厳しく批判している。


自民党は「公平中立に」といっているだけではないか!日ごろから民主党よりの報道ばかりしておいてそれはないだろう。

ところで、ニュース番組などで、ある程度の温度差はあるにしても、どのテレビ局も似たりよったりの報道内容になるのはどうしてだろうと、普段から思っている。報道範囲、つっこみの深さ、タブーとされる聖域の設定などなど、現場の記者どうし、あるいはこのような民放労連などによる仲立ちがあるのではないか?などと想像してしまう。

このような労連などが反日的思想から伸びるパイプから、韓国・中国との接触し、さらに利権と絡めて、印象操作しているとすれば、こんにちのマスコミのて腐敗した有り様もわかるのですが。
スポンサーサイト

期待外れの「維新の党」

公明への対抗馬、擁立せず=大阪・兵庫の6選挙区―維新【14衆院選】

時事通信 11月24日(月)19時9分配信

維新の党の松井一郎幹事長は24日、衆院選で公明党前職が立候補を予定する大阪府と兵庫県の六つの小選挙区について、維新の候補者を擁立しない方針を明らかにした。大阪府岸和田市での街頭集会後、「(擁立は)やめておく」と記者団に述べた。
 6選挙区の内訳は、大阪の3区、5区、6区、16区と兵庫の2区、8区。松井氏は理由について、「自分たちが先頭に立たないのに、厳しいところに誰かを送り込むというのは、ややこしい」と説明した。松井氏と橋下徹共同代表は、ともに衆院選への出馬を見送ることを決めている。 
 橋下氏はこれまで、大阪都構想をめぐる対立から、公明党候補がいる大阪と兵庫の6選挙区に維新候補を立てる構えを示していた。


私はかつて「維新の党」への支持を呼び掛けていました。今はアホらしい気持ちで一杯です。2年ほど前、民主党から鞍替えしてきた、パチンコ協会アドバイザーに名を連ねる 松野頼久・ 小沢鋭仁 を受け入れた時点で終わったなぁ、と実感しました。そしてそのとおりとなりました。今回のみならず、その次も橋下氏は公明党と争うことはないでしょう。


とりあえず

いろいろということもありません。

それでも読んでくださる方にはお礼を申し上げます。どうもすいません。そしてありがとうございます。

コメントを頂いた方には申し有りませんが、時が流れすぎましたので、返答を差し控えさせていただきます。ご容赦ください。

尚、創価学会についてのご相談については、このブログではなく、より多くの人が集まるブログでなされることをお願いいたします。その方がより良い意見が聞けると思うからです。このブログでは対応できません。



創価関連のブログについてもいろいろと、移り変わりがあるようです。ですが、例え、著者が代わろうとも、それに共感する

人は増え続けることでしょう。


sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。