スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動き出すか!?朝木東村山市議怪死事件

このブログでも取り上げてきた「朝木東村山市議怪死事件」について、ネット上で話題となっているようです。

ことの発端は、ブログせと弘幸「日本よ何処へ」の せと弘幸氏(維新政党・新風副代表)らが、先月下旬に八王子市において行われた、街頭演説ですが、その一部をめぐって、注目を集めているようです。

そのことについて せと氏はブログで連載されているわけですが、記事の内容もさることながら、なにはともあれ、動画をみてほしい。

せと弘幸氏 朝木明代元市議 不審死事件を訴える
せと氏によれば現職の警察官から告白を受け、犯人は3名で、特定されているという。とても興味深いが、真相が明らかにされるには、まだまだ時間がかかりそうですね。

桜井誠氏 朝木明代元市議 不審死事件を訴える
「出て来い創価学会員」と一喝する桜井誠氏、とてもスカッとします。

そんな注目を集める せと弘幸氏がシンポジウムを開催する。そこには亡くなられた朝木明代氏の盟友である矢野穂積氏と長女の朝木直子氏(二人とも東村山市議会議員)が参加されるようだ。せと氏とは相容れないように思える二人だが、こうした事実のみを解明する取り組みに思想の違いは関係ないだろう。近くの方は参加されてはどうでしょうか。

☆お知らせ
「政治と宗教を考える」シンポジウムの開催
日時:8月24日(日曜日)午後1時半
会場:文京区民センター 2A会議室
都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅 徒歩1分
東京メトロ丸の内線 後楽園駅 徒歩3分
JR水道橋駅 徒歩7分
入場料:千円
主催 せと弘幸blog「日本よ何処へ」 
共催 『主権回復を目指す会』『在日特権を許さない市民の会』
せと弘幸編】朝木明代元市議・不審死事件を訴える!



追記
よくネット上で、「創価学会は再生できるだろうか?」といった議論がなされていますよね。でも、考えてみてほしいのは、創価学会が今まで行ってきた悪事が、どれだけものかということです。世間の明るみに出た悪事はもちろん、家庭を壊し、友人を無くさせ、精神病になるほど人を追い詰め、多額の財務をさせる。創価学会の総資産は10兆円という。

あり得ないことですが、仮に創価学会がその非をすべて認めたとしても、いままで被害を被った人は誰が救済してくれるのでしょうか。創価学会の社会に残した害悪は、とても取り返しのできないものといえます。「それでも創価学会のすべてが悪いわけではない」という人がいるとすれば、それは「詐欺商法のすべてが悪いわけではない」と言っているのと同じではないでしょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんだか涼しくなっちゃいましたね^^
ご無沙汰です。お元気でしょうか?

瀬戸弘幸さんのブログ、非常に面白いですね!!
「本気で創価学会をつぶそうとしている」

ガンバッテ~(>▽<)/

No title

こんにちは、ほんとに凡夫さん。

今、この時点で、その時のシンポジュウムの様子が動画で紹介されています。

是非、多くの方に見ていただきたいものです。

東村山市は、いわば創価学会が、日本中で勢力を伸ばしたときの縮図のように思います。

私は今、その動画を全て見ましたが、一番のショックは、東村山市議会で、対創価学会に対して、金玉を握られている自民党はもとより、リベラリズムを謳いながら、この問題を無視する“社民党”“共産党”に対して腹が立って仕方ありません。

No title

今見てます。

ひどすぎる実態・・怖い・・

>リベラリズムを謳いながら、この問題を無視する“社民党”“共産党”

所詮、政治は「妥協」とでも言うつもりですかね。
彼らもそうですが、日本国民は公明党創価学会を放置し過ぎたようです・・・

No title

今、見終わりました。

訂正します。コオロギ丸さんの仰ること、ごもっともです。

No title

>今、見終わりました。
ご苦労様でした。全部で2時間半とのことです。

東村山市の議会の構図は 市民派対組織政党 といったところでしょうか。

次の選挙では自民党に反省してほしいと思い、民主党に入れるつもりでしたが、「維新政党 新風」にいれようと思います。

国会に左翼がいるのなら、右翼がいてもいいのではないか、と思います。

動画を見ました。創価学会が誹謗中傷だと言っている事実が真逆であるという事なんですね。

数日前までポイントサイトのyahoo検索で、「東村山市議殺人事件」と入力して検索が出来たのですが、今は検索しても0件になってます。知られては困るとかそういうことなのでしょうか・・?!

こんにちは、はじめましてtera21さん。

>事実が真逆であるという事なんですね。

その通りです。特に学会員で活動に疑問を持ち始めた人には、創価学会のやり方を理解いい機会になると思います。やれ「宗教弾圧」だの「差別」だのとほざいていますが、「弾圧」や「差別」は創価学会の最も得意とするところではないでしょうか。

>今は検索しても0件になってます。

あれ、私もやってみましたが、そのようなことはありませんでしたよ。きっと入力ミスではないでしょうか。

でも、「東村山市議殺人事件」とか例えば「矢野穂積」とか入力すると、必ず、学会取り巻きライターのサイトがありますね。そのどれもが高いヒット数があるようです。人気というより組織がかり、といったものを感じてしまいます。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

上の方へ

お便りありがとうございます。

貴方のご意見、御もっともです。
貴方の体調がゆっくりよくなりますように、お祈り致します。
sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。