スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「福田総理突然の辞任」を思う

皆さま、こんにちは。

福田総理が突然辞任しましたね。すでに、いろいろなブログで取り扱われています。

私は前の記事で、「福田さん、早くやめたらいいでしょう。こればかりは公明党(=創価学会)と意見が一致するコオロギ丸でした」などと書きましたが、それにしても、さすがに驚いてしまいました。

私もその記者会見を見ていましたが、福田総理から出てくる言葉は、議会における民主党の悪口ばかりでした。しかし、それだけが福田さんの真意だったのでしょうか。民主党を批判するのが、与党の代表である福田さんの責務であるとは思うのです。しかし、それは今に始まったことではないですし、福田さんが総理になったときには、すでに“ねじれ国会”の状態にあったのです。

で、何が言いたいのかといえば、そうです、これは内部(自公与党)に対しての、最初で最期の福田流パォーマンスではなかったかと。民主党に対しての“あてつけ”はあったとしても、その矛先は、明らかに公明党(=創価学会)と幹事長に返り咲いて、公明党(=創価学会)から喜ばれた麻生氏、そして、それを“よし”とする森前総理ら体制容認派の自民党議員たちに対してではなかったかと。つまり、福田さんが、「私抜きで、次にことを進めるのなら、どうぞお好きなようにしてください。私は引き下がらせて頂きますから」と怒ってしまったのでしょう。

この福田さんのパフォーマンスを「男の意地」と評価するブログもあるようです。私は福田さんにそれ程の甲斐性があったとは思えませんが、結果的にそう見えるように辞めたことは、とりえず評価できるのではないでしょうか。

テレビなどを見ていると、早くも今後の国会の行方が取沙汰されているようですが、本当にどうなるのでしょうね。

私は麻生氏が再び幹事長に返り咲いたとき、「エド・はるみ」のモノマネまでして、こおどりした太田公明党代表及び公明党(=創価学会)には、福田さんで年末までいき、どうにもならなくなった段階で麻生氏に代わってもらい、その直後に解散、という筋書きがあったのではないか、と思えてなりません。

そんな計算違いから、今後の公明党(=創価学会政治部)は、どのように対応するのでしょうか?テレビでは大田代表や高木陽介選対委員長が、「公明党の働きかけではないか」とか「思惑どおりではないか」との記者の質問に、こわばった顔をして否定していましたが、その表情そのものが真実ではないでしょうか。公明党(=創価学会)が悪役(実際に悪なのですが)に立たされてしまったのは、誤算だったでしょう。

そんなこんなで困ったのは、公明党よりその母体の創価学会ではないでしょうか。何しろ現場の啓蒙を急がなくてはなりません。解散の時期は早まりそうです。選挙に間に合わなかったら大変です。かといって、麻生さんにしばらくやってもらった後に解散すれば、船出したばかりの内閣に傷をつけかねない。そして、それよりも、今度の仏敵は誰にしようか、学会員は仏敵がいないと“火”がつかない体質になっている。民主党はまずい、将来の連立候補だ。共産党ではインパクトがない。日顕さん?選挙では使えない!矢野元委員長?国会でバラされてはまずい、う~ん、どうしよう・・・ということにはならないでしょうかね???

それにしても、情けないのは自民党ですよね。公明党(=創価学会)と連立を組んで以来、自民党はダメになるばかりです。今回のことで目が覚めないのなら、更に多くの支持者を失うのではないでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。