スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げ場のない創価学会環境に苦しむ方へ 4

blue_ani.gif


皆さま、こんにちは。

大げさなタイトルをつけたこのシリーズも今回で終わりです。もうしばらく我慢してください。

今まで、学会員の囲い込み的な攻撃には、とにかく外へ外へ出ることをお勧めしてきました。その場面が職場であれ、近所のことであれ、同じではないでしょうか。要は学会員が及ばない外へ出ておいて、戻っては、学会員に外での話しをチラつかせ、そして知りたがる学会員を尻目に、具体的なことは絶対に明かさないことです。そんな話をするときは、少し楽しそうに話をするのがいいでしょう。

さて、相手を閉鎖的な心理状態にさせて、人を陥らせようとする活動家学会員たち。または、深く考えることもせず、そうした活動家学会員と一緒になって行動するサポーター的学会員たち。程度の差はあれ、無理に信じたものを、更に人に押し付けようとするからには、それなりにどうしても無理があるものなのです。その姿をどう表現したらいいでしょうか?無理やり作った笑顔を引きつらせながら押し込みを計る顔、力んだジェスチャーを交えながらカカトが浮き上がらせたようす、更には、ふてぶてしい笑顔をしながら目で凄んでみせる脅しともいえる顔。

いずれにしても、働きかける学会員はカカトが浮いた状態ともいえそうです。なので、もし反撃するなら、一対一の場面を作った上で、学会員の足元を狙えばいいでしょう。とはいえ、学会員の足を蹴っ飛ばすわけではありません。それは学会員自身のことに話を向けるということです。

「では、あなたはどうなのだと」「そんなに立派な宗教なのに、あなたはちっとも幸せそうに見えないではないか」「あなたは毎日、学会活動をしているらしいが、お子様はいつも汚れた服を着ている」とか。他にもいろいろとあると思います。更に学会員のプライベートなことでも知っていればより効果的です。

ところで、創価学会員にも苦手なことや嫌がることってあると思いますか?あるとすれば何でしょうか?私は職場と家庭で長らく学会員と付き合ってきました。その経験から、その答えはハッキリしています。学会員は日頃、自分達が非学会員にしていることを逆にさせることは、とても我慢ができない人たちであるということです。囲い込むこともそうです。まして、プライベートなことを日頃、仲間内で共有しながら、自らのことをそうされることには我慢できない方々なのです。なんとも勝手な人たちです。私も試したことがありますが、そうされた時の学会員の驚きの顔はいまでも印象に残っています。

最期に、このシリーズもこれで終わります。これまで書いてきたことは、この記事のタイトルのとおり、逃げ場のない情況の方に申してきました。ですから、そうした情況でもないのに、自分の鬱憤を晴らそうという目的でするのは、絶対にやめて頂きたいと、切に申し上げておきます。また、学会員にやられたこと以上のことをする人は、学会員を批難する資格がありません。



追記

私は前に「外国人参政権反対」のデモに参加した。また、これとは別に、街宣活動にも数回参加しています。瀬戸弘幸氏ブログ「日本よ何処へ」や「在日特権を許さない市民の会」などが主催する街宣には“創価嫌い”の方々もたくさん集まっています。

私自身もそうした方々に囲まれ、一時の気晴らしに過ぎませんが、同じ声を張り上げることで随分スッキリしたものです。「“創価嫌い”の私がまともなんだなぁ~」なんてね。創価学会で鬱憤が溜まっている方は参加されてみてはどうでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。