スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くだらない公明党のニュースをザァーッとね 23

blue_ani.gif


皆さま、こんにちは。くだらない公明党のニュースが溜まったので、吐き出すことにしました。

引退の噂も…公明党のマドンナ「健康不安説」に怒り
配信元: zakzak 2009/05/02 22:51更新

178993_c185.jpg

解散風が吹き始めている永田町で、公明党の浜四津敏子代表代行に対する出所不明の「健康不安説」が飛びかっている。「腎臓が悪い」などとの憶測に加え、政界引退説までも飛び出す始末なのだ。しかし、本人は完全否定。「公明党のマドンナ」ともいわれ、支持者から高い人気を誇る浜四津氏だけに、周辺は「次期総選挙をにらんだ謀略だ」と怒りをあらわにしている。

浜四津氏に関する噂は「昨年、腎臓病で入院した」「うつ病で大変らしい」などだが、その根拠とされているのが浜四津氏自身の公式ホームページ「はまよつHP 向日葵通信」。「活動内容」が最近までほとんど更新されない状態が続いていたのだ。
 そこで、浜四津氏を直撃すると、HPについては「以前に比べると更新頻度は少なかったが、地方視察や国会の委員会質問の回数が減ったため」と説明。健康不安説には、こう反論する。
 「人間ドックに昨年も行ったが、異常はなかった。腎臓病を患っているのも、精神的な病も事実無根だ」
【与党内では「総選挙に向けた謀略だ」】
 さらに、政界引退説に至っては「自ら辞めたいと漏らしたことは一切ない」と一笑に付し、周辺も「(浜四津氏は)よく食べ、よく酒を飲み、いたって元気だ」といい、出所不明の憶測に首をかしげる。
 公明党をはじめ、支持母体である創価学会の婦人部や女子部などに絶大な支持がある浜四津氏。「選挙では浜四津氏の一声で女性陣が動く」(関係者)ほどの影響力を持つとも言われる。
 それだけに、与党内では「浜四津氏や公明を陥れるための特定勢力の陰謀」(ベテラン)との声が強まっている。


ちょっと、古いニュースで恐縮ですが、こんなニュースがあったのですね。事実はどうなんでしょうか?本人は否定しているようですが、“裏表”、その表の部分を常にハイテンションで乗り切る浜四津女史。現実と実績に差があれば、うつ病になっても不思議ではないですね。それにしても「特定勢力の陰謀」(ベテラン)とはね。別に特定の者だけが創価学会を嫌っているわけではありませんから。

与党、国連決議採択後の国内法整備検討を確認
6月10日15時1分配信 産経新聞 
自民、公明両党の幹事長、政調会長、国対委員長が10日朝、都内のホテルで会談し、国連安全保障理事会が対北朝鮮決議を採択した後、直ちに必要な国内法改正の検討に入ることを確認した。自民党の大島理森国対委員長は席上、「国内態勢で整備しなければならないものが生まれてくるなら、しっかり考えていこう」と述べた。国連決議が求める貨物検査を実施するための新法の検討を想定した発言とみられる。

 これに関連し、公明党の漆原良夫国対委員長は同日午前、国会内で記者団に対し、自民党が敵ミサイル基地攻撃能力の保有を含めた防衛大綱提言をまとめたことについて、「日本から先制攻撃するのは論外だ。そういうものを(与党として)検討しようという話は全くない」と述べた。


北朝鮮籍の貨物検査の実施には「体を張ってでも阻止する」と息巻いていた公明党(=創価学会)。しかし、国連で決議が採択されてしまった。合わせて「都議選」「衆議院選」と命ともいえる選挙が控えている。「ここは不本意ながら引かざるえない」と判断したのでしょうね。

「自ら解散」混乱の中で首相が衆院選遊説
6月13日19時8分配信 産経新聞
 麻生太郎首相(自民党総裁)は13日、長野県内の2カ所で街頭演説し、事実上の衆院選の遊説活動を始めた。「第一声」では、自らの手で衆院選を解散し、自民党の勝利に向け全力を尽くす決意を表明した。だが、日本郵政の西川善文社長の再任問題が鳩山邦夫前総務相の更迭に発展するなど政権は混乱が続き、「選挙の顔」として総裁に担ぎ上げられた首相を取り巻く環境も厳しさを増しつつある。
(略)
 また「オレは公明党と選挙区で戦ってきたからあまり良い思いなんかない。だけど、日の丸・君が代が国旗国歌になったのは1つの例だ」と、自公連立政権の実績を挙げ、「われわれは日本という国を大事にするという目的にきっちり足並みをそろえてやっていきたい」と訴えた。民主党には「政権交代してその先に何するかが分からない」と改めて批判した。


「日の丸・君が代が国旗国歌になったのは1つの例だ」そうでしょうか?失ったものの方が遥かに大きいのではないでしょうか。この「国旗国家法」は1999年に施行されました。自公政権誕生まもなくのことですね。その後の「地域振興券」「定額給付金」「個人情報保護法」「国籍法改正」そして「外国人参政権」の働きかけなど、捻じ曲がった政策ばかりが罷り通っているではないでしょうか。

与党、北朝鮮貨物検査特措法検討PT設置を決定
6月17日10時37分配信 産経新聞
自民、公明両党は17日午前、都内のホテルで幹事長、政調会長、国会対策委員長会談を開き、北朝鮮に出入りする船舶の貨物検査(臨検)を行うための特別措置法を検討する与党プロジェクトチーム(PT)を設置することを決めた。自民党の中谷元・安全保障調査会長や公明党の佐藤茂樹安保部会長が中心となる。与党は今国会成立を目指し、法整備を急ぐ方針だ。検査の実施主体は海上保安庁とする方針で、この日の会合でも公明党の北側一雄幹事長が「(領海内の)警察活動が主体だ。海保でいくべきだ」と語った。

国連まで含めて世論に逆らえなかった公明党(=創価学会)。仕方なく、落としどころとしては、できるだけ法案の縮小化を図っているのでしょう。たまには日本のための政治をしてほしい・・・、というより日本のために消えてほしいものです。

野党有志が矢野元公明党委員長から「政治と宗教」聴取へ
6月23日18時18分配信 産経新聞
民主党の菅直人代表代行と石井一副代表、国民新党の亀井静香代表代行ら野党の有志議員は23日、国会内で会談し、7月1日に矢野絢也元公明党委員長を招き、「政治と宗教」問ました題についてヒアリングすることを決めた。 昨年6月にも公明党と支持母体の創価学会との関係などに関し、ヒアリングをしている。

これについては、もう、その内容がニュースで出ていますね。そちらを是非ごらんください。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090702-00000508-san-pol
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090702-00000509-san-pol
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090702-00000510-san-pol

それにしても矢野絢也氏の国会招致やるだのやらないだの、それでこの勉強会ですか?野党連合がいかに無能であるかの証左といえるのではないでしょうか。

虚偽記載疑惑の鳩山代表を批判 与党「説明責任果たせ」
6月26日8時3分配信 産経新聞
公明党の北側一雄幹事長は25日の党中央幹事会で、週刊新潮が民主党の鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体が献金元について、虚偽記載をしていると報じたことに関し、「報道が本当なら、きちんとした収支報告書なのかどうか大変疑問で問題だ」と批判、説明責任を果たすよう要求していく考えを示した。

鳩山由紀夫代表のご批判はごもっともでしょう。これについてはメジャーなブログを読んでいただくとして、このブログで申し上げたいのは公明党(=創価学会)が週刊新潮の記事を取り上げていることですね。「心を殺すデマ雑誌」とか、いろいろと週刊誌をこき下ろしてきた創価学会。利用するときは利用するのですね・・・当たり前か。

ニコ動世論調査東京都議選「投票に行く」66%、意外に多い共産党支持
6月26日14時25分配信 RBB TODAY
衆議院解散とも絡んで注目される東京都議選。ニコニコ動画ではニコ割アンケートを利用して東京都在住のユーザーのみを対象に東京都議選に関する「ネット世論調査」を実施した。今回のアンケートは、年齢、性別、地域など、セグメント別のアンケート配信が可能となった新機能を活用し、約200秒間に12,507件の回答が寄せられた。
(中略)
 投票に行くかについて(未成年者は選挙権があるとして回答)は、「絶対に行く」が35.1%でもっとも多く、「たぶん行く」(31.2%)と続き、「投票に行く」との層は6割強。「たぶん行かない」(14.4%)、「どちらともいえない」(10.2%)、「絶対に行かない」(9.2%)の順だった。ニコニコ動画に公式チャンネルをもつなど積極的な活動を行っている共産党の支持率が高めなのが目立つ。

 支持している政党(会派)については「支持政党なし」の無党派層が46.9%と5割近くを占めた。次いで「自民党」(33.2%)、「民主党」(11.7%)、「共産党」(4.9%)、「公明党」((1.9%)の順となった。


ということです、ハイ。しかし、「投票に行く」との層は6割強ですか・・・、ネットをしない人を加えると、もっと下がるのかもしれませんね。残念です。


都民の皆さま、選挙に行きましょう!投票は自分の意思で決めましょう。押し付けがましい投票以来には「NO」といいましょう。戸別訪問など公職選挙法違反は即、警察に通報しましょう。




<追記>

ネットめぐりをしていると、ブログ「意味のないことなんて起こらない」で公明党(=創価学会)のマニフェストが紹介されていました。私も見てみましたがそのマニフェストにはこう書かれています。


・永住外国人の地方選挙権の付与を実現します  しつこい!
・戸別訪問による選挙運動の解禁を実現します  ゲッ、毎日学会員が・・・これはかんべんしてください。 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。