スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会に染まる 3

「創価学会に染まる 2」からのつづき

そんな頭の悪い私だ。自分でも嫌気がさすのだが、それなりに学習させていただいた。学会員の方にはずい分鍛えていただいた。どのように鍛えられたかは、いずれ別の記事で紹介したい。

さてそんな私の職場での立場だが、上司から嫌われ、同僚からは半信半疑の目でみられ、そして学会員からはいじめを受け、散々な目に遭ったものだ。もし、ここを読んでいるあなたが、私と同じ立場なら、知らぬ存ぜぬで貫くことをお勧めしたい。「栄枯盛衰世の習い」という。必ず創価学会は傾く時がくる。その時までの辛抱だ。どんな組織でもその時は来る。ましてや道理や常識を無視してきた団体である。一度綻びがでれば、その崩壊の速度はものすごいものであろうと思う。

さて、そんな立場におかれた私だが、今では職場では学会に関しては「音なしの構え」だ。ましてや、学会員とも冗談を交わすし、一緒になって笑うこともある。だからといって決して学会を認めたわけではない。いずれ来るであろう「崩壊の時」には、学会員に問うつもりだ。「いつまで、人に迷惑をかけるつもりなのか」と。もっともそれまで私がこの会社にいられればの話なのだけれども。


追伸

「創価学会に染まる 1」で紹介した白川氏の記事の第二弾が2月1日付の「フォーラム21」に載っている。白川氏は最後のくだりで以下のように書いている。紹介したい。

「公明党との連立に反対や批判することはタブーなのである。勇ましそうなことをいう自民党の国会議員はけっこういるが、いまや自民党と公明党の連立を問題にしたり批判する者はいない。タブーなのである。このタブーに違反した者はいずれ抹殺される。池田批判は公明党との連立批判となる。公明党が池田タブーに支配されているように、自民党の国会議員も池田タブーに洗脳されたかもしくは無批判になった」と。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ。コオロギ丸さん、
同じような環境やったんですね。心中お察しします。
「音なしの構え」もようわかりますわ。
言うても通じへんもんね。言うだけ無駄。
ここはじっくり時を待つ。。。

僕の場合は虐められないし、文句も言えるってとこで、
ずいぶんマシかなとおもいます。 またよろしくね。

三九郎さん、こんにちは。ようこそお越しくださいました。

そうでしたよね。三九郎さんも学会員に囲まれて、仕事なさってたんですよね。こんな心境は経験者でないと分からないでしょうね。

三九郎さん、お互いがんばりましょう!

はい、お互い頑張るということで、
リンクさせてもらっていいですか?

コオロギ丸さん 三九郎さん おはですう^^

私が以前勤めてた所も社長が学会員でして。
もうそのパワーたるや 触れるモノ皆 全部薙ぎ倒す人ですた^^;
溢れるパワーを漲らせるのは良いのですが 人にも求めるのですなぁ
猛進すれば良いと思ってるようなのだけど、販売計画も猛進で突入するから知恵が行き届いてない。
勢いで売るから 一日の売り上げ五百万 仕入れも五百万で倒れてましたねw
んな力余分なんだから 捨ててるようなものなんだから、、、
早朝2時から題目上げてテンション爆超で19時まで過ごせるのはいいのですけど、人の体力は永遠ではないですから~ 
当てにしてると来ない社長ですた^^;

脳だけでもダメ 野獣体力だけでもダメ 塩梅ですな 世の中 人の世は、、
春一番も吹き 世は事も無し  ぼっちらぼっちら♪

三九郎さんへ

お返事遅れました。どうもすいません。

リンクの件、こちらこそ宜しくお願いします。

う~ん、なんか最近、創価関連以外に興味があることができて、楽しんでました。創価ばかりに気を取られていては、人生勿体ないですよね。ではさっそく、リンク貼ります。

あーあさんへ

こんにちは。
あーあさん、そんな社長も、事業を起こす人ですから、もともとは能力の高い人ではなかったでしょうか?
全く、創価は人を狂わせますね。そのケアーはしないのですが・・・ 。

ところで創価学会は零細企業も、私の見る限り、いろいろと手名づけてますね。あまい言葉だけで、ホローの方は期待はずれが多いようです。

人の弱みにつけこむ創価、その代償はかならず自分たちにもどるぞ!

あーあさん。ほんと勢いは認めてもええねんけど、
もっとそのエネルギーを有効に効果的にって思うよね。
IHクッキングヒーターみたいに。。。
(効率がいいってことやね、ほんまお湯沸くの早い!)

コオロギ丸さん。さっそくリンク貼らせてもらいました。
で、で、お願いなんですけど、、、リンクのとこ、、、
「S-STYLE」だけにしてもらえませんか?
僕だけ2行もスペース使わして、もうしわけない。。。

ハイ、了解です。三九郎さん。

コオロギ丸さん 三九郎さん こんこん^^
そうそう 効率なんよ 適宣適時フレレキシブル
熱エネルギーの高効率ベターがIHだとしたら、もう蒸気機関車^^;
ネジを捲く場所が違ってるのさぁ アグレッシブの、、、
場所が変われば捲く部分も変わるって^^

元々長所だった所を更にロケット背負わせるから短所にもなるのだよね。
素養があって、その地位なりポジションなりにいけるのだけど、そこ止まり、、、今まで良かったからこれからもそれで良いと思ってる。
創価って人のそう云う部分(驕りか?ド厚かましさ)を助長させる モロに功罪有り。
人の不完全な部分まで増長させるから困るし、迷惑だし、野放し。
自分は正義だーって公言すると、大体傍迷惑やね。

こおろぎ丸さん
リンクありがとうございます。
携帯からばっかりだったので気付きませず・・・。
「style」が並んでるのがなんとも(笑)。

あーあさん、こんにちは。

>創価って人のそう云う部分(驕りか?ド厚かましさ)を助長させる 

本当ですね。創価学会の教え(今では何の教えか分からないけrども)は信者自身が「自分はこれでいいのか?」などと疑問を持つことが、一番の弊害なんだけれども、本当はそう思って普通なんですよね。組織としては、そうなっては困るから、そうならないように、あーあさんが仰ることをさせるんですね。しかし、学会員の深層心理は一体どうなっているのでしょうか。私には「本当は創価学会は正しくないけれど、ここにいれば人を見下ろした、優越した気分を味わえる。そんな自分の領域を壊そうとする者は、絶対許せない」とでも言いたいように思えます。

メメさん、勝手に貼ってすいませんでした。

前のブログと差し替えにしました。
これからも、宜しくお願いします。
>「style」が並んでるのがなんとも
これは偶然なんですが、ユーモラスでいいですよね。
sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。