スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党「外国人参政権」提出へ

blue_ani.gif


民主が議員立法で外国人参政権付与法案を提出へ 臨時国会で
11月6日12時2分配信 産経新聞
 民主党の山岡賢次国対委員長は6日午前、自民党の川崎二郎国対委員長と国会内で会談し、今国会中に永住外国人への地方参政権付与法案を議員立法で提出する考えを伝えた。

 会談終了後、山岡氏は記者団に対し「今国会で(提出を)考えている。党内にもいろいろ意見があるが、場合によっては党議拘束なしというやり方もある」と述べた。また、山岡氏は臨時国会の会期について「今の状況では延長せざるを得ない」と述べた。11日に政府・民主党首脳会議を開催して国会対応を協議する方針だ。

 地方参政権付与については、鳩山由紀夫首相が5日の衆院予算委員会で「前向きに考えている」と述べていた。


思わず「うそつき!民主党」と叫びたい。

どうりで公明党(=創価学会)がこの法案提出を取りやめるはずです。

民主党はこの法案をマニフェストからはずしました。この国会でも「国民の理解が得られていない」と、提出を見送る方針を打ち出していました。もう、信じられない・・・というか、信じる方がバカということなのでしょう。

このニュースについては「博士の独り言」・せと弘幸氏「日本よ何処へ」もすばやく反応されています。ぜひ、読んでください。

このブログでは民主党についても度々批難してきました。しかし、そこまでやるとは思いませんでした。これで、民主党が公明党(=創価学会)同様に表と裏を、国民の虚を衝(つ)いて、行う政党であることが明白となりました。

しかし、国民の目も節穴ではありません!民主党政権はそう長く、国民の支持を得られないでしょう。

民主党・公明党(=創価学会)にしろ、向かおうとするベクトルがあります。平和や福祉、弱者救済だの耳障りのいいことばかりいっていますが、その向かおうとするベクトルはそれらを度外視したものであることを、見抜く必要性が、国民一人一人にとって急務となっているようです。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おひさしぶりです^^。 ねここねこです。

外国人参政権問題よりもさらに問題のものがあります。
外国人住民基本台帳問題です。
これらのものが通ったら日本は崩壊しちゃいますよ。l
頑張って食い止めましょうね~♪

No title

おひさしぶりです。ねここねこさん。

HNを元に戻されたのですね。すてきなお名前ですよ。

>外国人住民基本台帳問題です。

ええ、そうですね。この法案は最近ネットで知りました。なんでも3年でも日本に滞在すれば、国籍が取得できるとか。信じられません。なんでこんな法案が次から次へと出てくるのでしょうか?

特に外国人参政権法案は公明党(=創価学会)が一番の推進者なのですから、内部アンチ系のブログでも議論されるべきものだと思います。

>頑張って食い止めましょうね~♪

はい、がんばってブログで書いて行こうと思います。でもその前に、ひとやすみ、ひとやすみ、と。

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。