スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在特会は差別団体ではないよ

blue_ani.gif

皆さま、こんにちは。

10月10日(土)午後は、在特会(在日特権を許さない市民の会)大阪デモに参加してきました。私にとって今年6回目の街宣デモ参加となりました。20~30人のデモから今回のような300人規模のデモまで、いろいろですね。

なにせ300人も集まれば、そのデモも相当の迫力です。それに伴ない配置される警察官や、在特会を目の敵にする左翼勢、沿道で見守る市民たち、それらをいれるとかなり多くの人たちが、このデモを意識したことになります。

00010201DSCF0028.jpg

私の撮った写真はこれくらいです。あとは下の主催者発表の動画などで、その様子をご覧になってください。この写真は集合時間1時間ほど前のようす。みなさん、のんびり過ごされている。

http://www.youtube.com/user/Osaka1010Demo(←クイック)


当日は集合時間の1時間ほど前に着きました。面識のある方にあいさつを行う、桜井会長に握手をせがむと快く応じてくれた。何か手伝うことはないかと捜しても、何も無い。プラカード・ブルーリボンなど、すべて準備されていて、後は手渡すだけになっている。街宣前の時間を皆さん歓談しながら余裕でまっている。執行部の方々のご苦労と手際の良さに感銘する。

デモの前の声明が読み上げられ、いよいよ出発、4列縦隊ということで、私はずっと後方になってしまった。

隊列は御堂筋にさしかかり、沿道を行き交う市民の注目を集める。このデモには以前から左翼による妨害予告が出されていて、それを警戒した警察官たちが沿道とデモ隊を遮断するかのように、ぴったりと張り付いている。警察官の数もかなりのものだ。ご苦労様です。

デモ隊もこれだけ長くなれば、シュプレヒコールをあげる人も、間を置いて数人必要になる。ところが、その掛け声が同じではないため、中間あたりにいた私は、前と後ろから発せられるの二つの違うシュプレヒコールに付き合い、忙しいデモとなってしまった。

“なんば”に差し掛かるころには、かなり足どりが重くなってきた。やはり、昼食時のビールが効いてきたようだ。ある一角で朝鮮好きな左翼連中が待ち構えていた。「在特会」のことを罵っている。こちらも多くの人が応戦する。勿論、私もやり返す。かなり汚い言葉を使ってしまった。警官たちが迷惑そうな顔をして間に入っている。左翼(ブサヨともいうらしい)はかなり高齢だ。若い人がついてこないのだろう。それに比べて在特会は若い人が多い、年配の方もかなりいる。また、女性の参加者も多い。老若男女、バランスが取れている。

デモ隊は最終地点に集まり、声明とシュプレヒコールをあげ、解散しました。なんでも「主権回復を目指す会」(西村修平代表)の関西支部が発足し、来週は鶴橋で街宣デモを行うという発表があり、気勢をあげました。これでますます関西でも「行動する保守運動」が根付くことでしょう。

その後はある方の御厚意により、打ち上げの席にまぜていただいた。とても楽しい打ち上げでした。歓談していると、何人の方が自分のブログをもっているとのこと。それで恐る恐る回りの人に聞いてみた。

「嫌創価流というブログを知っていますか?」

答えは誰も知らないとのことでした。  ・・・そんなものですね。^^;

その後、電車に飛び乗り、帰路へ。楽しいながらも、今の日本の情況はとても深刻なんだ、と、再び気を引き締める。私が批難する創価学会は「外国人参政権」の第一の推進者であり、祖国日本にとって一番の“仏敵”なのだと決意を新たにした・・かな?実は酔っていてよく覚えていないのだ。



<追記>

在特会は差別団体であると、よくネットで散見します。そんなことは無いでしょう。中には左翼や在日コリアンばかりでなく、右派系の方もそういっているようです。

在特会の活動をどう表現すればいいでしょうか?たとえばこんな話で例えられるのでは?

ある人が電車の中でとなりの人に足を踏まれている。わざとではないだろうと思いながらも相手をみると知らん顔している。そればかりか、どこか笑っているようだ。サッと足を引き抜き、平静を取り戻す。が、また相手がすりより足を踏む。また相手をみると力をゆるめる、視線をはずすと、また力を加えてくる。「痛いじゃないか、バカ」と文句をいうと「バカとなんだ」と逆切れされる。相手には仲間がいて囲い込む。その仲間たちが回りの乗客に、「バカ」といった人の批難を宣伝する。

私の朝鮮人観とはこのようなものです。今の日本の情況をみれば、在特会の言っていることは、まだまだ、この場合の「バカ」に過ぎないのだと思う。本当はこんなものでは済まないほど、日本の社会は侵食されているのです。

たとえ、在特会の個々の会員が聞き捨てならない言葉を発しても、それは個々の発言である。また、その個々の人(私を含めてですが)にも在日コリアンに対する自然な感情というものがあるだろう。

在特会のデモには、時として在日コリアンの人も参加することがあるそうです。彼らの中にも在日コリアンの行く末を案じている人がいるようです。このままではいけないのだぞ!と。在日コリアンや本国である南北朝鮮が国家、国民として、日本へのゆすり、たかり、侵食、捏造を止め、国家として自立した上で互いに友好を深めあうというのであれば、在特会の人であれ、反対する人はいないでしょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。