スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くだらない公明党のニュースをザァーッとね 37

blue_ani.gif

皆さま、こんにちは。

休止中ですが、くだらないニュースが溜まったので不法投棄します。ゴメンネ m(--)m

<創価学会>来年の活動方針決める
11月13日19時7分配信 毎日新聞
創価学会は13日、創立80周年となる来年の活動方針と平和・文化・教育運動の大綱を決めた。活動方針として、青年部と未来部の育成・拡大や地域社会への貢献活動を推進することを挙げた。

 また、核廃絶を求める世論を喚起するため、若い世代が中心になって平和主張大会を各地で開いたり、核兵器の恐ろしさをパネル展示する「核兵器廃絶への挑戦展」を巡回展示することなどを盛り込んだ。


そうかそうか

前橋市政調費問題 市民フォーラム、返還拒否議員らの辞職勧告決議案提出へ11月13日7時57分配信 産経新聞
前橋市監査委員会が市議会の政務調査費をめぐる条例・規則違反を指摘した問題で、同市議会会派の市民フォーラムは12日に開かれた各派代表者会議で、違反指摘分の返還を拒否している清新クラブなどの市議13人に対する議員辞職勧告決議案を、16日の臨時市議会に提出する方針を示した。

 決議案によると対象は、清新クラブの13人のうち、5月の富士見村との合併に伴う増員で選出された2人を除く11人と、平成20年3月まで同クラブに所属していた真澄会の2人の計13人。

 市民フォーラムの宮田和夫幹事長は「議会の名誉と信頼を失墜させたけじめをつけるべきだ」と提出理由を説明した。

 同議案は可決されても法的拘束力はないが、議案が上程された場合、真政会、公明党は賛成する方針。共産党は「辞職すべきかどうかは市民が判断すべきだ」などとして、反対の姿勢を示している。

 これに対し、清新クラブの立見賢三幹事長は「議員が議員を裁くのはおかしい」と話し、議案が可決されても辞任しない意向を明らかにした。


こと、政務調査費については、いつもモグラ叩きのようにいじめられる公明党(=創価学会)。今回はいじめる立場です。本領発揮といきましょう!

<公明幹事長>法制局長官の答弁禁止を批判 国会法改正で
11月13日18時11分配信 毎日新聞
公明党の井上義久幹事長は13日の記者会見で、民主党が検討している国会法改正について「内閣法制局長官の答弁が禁止されれば、政権が代わるたびに憲法解釈が変わり、解釈改憲につながる恐れがある。集団的自衛権(の行使)容認に道を開きかねない」と批判した。

井上さんがいいたいのは、実は「集団的自衛権」のことではなく、「政教一致」のことです。で、その答弁を内閣法制局長官にさせたいのでしょう。

(この前の石井一氏の参議院予算委員会での質疑に)公明党の山口氏は、「宗教団体には政治活動の自由、選挙の支援活動の自由が保障されている」と強調。憲法上の解釈を政府に確認した。これに対して宮崎礼壱・内閣法制局長官は、1970年3月31日の春日一幸議員に対する政府答弁書で、政教分離の原則について「宗教団体または宗教団体が事実上支配する団体が、政治活動をすることをも排除している趣旨であるとは考えていない」と答弁。宗教団体の政治・選挙活動は憲法上、保障されているとの政府見解を改めて確認した。
                         公明新聞 平成19年10月17日より


というわけよ。

21世紀環境展:あす、和歌山マリーナシティで開幕 /和歌山
11月18日14時1分配信 毎日新聞
環境問題の現状と、その解決に向けたさまざまな取り組みを紹介する「21世紀環境展」(創価学会同展和歌山展実行委主催)が19日、和歌山市の和歌山マリーナシティわかやま館で始まる。23日まで。入場無料。
 会場では、ケニアの環境活動家でノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイさんや、化学物質による環境汚染を先駆的に警告した「沈黙の春」で知られる米国の生物学者のレイチェル・カーソンら、環境問題に取り組んできた人たちの伝記などが紹介されている。午前9時半(初日は正午)~午後8時(最終日は午後6時)。


もしよろしければ、お近くの嫌創価派の方はぜひ、足をお運びください。できればその感想もお聞きしたいものです。

<自公両党>つかず離れずの気配 野党転落後初の会談
11月18日23時3分配信 毎日新聞
自民、公明両党の幹事長、政調会長、国対委員長が18日、東京都内で、野党転落後初めてそろって会談し、今後の国会対応を協議した。独自色を出したい公明党の意向で約1カ月半、疎遠になっていた。衆参両院で民主党が第1党を占める中、完全に関係を絶てば共倒れしかねない事情もあり、当面は議員立法などを通じてつかず離れずの関係が続く気配だ。

 会合では、党首討論の25日開催▽衆院予算委員会での「外交・安保」「政治とカネ」の集中審議▽日米首脳会談などの国会報告--を政府・与党に求めることで一致した。

 自公両党は今国会に肝炎対策基本法案を共同提出したほか、原爆症認定集団訴訟を解決するための法案準備も進めており、共同提案は計5本になる見通しだ。しかし、北朝鮮特定貨物の検査等に関する特別措置法案と、海上自衛隊によるインド洋での給油活動延長法案には公明党が乗らず、逆に政治資金規正法改正案には自民党が応じないなど、すきま風も吹いている。

 公明党の山口那津男代表は18日の記者会見で「国民の求める政策と確信できるものは、自民党のみならず広い協力を求める姿勢だ」と述べ、自民党との距離感をにじませた。【坂口裕彦】


パス

公明が新ポスター、地方から党勢回復へ
11月20日17時15分配信 時事通信
公明党が20日発表した新ポスター(同党提供)。山口那津男代表が就任して初めてとなる。井上義久幹事長は「公明党の新しいスタートを象徴するポスターだ」と自画自賛した。来年3月までに10万枚を全国に掲示する。

20091120-00000036-jijp-pol-view-000.jpg


できましたよ!新しい公明党(=創価学会)のポスターが!う~ん・・・でも、しかし、これで学会員のテンションが上がるのかな?

選挙:参院選 山口・公明代表、自民との協力再検討 /山形
11月24日12時2分配信 毎日新聞
公明党の山口那津男代表は23日、来夏参院選に向けた県内の自民・公明両党の協力関係について「固定的な考え方は取らず、今までの積み重ねを大切にしながら、我が党の党勢拡大に(関係を)どう生かしていけるか吟味していく」と述べ再検討する考えを示した。山形市であった党県本部党員集会出席後の取材に答えた。「党の基盤再生に力を入れたい」とも話し、自民との協力関係よりも党勢拡大を優先する方針を示した。
 また集会では地方議員の活動にも言及し、「議会での政策実現力を大事にしたい」とした。【釣田祐喜】


ご存知のように民主=小沢大魔神さまは、今月10日、高野山で全日本仏教会会長の松長有慶・高野山真言宗管長と会談したのです。これを意味するものは大きいはずです。先をこされた自民党、民主に“逆仏敵”扱いされた創価学会!両者の思惑はつぎの参院選挙につながるのでしょう・・・か?

21世紀環境展:立川展が始まる--29日まで /東京
11月24日11時0分配信 毎日新聞
温暖化など環境問題の実態や環境分野で活躍した人を紹介する展示会「21世紀環境展」立川展が23日、国営昭和記念公園花みどり文化センター(立川市)で始まった=写真。創価学会立川展実行委員会主催で、29日まで。
 全国約70カ所で開催しており、多摩地区では初めて。開場には環境問題などを取り上げたタペストリー32点を展示。焼却しても有害ガスが発生しない素材を使用している。ケニアの環境活動家でノーベル平和賞を受賞し、「MOTTAINAI」を広めたワンガリ・マータイさんら6人の業績を紹介したコーナーも設けられている。
 午前9時半~午後4時半。入場無料。問い合わせは創価学会立川文化会館(042・527・1571)。【河嶋浩司】


毎日さんはこの環境展が開かれる度に、このニュース?を配信するのでしょうか?載せる方のヤフーもやはりそうか?



<追記>

上の「21世紀環境展」を紹介されているブログがありました。

「中道右派なblog」 さんです。すばらしい内容です。ご苦労さまでした。ヒット数もすごい!

http://asgijp.blog104.fc2.com/blog-entry-145.html



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

立ち上がりましょう

突然のコメントで失礼します。

 創価学会はカルトです。公安調査庁、検察庁、警察庁、国税庁は、池田カルトの違法行為に関する様々な情報を収集しています。そして、摘発するチャンスを伺っています。

 しかし、今の社会状況では、これらの機関は摘発に着手することはできません。未だに、公明党が800万票もの集票能力を持っているからです。

 では、どうすれば、これらの機関が動くようになるでしょうか。それは、簡単なことです。今度の参議院選挙で、公明党の票を減らすことです。

 そのためには、どうするか。学会の情報を外部の機関に知らせることです。特に、学会に反対している団体、週刊誌などのマスコミ、政党などです。

 昨日、公明党は、来年の参議院選挙の候補者を発表しました。彼らは、学会の会合で、「池田先生」を連発する演説をするはずです。池田カルトの幹部たちも、「池田先生」に大勝利の「ご報告」をと扇動する「指導」をすることでしょう。

 これらの演説や「指導」を、また、毎月開催される衛星放送の「幹部会」を録画録音しましょう。そして、いろんな団体に送付しましょう。

 学会本部職員の皆さん、人間としての良心を失っていなければ、内部告発に立ち上がりましょう。

 このブログを読んでおられる皆さんにも提案します。インターネットで、池田カルトを批判しても限界があります。活動家は、インターネットは嘘だと教え込まされているからです。

 池田カルトが恐れていることは、世間が、学会の内実を知ることです。宗教団体の会合で、手荷物検査をしているのは池田カルトだけです。

 「池田大作」は、国会で証人喚問される恐怖で脅えています。聖教新聞に掲載される「池田大作」の写真は、修整に修正を重ねたものです。実際の顔を本当に酷いものです。

 池田カルトを打倒し、「池田大作」に騙されている学会員を救うために立ち上がりましょう。

 録画録音する器具は、インターネットで購入することができます。池田カルトを追い込みましょう。

 このコメントは、自由に転載して下さって結構です。
sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。