スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くだらない公明党のニュースをザァーッとね 40

blue_ani.gif

皆さま、こんにちは。

今日もくだらないニュースを並べてみました。毎度アホらしいニュースで恐縮です。年内はこれが最後ですね。あっ、ちょうど40回目かぁ、切りもいいです。

山口・公明党代表:知事を表敬、諫干など意見交換 /佐賀
12月22日16時1分配信 毎日新聞
公明党の山口那津男代表が21日、県庁に古川康知事を表敬訪問した。
 会談には同党の伊藤豊・県本部代表も同席。国営諫早湾干拓事業(諫干)の開門問題について古川知事が「諫干は国の事業であり、佐賀と長崎の地元2県で話をつけるのは無理な話」と述べると、山口代表も「国が責任を持って住民の安心を作ることが大事」と応じた。
 また、地域主権や環境、医療問題なども話題に上り、民主党政権の事業仕分けのあり方や、地域の意見を吸い上げる同党の陳情システムに対する意見も交わされた。
 表敬訪問は、今夏の衆院選での与党惨敗を受けて行っている地方行脚の一環。【上田泰嗣】


「地方行脚の一環」なのだそうだ。これまで9月に群馬の「八ッ場ダム」11月に長野県の「市立大町総合病院」などを訪問して地元住民たちの意見を聞いてきた山口さん。ですがどの場合も、ありきたりのもっともらしいコメントを残しただけで、どのように解決を図るのか、さっぱり答えていません。もっとも、「地元住民の皆さんを心配していますよ」とだけポーズをとることだけが目的なのですから、それはそれで成果があったのかもしれません。

一つ提案があるのですが、どうせ全国行脚するのなら、全国の創価学会員の座談会を訪問してはどうでしょうか!? 「勤行してますかぁ~~」と元気良く突撃訪問してあげれば、学会員も喜ぶだろうし、現世利益も実感できると思うのですが・・・^.^。

鳩山首相 普天間移設で公明代表と会談
12月22日18時21分配信 毎日新聞
鳩山由紀夫首相は22日、公明党の山口那津男代表と首相官邸で会談した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、山口氏が地元の頭越しに決定しないよう配慮を求めたのに対し、首相は「いま物事を決めようとするといろいろ壊れる要素もある。ただ長くはかけないつもりだ」と述べ、早期に結論を出す考えを示した。会談は公明党側が申し入れた。【坂口裕彦】

20091222-00000014-maip-pol-view-000.jpg
どちらがこの部屋の主なのか?写真が毎日新聞のものであることも考慮しなければならない。

「普天間移設問題」について民主党は、マスコミからも突かれぱなしです。今、この問題で野党と会談すれば、民主党にとっては不利になるはわかりきったことなのです。なのにどうして鳩山さんは応じたのでしょうか?それも自民党を避けて公明党(=創価学会)と。

鳩山というより、小沢民主党は今回、公明党(=創価学会)に“ポイント”をあげることを了解したのでしょうね。そう“ポイント”なのです。スーパーなどでもらえるポイントと同じようなものではないでしょうか?何点か溜まると“政教一致”の追求は半年間見送りとかね。ポイントをもらった公明党(=創価学会)は何かを了承したのでしょうか?今、鳩山さんも小沢さんも政治資金に絡む問題で、火だるま状態であることはいうまでもありません。

鳩山首相は引責辞任を=山口公明代表
12月24日19時42分配信 時事通信
公明党の山口那津男代表は24日午後、偽装献金事件をめぐる鳩山由紀夫首相の記者会見について「過去の発言と明らかに矛盾するものだと言わざるを得ない」と述べた上で、「筋を貫く、信頼を確保するという意味では首相の職は辞すべきだ」と述べ、元秘書の起訴を受け、首相が引責辞任すべきだとの考えを示した。党本部で記者団に語った。 

別に公明党(=創価学会)でなくても、政治家のこのような発言を「本音」と受け止める人はもはやいないでしょう。ポーズです、ポーズだってば。

1カ月ルール「絶対でない」 特例会見で公明代表
12月28日7時56分配信 産経新聞
 公明党の山口那津男代表は27日のテレビ朝日の番組で、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との特例会見について「日中友好のために役立っている。それは率直に評価しなきゃいけない」と述べた。その上で、「(会見の)『1カ月ルール』は、(陛下の)政治利用になってはいけない、陛下の健康を考えるという両面で作られたが、杓子(しゃくし)定規に絶対的ではないはずだ」と指摘した。

いやもう、前回の「くだらない公明党のニュースをザァーッとね 39」でもこの問題について山口さんは述べていましたが、言っていることが違うではないか!いかにも「やっぱり そうか!」といった発言ですね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。