スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公明党チーム3000 動く!

blue_ani.gif

皆さま、こんにちは。

最近ではすっかりサボリ癖がついてしまった。書こうと思ってもついついテレビをみてのんびりしてしまう。そんな日々を送っていました。これからは少しずつ挽回するゾー。とにかく更新するクセをつけないとね。

さて、今日は公明党(=創価学会)の福祉政策について考えてみたいと思います。
こんなニュースがありました。

介護従事者の8割「業務内容に対し低収入」―公明党調査
1月8日20時21分配信 医療介護CBニュース
公明党は1月8日、昨年実施した「介護総点検」活動での調査結果を発表した。介護従事者に対する調査では、「(介護従事者の)離職率が高い」といわれている理由について尋ねたところ、「業務内容に対して収入が低い」との回答が約8割に上った。同党では、今回の調査で浮き彫りになった介護をめぐる課題などについて、「現在策定作業中の『新介護ゴールドプラン(仮称)』に反映する」としている。

介護総点検活動では、昨年11-12月に、同党の国会議員や地方議員約3000人が介護現場を訪問するなどして、▽街角アンケート調査(回収数7万6689件)▽要介護認定者・介護家族調査(同6265件)▽介護事業者調査(同4587件)▽介護従事者調査(同1万1286件)▽全国市町村調査(同1159件)―の5種類の調査を実施した。

 介護従事者に対する調査では、「(介護従事者の)離職率が高いといわれていますが、その原因は何だと思いますか(複数回答可)」との質問に対し、「業務内容に対して収入が低いため」との回答が82.5%で最も多く、以下は「心身の負担が大きい業務内容のため」(75.4%)、「勤務時間が変則なため」(34.3%)などが続いた。「離職率は高くない」との回答は2.1%にとどまった。
 (中略)
■介護保険施設の倍増など提言―山口代表
 同党の山口那津男代表は同日の記者会見で、介護総点検での調査結果を踏まえ、▽介護従事者の大幅給与アップなどの待遇改善につながる介護報酬の引き上げを行う▽煩雑な事務処理の仕分けを行い、手続きの簡素化や要介護認定審査の簡略化を行う▽介護保険3施設を倍増し、グループホームや特定施設の数は3倍にする―など5項目から成る提言を発表した。


介護業界の労働条件が悪いのは今更のことではない。今日の結果を招いているのは、自公政権での政策によるものであり、当然、公明党(=創価学会)にも大きな責任がある。それなのに、自分たちの政策であったにもかかわらず、改めて調査をし、この業界に働く人たちに同情を示すとは、あまりにも臭い芝居にあきれかえるというより、やっぱりか!といった感が強いのは皆様も同じだろう。よくもまぁ、こんな演出ができるものです。

そんなことより、このニュースを読んで思わずゾッーとするのは、「公明党チーム3000」なる全国の公明党(=創価学会)地方議員たちが、アンケートと称して調査活動と行っていることである。始まった今年の通常国会でも、公明党斉藤政務会長がこの「公明党チーム3000」なるものを盛んに宣伝していたけれど、一般の学会員やそれ以外の有権者にはどう映るのだろうか?

公明党(=創価学会)が与党時代に行ったことは、破綻が確実な「100年安心」と銘打った年金制度であり、国民から総スカンを喰らった後期高齢者医療費制度(私は賛成ですが)であり、ついでにいえば「地域振興券」や「定額給付金」であった。このうち「定額給付金」は記憶に新しいけれど、一体どれほどの効果があったのか?どうせ調査するのなら、こちらの方をチーム3000とやらでやってほしいものだ。

思えば、昨年秋から公明党(=創価学会)代表の山口くんは、全国行脚と称してこれまでに群馬の八ッ場ダム・長野・大町市の病院・諫早市の干拓地などを回り、住民や地元関係者に理解を示すフリをしてきた。しかし、昨年夏までの10年間を与党として政策に加わりながら、「それは大変ですね」なんて今まで知りませんでしたというような顔をするとは、人を愚弄するにもほどがある、というものだろう。その山口代表、今、米軍基地移設で話題となっている沖縄・宜野湾市や名護市には決していかなかった。上のニュースにもあるようなスタンスをとるならば、真っ先に訪問すべきところだろう。ずるいというか卑怯というか公明党(=創価学会)らしいというか・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。