スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対象物

なんでかなぁ~、最近記事が書けない。これは能力もないのに、あれやこれや考えすぎになっているからだろう。というわけで、もっと気軽に書くことにきめた。アクセスの数も減ってしまったけれど、それでも来てくれる人がいる。申し訳ないと同時に、本当にありがたい。感謝。

さて、3月に入り、統一地方選挙もまじかとなった。私の職場の学会員さんもへとへとに疲れているようだ。普段職場では学会員であることを隠しているので、職場関係では活動はできない。活動は仕事が終わってからやっているようだ。だけれど、どこで、どんな活動をしているのかはわからない。

ただ、普段から職場の学会員に嫌われている私として助かるのは、彼らの“煩悩消化”の為の対象物が、職場から離れてくれることだ。恐らく参議院選挙のある7月までは、ここの職場も静かになるだろう。実にありがたいことです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コオロギ丸さん こんち~^^

いつも記事UP御苦労様です。
そうそう気軽に、日常の雑感 徒然もいいですよ。
創価はまず無くなる事はないのですから。
学会リテラシーの異常周知啓発は息を長くが基本姿勢かと、、、
肩や構えに力漲らせても人はナマモノですから^^
適度に柔軟体操いたしませう 脳ミソも^^;
ポイントオブのーたりんの私が云うのもなんですが、エンジンも全開ばかり出来るようにはなってませんので、自由にアクセルON/OFF自在にどうぞ。
(ギア変えてバックもありでっせ

また酒の話でもしますか それかカッコーの巣の上で 等、映画の話もいいですよん^^
好みはアメリカンニューシネマですた(デニーロやパチーノが萌

地方選が始まればまた忙しくなりますしね。 

あーあさん、いつもコメントをありがとうございます。

これからは、あまり凝りかたまらないように、書こうと思います。
「カッコーの巣の上」ですか、私もDVDで見ました。自由とはなにか?と、人の運命の“あやのはかなさ”などを感じてしまいました。

ところで、山崎拓さんですが、単独訪朝はさんざんな結果でしたね。これについて「フォーラム21」の中で、有田芳生氏は、その橋渡しは統一教会系の会社社長の勧めであるとかいています。さらに2003年の総選挙では、統一教会の内部文書のなかで、山崎拓氏への投票依頼や、なんと「比例区は公明党」と書いてあったそうです。朝鮮人のナショナリズムは、宗派の違いを超えるどころか、はじめからそんな概念などないのではないでしょうか。

こんち^^ コオロギ丸さん

ああ ヤマタクの間○けはですね、独断で行き手ぶらで帰ってきたのですよね 確か >北詣り。
六ヶ国協議になんの 影響力も行使できず 相手にもされず 公費をただいたずらに消費する中共と子分の北ロビィストの面目躍如でしょうか^^;
2003の選挙と云えば、落っこちた時ですよね。
マゾマゾ遊びが過ぎて身を滅ぼした 典型例ですが^^、、、

半島には親分が変わるたびに文化を引っくり返してきた歴史がありますからね。
信ずるのは金だけ的 な、部分が国民性の根っ子にあるのかもしれませんね。
今は、無い歴史文化を捏造してでもウリナラマンセーで騒がしいですが。。。
なんと云うか,
そういう連中って目立つのですよね。
黙って大人しくしてればいいものを^^;
目立ちたがりも半島気質でしょうか orz

あーあさん、おはようございます。

本当に、ヤマタクみたいな政治家が、国をダメにするんでしょうね。今回の訪朝はいいお手本となればいいですね。

>親分が変わるたびに文化を引っくり返してきた歴史
朝鮮人は儒教を大成させたのは我々だ との自負をもっているようですが、つまりは、自分とその身内がよければ、道理もなにもない、としか、私には思えないのです。朝鮮系の宗教は、ただ狂っているだけでなく、自分達の利益については、随分しっかりしてますね。

こんばんわあ~、記事が書けないときはうちを参考に。
え?参考にもならんって?

コオロギ丸さん 真似したらヘロヘロで、
脱力し過ぎるぞい。
三九郎さんは今日 また一つお歳を召したそうです^^ おめ!

>自分と身内が良ければ 道理もなにもない
はい~ これをエゴイストと呼びますね。
儒教の義を押し売りする のも特徴かと^^
”イケダせんせに恩義があるのだから~
恩に報いるのよー ♪ 今あるのはセンセのお陰・・・”
ダメだこりゃぁ orz

三九郎さん、こんばんは。

う~ん、書きたいことがあるけれど、なかなか書けないのです。三九郎さんは自分のスタイルを貫いてますね。私も見習いたいと思います。おっと、誕生日おめでとうございます。わすれてました。お互い誕生日を迎えることは、あまりうれしくないですね。いや~~。

あーあさん、こんばんは。
あーあさんも私と同じくらいの年齢でしょうか?あまり、誕生日はうれしくないですよね。

>儒教の義を押し売りする のも特徴かと^^
私が幼いころは、近所の子供同志であそぶときには、やはり、若干の年齢差で上下関係が決まってたものです。いつしか年上のものを“君付け”で呼ぶような世相になりましたが、その是非は別にして、当時のそうした儒教的な習慣にはエゴなんてなかったですよね。朝鮮式儒教は大成したのではなく、腐ってしまったのだと思います。

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。