スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くだらない公明党のニュースをザァーッとね 46

blue_ani.gif

皆さま、こんにちは。しばらく間があきました。それでも来てくださる方々、どうもすいません。そしてありがとうございます。ではスタートです。


核廃絶サミット:公明党県議団、被爆地開催要望 /長崎
4月6日14時47分配信 毎日新聞
公明党県議団(織田長団長)は5日、県庁と長崎市役所を訪れ、広島と長崎で15年に「核廃絶サミット」を開くよう国に働きかけてほしいと要望した。
 要望書は「核兵器廃絶が現在、国際政治の現実的なテーマとなり、世界中で議論が高まっている」と指摘。その上で「核時代に終止符を打つため、被爆国である日本が強いリーダーシップを発揮する必要がある」とし、核保有国の首脳を集めた「サミット」開催を求めている。


普段は「外国人参政権」や「国籍条項」などで、日本の主権をないがしろにしようとしている公明党(=創価学会)。このような偽りの声明に騙されてはいけません。かつて池田大作は「日本に原爆が落ちたのは、日蓮正宗を弾圧した報いだ」と発言している。自衛隊のクラスター爆弾も公明党(=創価学会)のせいで廃棄されることになりました。池田大作が父の国と称する中国は、ご存知のようにチベット、ウイグルなどで大量殺戮を行った国です。公明党(=創価学会)の平和に関する声明は、すべてまやかし、活動で疲れた学会員へのあめ玉なのです。

JR不採用問題が決着=4党解決策受け入れ-政府と組合側
4月9日20時29分配信 時事通信 
1987年の国鉄分割・民営化に反対した国鉄労働組合(国労)の組合員らがJRに採用されず、最終的に解雇された問題で、政府は9日、与党3党と公明党から申し入れがあった解決策を受け入れる方針を確認した。原告団と国労などの関係団体も同日、解決策の受け入れを決めた。これにより同問題は事実上決着。政府は旧国鉄(現鉄道建設・運輸施設整備支援機構)を訴えた原告910人に1人平均2200万円、総額約200億円を支払うとともに、JRに雇用面で協力を求める。
 解雇者1047人を出した不採用問題は、国鉄改革の「負の遺産」と言われる。歴代の自民党政権下では解決できず、発生から23年以上を経て、政権交代後の鳩山内閣でようやく解決することになった。これに関連し、鳩山由紀夫首相は首相官邸内で「この問題は長きにわたってそれぞれが苦しんだ。決着する方向になって良かった」と語った。
 4党はこの日、各党の幹事長名で前原誠司国土交通相に解決策を申し入れた。これに対し、国交相は原告団や国労が訴訟を取り下げることを条件に了承した。
 政府と4党が確認した内容は、支援機構が(1)昨年3月に東京高裁判決が命じた賠償金1人当たり1189万円(利子を含む、総額108億円)と訴訟費用374万円(総額34億円)を支払う(2)国労や全国鉄動力車労働組合(全動労)の各原告団などに国鉄改革当時の就職支援金などを参考にして算定した加算金約58億円を一括で支払う―などが柱。
 一方、JRの雇用協力をめぐり、4党は不採用者が集中する北海道、九州を中心に200人を採用するよう求め、政府がJRに要請することになった。前原国交相は人数に関しては保証できないとしたが、「(JRに)最大限の努力をしてもらいたい」と語った。 


この解決案を図るにあたり、野党であり、ましてや労働組合とは縁のない公明党(=創価学会)が同調したことは、どれほど労組の支持を頼みとする、民主党や社民党を助けたことになるのだろうか。しかし、民主や社民は参議院選挙前に公明党(=創価学会)に大きな借りを作ったことになる。逆に公明党(=創価学会)は身銭を切らないで、大きなポイントを得たことになる。旨いやり方ですね。こうしたことが今度の参議院選や、その後の国会における創価学会関係者の証人喚問に大きく影響するだろう。


新党ラッシュ 各党の胸の内は… 自民危機感 民主前向き
4月10日7時56分配信 産経新聞
平沼赳夫元経済産業相を代表とする新党「たちあがれ日本」、山田宏東京都杉並区長らによる新党が相次いで発足することで、夏の参院選は混戦模様となってきた。自民党は本来同党に向かうはずの票が流れかねないと警戒する。民主党からは冷ややかな声もある一方で、参院選後の連携の可能性も念頭に「首長新党」を歓迎する声も出るなど、各党それぞれに思惑があるようだ。
(中略)
 公明党は井上義久幹事長が会見で「公明党らしく地域の中にあるさまざまな民意をあげて戦っていきたい」と訴え、新党とは一線を画す姿勢を強調した。創価学会を支持基盤に持つ公明党としては、無党派層の票が分散すれば死票が増えて、結果的に比例代表を中心に議席を獲得できるとの読みがあるようだ。

 昨年の衆院選直前に結成し、新党では“先輩格”にあたるみんなの党の渡辺喜美代表は「アジェンダ(重要課題)の観点からすると山田さんらの新党は平沼さんの新党よりも近い気がする。選挙までは競い合って第三極全体の票を増やしたい」と述べた。渡辺氏は自民の低迷と世論の民主離れにより増えた無党派層のさまざまなニーズに応えられるとの理由で、新党ラッシュをむしろ歓迎している。そこにはみんなの党が着実に各種世論調査で支持率を上げ、存在感を増していることへの余裕もうかがえる。


「公明党らしく」とは何ぞや!? 「囲い込み式コミュニティー大作戦」のことかな? で、今では第三局ブームということで、いろんな党が出てきた。その意味では公明党(=創価学会)は、先駆者的な役割を果たしてきたともいえる。あっ、いえ、決して評価をしているわけではありません。やり方が巧妙だ!ということです。今の内閣をみれば「社民」や「国民新党」も言いたい放題ですね。
ところで「みんなの党」は民主へのスリ寄りはしていないし、「たちあがれ日本」も姿勢がハッキリしていると思う。公明党(=創価学会)とは違うようだ!

公明の山口代表、首相訪米を「リーダーシップない」と酷評
4月14日21時21分配信 産経新聞
公明党の山口那津男代表は14日の記者会見で、訪米した鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領の会談について、「日米の懸案事項の進展を図る絶好の機会だったのに見るべき成果がなかった。鳩山首相に強いリーダーシップが欠けており、外交面でも機能不全に陥っている」と批判した。

その鳩山内閣を「失望内閣」と称した“なつおくん”。遠慮なく「仏敵内閣」といえばいいのです。それはさておき、この一見、民主党批難にも思えるなつおくんの発言ですが、最近、民主党にヨイショばかりしすぎて批難を浴びたことへの配慮に過ぎないのでしょう。というのは、「鳩山を批難しても小沢は批判しない」といったジャーナリストがいましたが、正にそのとおりだとおもう。鳩山総理をコケにする傍ら、小沢とは秋谷前創価学会会長と会談しているのだから。公明党(=創価学会)は「鳩」を叩きながら、第三局ブームにあやかろうとし演出している。その裏では小沢と会談し、地方では自民党議員とつながりを持っている。いろいろな顔を使い分けていますが、胴体は一つ、総体革命(=池田大作戦)による、日本社会での制覇でしかありません。

<公訴時効見直し>刑事訴訟法改正案が参院通過 衆院へ送付
4月14日11時55分配信 毎日新聞
殺人など凶悪重大事件の公訴時効を見直す刑事訴訟法改正案は、14日午前の参院本会議で与党と自民、公明党などの賛成多数で可決された。参院先議のため衆院に送付され、週内に衆院法務委員会で審議入りする。

 人を死亡させた犯罪が対象。殺人など法定上限が死刑の罪は時効を廃止。傷害致死や危険運転致死、自動車運転過失致死などその他の罪は現行期間の倍に延長する。自公政権がまとめた内容に沿うことから、本会議では自民党が野党として異例の賛成討論を行った。【石川淳一】


ご存知のように東村山市議であった故朝木明代さんが殺害されて、今年9月1日で丸15年が経ちます。要するに時効になるはずでした。それがこの法案が成立することで時効が廃止されることになります。この法案には公明党(=創価学会)も賛成していますが、ある創価学会員としては“このような動き”(←クィック)もありました。


東大と医学部目指す「エリート校」 幸福の科学が全寮制中高を開設
4月10日13時42分配信 J-CASTニュース
2009年夏の衆院総選挙では「幸福実現党」から大量の候補者を擁立したことで話題を呼んだ幸福の科学が、栃木県に全寮制の学校を開校した。カリキュラムには、「エリート色」が強く打ち出されている。

 新興宗教系の学校と言えば、創価学会では「創価中学→創価高校→東大または創価大学」というキャリアが教団内のエリートコースとして定着しており、ひとつの「成功例」だといえる。3年後の進学実績がどうなるか、注目が集まりそうだ。

2010年4月に開校したのは「幸福の科学学園」。教団の「総本山・那須精舎」(栃木県那須町)の隣接地に建設され、敷地面積は約10万平方メートル。09年12月に設置が認可され、4月7日に行われた入学式では、全国から中学生77人と高校生119人が入学した。
(中略)
いわゆる「新興宗教」に分類される宗教法人を母体とする学校で、「健康な英才主義」を打ち出しているのが、創価学会系の創価高校(東京都小平市)だ。「エリート志向」という点では、幸福の科学学園と共通していると言えそうだ。創価高校では、約350人いる卒業生の大半が創価大学(東京都八王子市)に進学するものの、10年の入試では3人が東大に合格している。また、創価大学からは多くの司法試験合格者を出していることでも知られる。「創価高校→創価大学」というキャリアは、教団内ではほぼ「エリートコース」として定着しているとも言って良く、幸福の科学にとってはモデルケースになりそうだ。

もっとも、幸福の科学広報局では

  「学園を設立するにあたって、創価高校・中学校を意識したり、参考にしたりしていることは全くありません。同じ宗教系学校として、あえてあげるとすれば、ラ・サール学園等を参考にしています」
と、創価学会をモデルにしたことを否定。ただし、幸福の科学は13年には関西に中学校・高校、16年には千葉に大学を開校する予定で、
  「将来的には、幸福の科学学園から幸福の科学大学に進学する子供たちも増えてくると思います」
ともコメントしている。やはり創価学会の相似形だとの指摘も出そうだ。


カルト天国の日本!最大の功労者は「創価学会」さまでございますだぁ~。

民主幹部、参院選で「公明票に期待」
2010.4.15 22:58 産経新聞
民主党幹部は15日夜、都内で記者団に対し、夏の参院選について、「衆院議員と違って参院議員は支持率(低下)を気にしない。(支援)組織の重要さを知っているからだ。(参院選勝利には)あとは民主党幹事長室でどれだけ業界票を持ってくるかと、公明票だ」と語った。

この民主党の幹部とはだれなのでしょうか?私の予想では赤松農相ではないか、と思えるのですが・・・。というのもここ数年前から、民主党が石井一をはじめとする創価学会批難が起こるたびに、創価学会へのホローともいえる発言を何度かしていました。今では創価学会批判も聞かれなくなりましたね。で、まあ、今年になって小沢と秋谷前会長が会談したように、今では民主・公明党(=創価学会)協調路線は民主党の総意といえるのでしょう。次の選挙では民主・公明党(=創価学会)にレッドカードを突きつけなくてはなりません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。