スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大阪維新の会」を応援します

皆さま、こんにちは。

ご存じのように、大阪市長選挙・大阪府知事選挙の「大阪W選挙」が行われる11月27日が近づいてきました。いろいろと注目される選挙です。ひょっとすると大阪にとどまらず、日本を変える選挙になる!私としてはそんな期待をしてしまうのです。

このブログでは「大阪維新の会」を応援しています。

「大阪維新の会」ホームページ
http://oneosaka.jp/ (←クィック)

a.jpg
大阪市長選挙候補者  橋下徹氏


matui.jpg
大阪府知事選挙候補者 松井一郎氏


こんなニュースがありました、

朝鮮人の強制連行めぐり「ピースおおさか」が“虚偽”展示 写真4枚を撤去
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111029-00000517-san-soci
産経新聞 10月29日(土)1時57分配信
戦争と平和の調査研究と展示を目的に、大阪府と大阪市が出資して設立した財団法人「大阪国際平和センター」(ピースおおさか)=大阪市中央区=は28日、日中戦争をテーマに、朝鮮人労働者の強制連行などについて展示された「朝鮮コーナー」の写真4枚すべてが、解説文の内容と異なっていたとして撤去した。

 朝鮮半島で撮影された写真を、日本での強制労働の様子と紹介したものや、日中戦争時の写真としていたものが、大正時代の撮影だったことが判明するなどしたという。いずれも、平成3年の開館当初から展示されていた。

ピースおおさかによると、橋下徹知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」所属の府議から、今年9月に間違いではないかと指摘され、調査していた。


別にこのニュースがあったからといって「大阪維新の会」を応援するのではありません。以前から橋下徹氏は見どころのある政治家だと思っていました。

私は橋下氏が約4年前に知事選に出馬表明したときは、大阪公明党の支持を受けたことだけで、批難したものでした。あれから4年、橋下氏は自公の拘束にとらわれることなく、府政を正し、財政を立て直してきました。私の橋下氏への評価は大きく変わってしまいました。

橋下氏のことを裏切り者呼ばわりする人たちがいます。橋下氏は先に述べたとおり、自公の支持を取り付けてきました。ところが逆に支援した自民は、多くの府議会議員や、市議会議員を維新の会に引き抜かれてしまいました。また、公明党(=創価学会)の方は、府議会選挙の区割り等で、より苦しい情況に追い込まれてしまいました。

ですが、それは、腰が重く、のんべんダラリとした政治家、政党が悪いのであり、自業自得であるといえます。志のある一人の政治家がことを成すためには、キレイごとだけではなく、策略を持って臨まないと先に進めない。それほど今の日本は腐っている。今の自民党を見てください。大阪市長選ではかつて戦い、そして敗れた相手である平松市長を支持するのだという。信じられません!利権・保身のためならなんのその!って感じですね。

今回の選挙は「大阪都構想」ばかりが争点となっています。例によってマスゴミによる世論操作として、そればかりがクローズアップされています。ですが、実態はそればかりではなく、自民党が平松氏を応援することで分かるように、「既存利権・既存保身」との戦いなのです。そうした勢力にとっては、平松氏は打ってつけの人物ということなのでしょう。平松氏は自身の市政を振り返って「道半ば」と称しています。この先、平松氏に成し遂げられるものとは何でしょうか?丸々一期4年、大阪市長を務めた平松氏に、実績といえるものがあるのでしょうか?

橋下氏は敵の多い人です。既成政党・マスゴミ・そして山口・光市であった「母子殺人事件」の弁護団などのエセ人権派集団。どれもこれもろくでもないものばかりです。最近では「新潮」や「文春」なども呼応するかのように叩きまくっています。それだけに橋下イズムが痛いところをついているといえるでしょう。

今回の大阪W選挙ではいうまでもなく、

 「大阪維新の会」は2戦2勝しなければ意味がありません。

1勝1敗では敗北と同じなのです。それと同時に、「橋下徹・大阪維新の会」によって波及される政治姿勢を、全国にも反映させたいと願う者の敗北にもなるでしょう。

このブログを読まれていて、大阪にお住まいの方、また、知人などおられる方は是非、「大阪維新の会」の候補者

大阪市長候補 橋下徹

大阪府知事候補 松井一郎

を応援してくださいますお願い致します。


思えば、明治維新も元々は地方の有志が都にのぼりつめて、ことを成し得たものです。その再現がなるか!といえば鼻で笑う人もいるでしょう。ですが、まわりの様子ばかり見て、後出しジャンケンばかりする政治家、中国、南北朝鮮と裏でつながり利用して、自分の支えとする売国派・左翼派政治家、カルト宗教を票田に延命する政治家。そんな政治家はもうこりごりではないでしょうか?




<追記>
この私は一個人であり、勝手連的に「大阪維新の会」を応援しています。ですので「大阪維新の会」の意向で記事を書いたりしていることは一切ありません。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

応援してます!

 昨日も別サイトからメールしましたが、とにかく橋下さんの活躍に心底応援し期待してます。
私はたまに人から“右翼だね”と言われますが、そんな見方もあるんだなと意外に感じるることもありますが、私は単純に日本人が日本人として他国に対してリーダー的存在として切磋琢磨しているだけの事です。
 国政で飯を食っている人間ですら日本人としての自覚もなく、恥さらしがその自覚もない輩も馬頭ら少ないと言うことを民主党は教えてくれました。
 いまの日本は教育にしても政治にしても宗教にしてもポリシーのわからない烏合の衆状態です。
 橋下さん!この勢いで流れを断ち切って本来の日本を取り戻してください!
 日本の精神文化にしても他国に馬鹿にされない世界的レベルの崇高な文化もあります。
日本は世界に対して的価値は必然的に存在すると確信しております。
 その自覚も恥もないのが今の民主、多くの自民の議員たちです。
これ以上だらだらと述べる気はありませんが今の流れでへこたれること無く頑張ってください。
それが私の生き甲斐でもあります。

はじめまして

菅野さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

私も橋下氏には大いに期待しております。選挙後、民死党・自民党・公明党(=創価学会)も迎合体制に入りました。全くヘドがでそうです。

民死党はどうにもなりませんが、自民にもがっかりさせられます。谷垣ー石原伸晃ラインは能無しのていをさらけ出してしまいました。さっさと交代しろといいたものです。

しかし、橋下氏にも不安なところもあります。手話には喜べないのは、地方分権・道州制の導入でしょうか。これが沖縄に及んだ場合、とんでもないことになりかねませんよね。

国家として集約、徹底すること。地方として独自色を出せる部分ときっちり分ける議論が必要とされます。

No title

現在政治へ進出するのに公明党の票を当にしている橋下くんに嫌創価、そんな保障がどこにあるのでしょう?
是非、納得の行く様わかり易く説明して下さい、

No title

納得のいくよう説明してほしいのなら、自分がどの政党を支持していて、その理由ぐらいは書いてほしい。

>そんな保障が・・
どんな保障だろうか?政治家が自分の財産を担保にする政治家がいるだろうか?

橋下氏が公明党(=創価学会)の選挙区に候補者を立てない、との約束は正直ショックでした。ですが、橋下氏が公明党(=創価学会)の応援を取り付けるのは、府知事選から2回目となります。

知事選で当選を果たした橋下氏は、公明党(=創価学会)よりの政治をしたでしょうか?府議会議員選での区割りでは、議場で暴れる公明議員を押しのけて議案を通した。

橋下氏にすれば、公明党(=創価学会)は道具にすぎないのでしょう。まあ、同じことは公明にもいえるけど。

最近、保守系ブログでも非難されることの多い橋下氏。その気持ちはわからないでもないが、その中には右派を語る左派や朝鮮系工作員も交じっていることだろう。

保守系の政治家がその道を進もうとすれば、極めて困難な時代となってしまった今日ではある。同じことは石原都知事にもいえる。

それでもいやならリコール運動でもして、平松さんを市長にもどせばいいでしょう。

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。