スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価デモは信濃町でやれば

まず、最初に真野真作 くんへ、意味不明のことばかり書いてくるので、これからは公開しませんのでコメントしないでください。

でもあま、最後となったコメントは日本語にはなっているようだね。


さて、安保法案はめでたく今日未明に、日本国民の民主主義議会の下に成立しました!!!(^∇^)ノ

日本が経済だけでなく世界の平和と安全を守る活動に、より一層、踏み込めることはよろこばしいことですね。


ここ数日の国会は本当にひどい様相でした。そのほとんどは民主党議員によるものでした。そのひとり福山哲郎は暴力団の若頭といったところです。次の選挙では落選してほしいものです。そして安倍総理、鴻池委員長、ヒゲの佐藤理事、自民党、法案に賛成された野党にみなさん、おつかれさまでした!(^∇^)ノ

さて国会前でのデモには創価学会員も参加していたのは、多くのマスコミが取り上げていました。例の三韓カラーのプラカードを持ち、 左翼連合の傘下に甘んじながらテレビの前では声を張り上げていました。

私が思うのは、創価デモは国会前ではなく、信濃町で、声を届けるのは公明党ではなく、創価学会に、届けるようにしたらどうですか?ということです。公明党は創価学会の下部組織なのですから。それが手っ取り早く、効果的に公明党を動かすことになるでしょう!ということです。次からは是非そうしてください。

公明党(=創価学会)を平和の党だといっている人がまだまだ多いですね。公明党は変わってしまったのだと。でも外部の目線でみると、公明党(=創価学会)は変わったのではなく、その時々に“利”というものを取り込んできただけなのだと。昭和の30年代にはじまる平和を唱える運動も、新しい信者の獲得と組織の高揚感を上げるための手段であったといわざるえないのです。


スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。