スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりにも悲しい

長い間休んでしまいました。それでもここを訪れていただいた方には、お詫びと感謝を申し上げます。

私の身の回りは、最近、悪いことばかりです。もう、本当にろくでもないことばかり・・・

まず、私の父親だが、学会員である母親に押し切られ、創価学会に入信していたこと、それをいままで隠していたこと。その間、私はちょくちょく実家に帰り、コミュニケーションをとっていたつもりだったが、そのことに気付かなかった。ネットで創価学会批判を繰り返している間に、そのような事態となっていた。これは正直ショックだった。それ以来、実家へは足が遠のいている。もう、勝手にしろと言いたい。

この春の地方選挙も、私の地元では結果はろくでもないものだった。公明党が十数年ぶりに、議席を増やした! などと地元の三流新聞に出ていた。次の日の朝、職場の学会員の顔がそれみたか!といわんばかりの顔に見えた。いや、そういう顔だった。職場では、私は創価嫌いで通っている。

もう一つ挙げれば、昨年から続く、創価学会を批判する人気サイトが閉鎖していくことだ。これについては皆様も同じ気持ちではないだろうか。そんな中、私も参加させていただいた「創価学会放棄宣言」も閉鎖するという。ショックであり、本当に残念でしかたがない。だけど、もう今は、開設者である おもいやりのこころさん をはじめ、そこで知り合えた方々には「ありがとうございました」「長い間、ご苦労様でした」というしかない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

上の方、コメントありがとうございます。

お互いがんばりましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コオロギ丸さん、初めまして、そしてこんばんは。


父親の「創価学会」への入信、実に残念ですねぇ。・・・

やはり、「心通わしていると感じる人」に強く言寄られると中々と断ることが出来ないものが人の心情なのかもしれませんねぇ。

そんな人の「良心と本音」を企業利用しようとする「創価学会」には益々といやになりますねぇ。

本当に。・・・



その上で、最近の数々のブログの閉鎖には、私も悲しさを覚えています。

出来れば以前の様な、「元気」な界隈に再生してほしいものだと思えています。

では、では。それでは。




孫悟海さん、はじめまして、こちらこそ宜しくお願いします。お名前は、よく存じてます。

父の件は、入ってから数ヶ月経ってから聞きました。うちの母親もけっこう狡猾なのかもね。全く、ハァーです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは、上の方。
いろいろとお世話になってなす。

私の方は、元気をだしてがんばろうと思います。
これからも宜しくお願いします。
sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。