スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヤガラセの目的は?3

前回からの続きです。
人によっては様々なイヤガラセを受けていることだろう。それぞれ、身に浸みておられることだろう。そうした中において気付くのは、学会員がその後の反応を確かめていることだろう。そのようなことはないだろうか?

例えば、放火したものは、よく、現場に戻り、その後の状況を確かめると言う。ひき逃げをした者も、現場に戻って、その後の経過を見ると言う。しかし、学会員のイヤガラセも、同じだけれど、その反応を見て相手を追い込んでいく、その結末は被害者にさせるよう仕向けることではないだろうか?そんな情況に嫌気がさし、引越しさせる、辞表を書かせる、怒らせて暴言を吐かせ墓穴をほらせるなど、イヤガラセの本人は結末を迎えた場合、被害者を散々追い込んでおきながら、素知らぬフリをするのが、いつもの手口だ。なので、結末を向かえた場合に、自分に責任が来ないように、圧力を加えながら、決定的なダメージを与えないのが学会員流といえる。私も職場で長々と経験している。またネットでみかける被害も手口は違っても本質は同じだろう。

被害に遭っている方で、どうにも我慢できないという人もおられるだろう。その場合、一番いけないのは“キレる”ことだ。これは学会員の思う壺、術中にはまることになる。最悪のパターンだ。それこそ、待ってました、と言わんばかりにあげ足を取られることになる。
どうしても我慢できない、また、どうにもならない、と判断した場合には、残念だけれど身を引くのが正解だと思う。転職、引越しもやむ得ないだろう。「何で私だけが」と言いたいだろう。正しくその通りだと思う。しかし、残念ながら、日本の社会において、そうしたカルト宗教に対する認識は、まだまだ充満していないのが現実だ。聞き入れてくれる機関がない。私も職場でその弊害について、親しい同僚に説明しても、本気にしてもらえないのが現状だ。創価学会の幹部連中はそのことをよくわかっている。そのことにあぐらをかいているようだ。

さて、私のことを少しばかり。私のされたイヤガラセは前に書いたけれど、最近ではそのよなことはされていない。これは、私が彼らの存在をいろいろな人達にチクったからで、ちょっとした問題になった。だけれど、運よく、チクった人が決定的なことを学会員に伝えなかったこと、彼らもそのことを問題にするのは、ますます回りから疑われると判断したのだろう。なんとか、クビにならずにすんでいる。イタズラ電話などのイヤガラセはなくなったものの、代わりにされるようになったのは、人と会話していると、割り込んできて、邪魔をするようになった。他にもケチなことをされている。そんな時は、わざと学会員の見ているところで、会話をするようにしている。会話の内容は、創価学会とは関係ない世間話だ。時々、学会員のいる方向を見ながら話すと、話相手もそちらを向く、学会員も気になって仕方がない。一度、学会員の反応をみようと振り返ると、すぐ近くまですっ飛んできていて、反応のすごさにびっくりしたことがある。思わず「あっ」と叫んでしまった。彼らにも疲労を与えてやろうということだ。こうした“しっぺ返し”も10回されれば2.3回返せば充分だ。それで、均衡を保っていると私は自己満足している。間違っても、された以上のことをしてはならない。
私は、何かされれば、やり返そうと思っている。私は彼らのしたことが自分たちに返るよう、鏡になろうと思う。学会員は親切にも私を鍛えてくれた。お礼をするのが常識だろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コオロギ丸さんはいつも大変そうですね。
うちとは若干環境が違うみたいやけど。

うちのまわりはたいがいがええかげんやね。
わざとかしらんけど、さっさと帰ってもて、
ほったらかしの仕事を仕上げたこともあるし。
それを受け取りに来た得意先も学会員やし、
ええかげんな学会員に仕事頼んだってこともわかってるから、
おたがいに全然信用しとらへん。。。???
実際、学会員同士の陰口って多いよ。
不思議不思議ほんまに不思議。

あんたらどういう関係なん?って思いますわ。

コオロギ丸さん、がんばってくださいね。

初めまして 偶然にこのサイトを見つけて
更新のたびに興味深く読んでます。
私自身は宗教は まったく関心が無く
ある意味宗教に のめり込める人が
そこまで入り込めるのが 羨ましくも思ったり
した事もあります。
でも 選挙のたびに公明党=創価学会の力が
大きく作用してて ぞっとしてます。。。
私は そんな関わりが無いんで 嫌がらせなんて事は無いんですけど 陰湿で酷いですね。
このブログを読むくらいしか応援に ならないけど 負けないで下さいね!!
更新楽しみにしてます。

追伸
拍手押しときましたw

一番上の方、こんにちは。

ところで、貴方様の貼り付けたリンクには、なんの意味があるのか、さっぱり分かりません。

三九郎さん、こんにちは。

学会員どうしの陰口も、そう感じさせることで、プレッシャーになりますよね。精神衛生にご注意ください。

三九郎さんの職場の学会員とは様子が違うようですか。うちの職場の学会員の特徴は、信仰心を感じさせない、又は、本当に持っていないと思えるところです。これについてはいずれ別の記事で書くつもりです。お楽しみに。

takaさん、ようこそ、はじめまして、宜しくお願いします。

takaさん自身は創価学会とは縁がないのですね。とてもよいことです。創価問題の特徴は、その被害に遭った人と、そうでない人とのギャップが大きいことにあります。つまり、実際に創価学会に触れないと、その被害が理解できないことにあります。たとえば、振り込めサギや、悪質リホームなどは、一部の被害者がでればすぐにメディアととうして世間に広まり、理解されるのとは対照的です。

しかしながら、そうした創価学会に縁のない方が、創価学会問題に興味をもつことは、これからの人生において実に有益なことと思っております。「博士の独り言」というブログでは、「現代はカルトと向き合う時代」といっています。将来、そうしたものに触れた場合、事前に学習したことが、必ず役に立つと思います。

みなさまへ

う~ん、しかし、今度始まったこの「拍手」ボタン

いったいなんなんだろう?

試しに自分でも押してみた。おおっ自分でも拍手できるではないか。

しかし、つまらない企画だと思う。できればはずしてほしい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コオロギ丸さん、初めまして。

ひょんなことから創価学会を知る必要に迫られたプルートです。

調べ始めた当初、学会員で仏教学者の方の講演記録に  ・体験発表する方を褒めてあげることが大事 というのがありました。

体験発表?褒める??で、東京に在住の友人にこのことを話したところ
 ”あははは~・・・。誉めてもらわないとわからないんだア。 だから薄っぺらいんだわ”  と。

その友人、たまたま仕事上でフォローした人が学会員であることがわかったらしいのです。
それからしばらくして、友人の営業所の所長が偶然学会員であることが判明。
お互いが学会員であることがわかってから、彼女に仕事が回ってこなくなってしまいました。

彼女は言いたいことを飲み込んで、営業所を変えました。
”いい所長だったんだけどね~”

何でしょうね、この身内意識。

先週、年金問題で内閣支持率が下がり不支持と逆転しましたが、この不支持を表明した方達の中に、公明党支持者(学会員)はいないと思うのは私だけでしょうか。

おおっ、プルートさんだ、ようこそ!いらっしゃいませ。

「放棄宣言」の方で、よくお名前を拝見してましたよ。

>褒めてあげることが大事 
うん、そうですね。私の母も折伏されたときは、もう ん十年前ですが、あまり人によく思われない性格の持ち主でしたが、座談会に参加して、とにかく褒められたようです。母の感動は相当だったようです。うん、やはりカルトはアメとムチなのですね。

>彼女に仕事が回ってこなくなってしまいました

これはお気の毒です。そこを何も言わずに去ったご友人は立派なかたですね。

>何でしょうね、この身内意識。
こんな話があるのですが・・・
ある日本の銀行のソウル支店で、人の募集を現地の副支店長に任せたところ、身内のものばかりを入れてしまったと、そこで文句をいうものに任せたところ、その人も親戚縁者で固めてしまい、その支店は、二つの同族によって固められたそうです。

私は「イラガラセの目的は?4」で学会員の朝鮮人化を書きました。日本にもそうした習慣はあるにしても、向うのそれは桁違いといえるでしょう。
これからは、もっと調べてみたいと思いますが、学会員のそれも一般の日本人とは桁違い、と言えるケースが多くはないでしょうか?

>不支持を表明した方達の中に、公明党支持者(学会員)はいないと

これはどうでしょう?私は学会員の多くは、安倍がダメなら他に換えれば良い、と思っている人が多いような気がします。極端なことをいえば、自民党がダメなら、民主党につけばいい、と思っている人が多いのではと。学会員の性格から言えば、内閣支持率はどうでもよいのではないか、と思ってます。

プルートさん、また是非、寄ってください。

コオロギ丸さん、お返事ありがとうございます。

>安倍がダメなら他に換えれば良い、と思っている人が多いような気がします。極端なことをいえば、自民党がダメなら、民主党につけばいい

本音を言えば、与党であればどことでもくっついていい・・・・・というところでしょうね。

H12年の衆議院選で、当時の太田幹事長は「残念な結果」の理由の一つに
◎与党になったことについて、従来の支持者に 十分説明しきれなかったこと
 (反自民を貫いてきたはずの公明党に対する、 古くからの支持者の反発が予想以上に大きか った)
ことを挙げていました。

この反省があれば、与党になれそうなことろとくっつきたいという姿勢を露骨にはだせなように感じます。

また民主も公明も、お互い協力などしないと啖呵を切ったのは割と最近ですから、公には難しいでしょうね。

政権与党をになう「常勝」がトレードマークの公明党を支持する学会員の皆さんとしては、無視できない支持率の逆点のように思いました。

逆に、組織と個人あるいは仏法を切り離して考えることができるなら、一歩前進ではないでしょうか。

衆議院選の比例の得票数と参議院選のそれを比較してみたい気がしますが・・・・。

こんにちは、プルートさん、お返事遅れました。すいません。

民主党の例えは適切ではなかったようです。

>露骨にはだせなように感じます。
もう7年も前のことなのですか、しかし、先の統一地方選では公明党の公認候補はすべて当選したようです。そうした学会員の戸惑いも、すべて丸め込めると創価学会幹部たちは、かえって自身を深めているとも思えるのです。

創価学会は学会員に選挙運動させながら、一般の新聞やテレビを見ることをよく思ってません。それこそ文字通り、集票マシーンであってほしいのですね。

>民主も公明も、お互い協力などしないと啖呵を切ったのは割と最近

いままで、政界の編成としては、「自・自・公」や「自・さ(さきがけ)・社」などがありましたが、どれも国民にとってビックリサプライズではなかったでしょうか。啖呵ときることが即、物別れとはいかないのも政治の世界のような気がします。

どうでしょう?参議院選挙の結果次第でどうなるかわかりません、と思いたいですね。一度、保守派はひとつになって、公明党を与党からたたき出してほしいものです。

コオロギ丸さん、お返事ありがとうございます。

>啖呵ときることが即、物別れとはいかないのも政治の世界のような気がします。

政治ってそうでしたね。
一貫性が求められる宗教とは対極にあるもののような気がします。

いろいろ大変だと思いますが、これからも情報を発信して下さい。
応援しています。

プルートさん、ありがとうございます。

これからも精進してまいります。

これからも、コメント 宜しくお願いいたします。
sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。