スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公明党に政治理念はない

相変わらず暑い日々が続きますね。明日からは前線が南下してきて、こちらは雨だそうです。気温も下がるのはいいですが、夏の疲れが出てきそうですね。無理は禁物です。

そうそう、今日は安倍政権2期目の組閣がありましたね。政治には疎いのでよくわかりませんが、テレビなどで出ている安倍内閣を揶揄した言葉に“お友だち内閣”なんて出てきてますが、あれは誰が言い出したのでしょうか?あれは派閥政治を解消して、改革路線の象徴として国民の高い支持率を得たのでした。最近のテレビはフェア精神に欠けているなぁ~と思ってしまいます。

今回の組閣は挙党一致内閣なのだそうです。なんだか小泉改革路線前の派閥政治に逆戻りしたようで、これで国民の信頼をえられるのか疑問ですね。安倍総理にとっては次に来るであろう衆議院の解散選挙までが正に正念場になりそうですね。

さて、そんな中、選挙で惨敗しながら、自らを省みることなく自民党を批判し、自分たちの反省はなおざり状態の公明党にはいったいなんの理念があるのでしょうか?

大田代表は「生活者重視の政策を重点的に進めなければならない」などといっているが、それでは今までの政策は一体なんだったのかな?

池田大作「安倍総理はもう少しやると思っていたが」・・・何をいってんだか、

だいたい8年も連立を組んで今更うえの発言はないだろう。公明党が自民党と一緒になってから、医療費は増えるは、格差社会は進むは、個人情報保護法など言論弾圧につながる法律を作るわでろくなことがない。公明党に政治理念などないことがよくわかる、自民との連立ではなかったでしょうか?

公明党のいう政治理念とは、池田大作を中心とした創価ファミリー(一般の学会員に恩恵はない)の権力と金の掌握であろう。そのための創価学会の総体革命であり、創価学会政治部ともいうべき公明党の政治活動と考えれば、公明党のやっていることは全ては合点がいくでしょう。

今後、公明党が政権与党であり続けるには、場合によっては民主党との連立も視野にいれるでしょう。もしそうなった場合、公明党は今まで民主党をボロクソ非難しており、学会員もそれを鵜呑みにしてきました。学会員には民主党に対するアレルギーもあるでしょう。先の大田代表や池田大作の発言は、いずれは民主と組むかもしれないといった情況になった時に、それまでに学会員の思考を転換しておかなければならないといった思惑が働き、その最初の布石と考えれば、分かりやすいのではないでしょうか。

今後、公明党は民主党批判を控えるでしょう。全く止めてしまうと露骨なので、それをカモフラージュする意味での批判はするでしょうが・・・みんなでチェックしましょう。

何度もいいますが、公明党に政治理念などないのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。