スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝逆転勝訴「フォーラム21」

秋が日ごと深まる今日この頃、そろそろ鍋料理もいいかもしれませんね。
熱燗でキュッといきたいところです。
さて、皆さまはもうご存知ですか?創価学会関連裁判の朗報を。

                 東京高裁
            創価学会が敗訴
         雑誌記事 名誉棄損取り消す


雑誌記事が名誉棄損にあたるとして、創価学会が発行者らを訴えた裁判の控訴審で東京高裁は二十六日、一審判決を破棄し、創価学会全面敗訴の判決を言い渡しました。
 逆転勝訴したのは隔月刊誌『フォーラム』発行人の乙骨正生氏ら。判決などによると同誌二〇〇四年一月十五日号が「検証―新事実が明らかになった『東村山事件』」という特集記事を掲載。創価学会(青木亨理事長=当時)が、この記事は学会が事件に関与しているとの印象を与えるとして損害賠償を求めて民事提訴しました。
 判決で一宮なほみ裁判長は、「記事を一般読者の普通の注意と読み方を基準として全体を通読した場合」に、学会が主張するようには「到底読み取ることはできない」と判断。百七十万円の賠償と謝罪広告を命じた東京地裁判決を全面的に取り消し、一審以降の裁判費用もすべて創価学会が支払うよう命じました。

2007年9月27日(木)「しんぶん赤旗」より


まず、「フォーラム21」の皆さまに、「おめでとうございます」の一言を申し上げます。
そして、無念の死を遂げられた、当時東村山市議会議員であった朝木明代氏の、名誉回復に繋がる大きな一歩として歓迎したい。

さて、この裁判の元となる「朝木議員、なぞの転落死」事件をまだご存じない方もおられるかもしれない、詳しく書かれたサイトを見つけたので、下に貼り付けました。まだ知らない方は是非、この機会に読んでください。

http://soriushi.at.infoseek.co.jp/vol.7.htm


現在は、亡くなられた朝木明代議員の遺志を、娘である朝木直子氏と盟友だった矢野ほづみ氏が同じ市議会議員として受け継がれています。直子氏は今年2月自宅で暴漢に襲われたそうです。正に命がけの活動です。お二人の政治活動に敬意を表します。

矢野ほづみ氏のホームページはこちらです。

http://www.geocities.jp/yanohozumi

みんなで応援のメッセージを送りましょう。

追伸


先の参議院選挙での大敗がこんなところにも影響した!・・・なんていったら、あまりにも突拍子と思われるでしょう。でも、池田大作が恐れる瓦解のシナリオは、こうした神通力の低下ではないでしょうか?選挙の敗北による個々の学会員の、今までの高揚しすぎた思い入れの興ざめは、創価学会全体の神通力の低下に繋がる。その影響は今後、いろんなところで出てくるでしょう。

正念場の池田創価学会。最近の「戸田・原水爆禁止宣言」の取り扱いをジャーナリストの古川利明氏は「再びコウモリ飛行を始めた池田大作」と評している。池田創価学会が、再び学会員に喝を入れるためには、ワンクッション必要だど判断したのだろう。

そんな池田大作について「フォーラム21」9月1日号の中で、乙骨正生氏は次のように語っている。

「池田さんのカリスマというのは、昭和31年の参院選大阪選挙区での勝利、すなわち『大阪の戦い』で勝利したことを淵源にしている。それだけに選挙で敗北することは、創価学会の生命線ともいえる宗教的正当性と池田さんのカリスマの崩壊を意味する、このこと(参議院選の大敗のこと)は創価学会なかんずく池田さんにとっては致命的な痛恨事といえるでしょう」  とね。  



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

東村山市の非活創価学会員です。強制的に入会させられ、退会したいのですが嫌がらせを受けることがわかっているので、脱会していません。とりあえず、嫌な顔をせず演技しています。

裁判で創価学会が敗訴になったんですね。

東村山市内では上記に登場している人たちを「地獄に落ちろ」という内容の●●唱題会があります。恐ろしくて、恐ろしくて・・。狂信創価学会員には近づきたくありません。でも、私と同じことを思っている学会員人は多いです。
創価学会東村山文化会館も「うるさい」と近隣から訴えられ、裁判で負けたそうです。いつか壊すのかな?だから、新しい文化会館を別の場所に造っているのかな?

ようこそ、お越しくださいました。
こちらこそよろしくお願いします。

創価学会に関わる度合い は人によって様々ですよね。比較的簡単に脱会できる人もいれば、非活になるだけでも大変な人もおられると思います。

>裁判で創価学会が敗訴になったんですね
こうしたニュースはなかなか報道されません。なかなかインパクトがあると思うのですが残念です。

>●●唱題会があります。
そんな唱題会に参加すれば、どんなような顔つきになるのか、想像できますね。私の職場にも異様な顔つきの学会員さんがいます。「私は地獄に行きます」宣言しているようです。

>私と同じことを思っている学会員人は多いです
「想学サロン」をご存知だとおもいますが、そうした方々の声でいっぱいですね。みなさん、苦しい胸の内を語られています。

>新しい文化会館を別の場所に造っているのかな?
以前、目白の田中邸(故角栄さんの)の近くで、創価学会の建物の建設をめぐって反対運動が起きてました。そんなもの近所にできたらたまったものではないですよね。

創価関連裁判では結構、創価が負けた判決もあるようですよ。




東村山の学会員さんへ

東村山の学会員さんですか。うちの妻が東村山なのでちょくちょく行きます。
嫌がらせを恐れてとの事ですが、弁護士に一筆書いてもらって退会願いと一緒に本部へ送ったらどうでしょうか?
東村山だから辞め難いですよね。
うちは立川だから退会は大変でしたね。活動が盛んですし…
でも逃げていても何も変わりません。
勇気を出して退会願いを出せるように応援してます。

東京多摩地区といえば、公明党の各都市の議会占有率は全国トップクラスであることが、有名ですね。それだけ、活動家が多いということなんですね。

私は、創価学会を辞めたくても辞められない人は、せめて非活になってほしいと思います。そして学会員以外の多くの人とコミュニケーションをとってほしいと思っています。

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。