スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三色旗の風呂屋さん

今日は小春日より・・・ではなく、単なる秋晴れの昼下がり。朝の冷え込みが今までになく厳しいので、そんな錯覚を楽しみました。 ああっ木漏れ日がぁ~  暇なヤツだね~。

暇ついでに、最近、近所にある温泉(といっても銭湯に毛が生えた程度のもの)のお湯がいいと両親がいうので、一人でいってみました。

う~ん、確かに源泉から引いたお湯は茶褐色で、いかにも効能がありそうだ。お湯も程よく温めで、これなら20分でも入っていられそうだ。いや~、疲れがとれる!

気分よく上がって、番台を見ると、ボケーッとした肥満体の婦人が座っている。「暇そうでいいですねー」などと、自分のことは棚に上げて思ってみる。ロビーにでると、先の婦人の母親と思われるおばあちゃんが、ところせましと動いて、片付けをしている。「足して2で割ればいいのに」などと余計なことを考えてしまった。

新聞でも読もうと思い、各紙を選んでいると、「あっ あった! 聖教新聞だぁ~」 なるほどうちの両親が勧めてくれた訳だ。ここは学会員の集いの場だったのだ。なんとなくはめられた気分になる。それでも気を取り直し、聖教新聞を手に取り、ブログのネタ捜しをはじめる。

やたら「平和」の文字の連呼が目立つ聖教新聞。例の座談会記事も読んでみた。竹入氏の悪口をみんなでいっている。「よしよし、それでよい。相変わらず進歩がない新聞だけれど、非難するにはこの方が都合がいい」などと独り言。

じっーと読んでいると、近くのおばさんが微笑んでこっちを見ていることに気付く。軽く会釈すると、丁寧にお辞儀をしてくれた。私を熱心な学会員と間違えたのだろう。見るからにおだやかそうなご婦人だ。だけれど、私はこの手の学会員はたくさん見てきた。この手の学会員は、相手が自分の意に沿わない人物を分かると、ガラッと態度を変えるのだ。フンと思いながらも、私は態度を変えず、この奇妙な錯覚を楽しむために、また聖教新聞を読み始めた。しかし、どうでもいいけれど、この内容で1,880円とは高すぎる!これではボロ儲けといわれるはずでしょうね。

家に帰り、この温泉の情報をgooの地域情報で調べてみた。写真があって、なんと入り口にあの“三色旗”が掲げられている。ゲゲェーッ、全く、こんなことなら・・・またいって、聖教新聞を読むのと、錯覚を楽しみにいこう!!!

あ~っ、こんな記事を書くつもりはなかったのに、今日はこれで終わりそうです。

最近の公明党=創価学会。なにせ、前回の選挙で負け、今はシラケてしまった現場の学会員の機嫌取りに“こうもり飛行”を駆使しながら、躍起となっているようだ。そんなところを、次回書いてみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お邪魔します。
温泉!!いいですよね~何はともあれです・・・次回は勉強のためにも見させていただきます。
また遊びに来ます。
弊社ではオークションサイトを運営しています。
よかったら見てください。
http://jk-auction.tv/

宗教汚染

日本国民を利用した新興宗教汚染は人間を盲目に無知にする側面がある。いま反日・在日宗教は常識と知性を重んじているかどうかが問われている。

まして、コンプラアイアンスを無視した反日・在日創価学会などは都合の悪いことには頑なに創価団員が口を閉ざし、集団謀議して他人を悪意に陥れ心を閉ざしているとすれば、組織であっても美しい環境に汚染物質を垂れ流す邪魔宗教でなかろうか。

私の知る限り、宗教とは誰人が強制・強要なく参加し、楽しく自由に語り合うことができ、悪意に他人を陥れないのが普通の宗教といえよう。反日新興宗教団体のように常識を無視しコンプラアイアンスを無視した途端、悪意や狂気が芽生えてしまう。そこに、既存の宗教と反日・在日新興宗教団体の違いが桁違いに出てしまうのであろう。

宗教を悪用したビジネスである、池田教汚染は50年にも及び創価学会を利用した反日・在日独裁教組でもあり、「池田本仏論」他等で「日蓮大聖人の生まれ変わり」「生き仏」と妄言し、「敵を倒すには内側から」と組織関係者しか信用できないように洗脳したため。日本信者でもある創価団員は次第に人間不信に陥り、精神構造が貧しくなってしまった。そのためモラルが欠如し、創価学会独裁者の利権・利益のために、大人ばかりか子供たちをも利用し有害汚染された池田思想を平気で教え込むことになってしまったのだろう。

阻止するためには、危機管理体制として国家はこのような未来に輝く子供たちを守るためにも、官報、勇気あるマスメディアなどで有害な宗教団体の情報公開を徹底し危険性を国民に認識させ。また、このような悪徳宗教業者を排泄するには、宗教法人法を改正し課税特権を廃止し、共謀罪を活用し有効利用し有害な悪徳宗教業者を制裁し根絶するしかないのではなかろうか。

また、そのような有害宗教団体、反日団体が策謀する「外国人参政権付与法案(同、地方参政権付与法案含む)」「人権擁護法案」他等には断固反対しましょう。また、貧しい日本国民よりも優遇されている国籍無き在日韓国人・在日朝鮮人を対象にした在日特権(特別永住資格・朝鮮学校補助金交付・生活保護優遇・通名制度・他の特典優遇)の見直し及び廃止。また、特権在日犯罪者の国外追放及び帰国推進奨励制度の立法化運動に参加しましょう。「犯罪のない、未来ある、夢も希望も持てる国を思う、国民の一人として」
(練馬創価学会の真実より)

条件反射

こんにちは

温泉で聖教新聞だなんて、私ならせっかく取れた疲れが倍になって返ってくるような気がします。

私が定期的に人を連れていく病院にも一般紙、スポーツ紙と一緒に聖教新聞が置いてあります。
未だに読んでいる人を見かけたことがなく、いつも新品のままです。
創価学会員だなんて思われたら嫌だし、あの一面を読もうなんて思う人はそうはいないでしょう。

そんな誰も読んでいない聖教新聞だのに、私は気になってしまい、ついついエロ本を隠すように他の新聞を上に載せて、見えないようにしてます^^
過去に学会員とバトルをやったことで身に付いた習性かなあ^^;

優tubeさん、こんばんは。

う~ん、あんまりCMを載せられるのは歓迎しません。ご配慮お願い致します。

ところで、創価学会に興味ある?

おおっ瓦解さん、ようこそ、こんばんは。

瓦解さんのコメントはあちこちで見てますよ。
瓦解さんも相当な創価アレルギーに見舞われてますね。

このブログも、自分のことは大体書いたので、創価の時事問題に移ろうとしています。
だけら、ネタがほしい。

そんなわけで、これからは聖教新聞もたまに目をとうそうと思っています。

>ついついエロ本を隠すように他の新聞を上に載せて、見えないようにしてます^^

なるほど、おもしろそうですね。今度、風呂屋で、私もやってみようかな。おどおどしながら読んでいると、おせっかいな学会員さんが声をかけてくれるかもしれませんね。ブログネタの一丁あがりてなわけで・・・へへへ^^

sawasさん、いらっしゃいませ。

まず、謝罪します。sawasさんが6月3日に「放棄宣言」に投稿した記事を無断で転用しました。申しわけありません。何卒、お許しください。

再びsawasへ

私の職場の学会員は、在日コリアンが多く住んでいる団地の出身者が多く、あまり信仰心を感じさせない者ばかりです。

私は、在日問題の本を読むと、創価学会と共通する臭いを感じていまいます。

そんな分けで、創価学会の社会問題の解決は、教義の解釈などではなく、そうした在日問題の解明が大きなカギになると思っています。

sawasさん、また、是非コメントをください。
よろしく、お願いします。

すいません、上のコメントでsawasさんに敬称がありませんでした。

お詫びします。
sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。