スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふざけるな!「永住外国人に地方参政権を付与する法案」にNOを!

 国会で過去9年間に廃案4回、継続審議22回とたなざらしが続いている「永住外国人に地方参政権を付与する法案」の成立に向け与野党が再び動き出した。議員立法で法案を提出している公明党が自民党への働きかけを強めているのに対し、かつて「国家主権にかかわる問題だ」と訴えてきた自民党反対派は沈黙している。福田康夫首相の判断次第では、公明党など推進勢力が目標とする来年の通常国会での成立への流れが加速する可能性がある。


 11月27日産経新聞配信より



以前から、気になっていた法案が、実現に向けて動き出したようだ。この法案は今年9月10日に提出されたものです。9月10日といえば、安倍元総理が所信表明を行った日ではないか。国会の初日にあたる日に、こっそりと出されたこの法案、今まで、まったく話題にもならなかったのに、この突然のニュースに驚いてしまいました。上の記事にもあるように、過去9年間に4回も廃案になっているこの法案、にも関わらず、しぶとく提出してくるところは、さすがは公明党(=創価学会)といったところではないでしょうか?

参議院選や、先の大阪市長選と惨敗続きで、さぞ、しょんぼりしていると思いきや、矛先をかえて騒ぎ出すとは、全く、油断もスキもあったものではありません。なんとなく、いつもこの法案が提出されていることに、日本の政治家も国民も慣れすぎて、警戒心を失っているのではないでしょうか。その間隙をついてのこの騒ぎであり、正にヒット&アウェーの戦法と言えるでしょう。今回、総理は福田さんであるし、自民党も弱りきっているので、可決に向けて動き出すのではないか、とても心配なのです。

永住資格であろうと外国人に参政権を与えている国は、世界では北欧のある国だけだそうです。また、この場合でも、労働力を確保しようと、積極的に移民政策を取っていることが背景にあり、日本の場合のように、3世・4世と渡って永住する者に選挙権をあたえるべきかどうかは、次元の違う話なのだそうです。
(宝島社 嫌韓流の真実ザ・在日特権を一部引用)

ところが、韓国に参政権を付与された日本人がいるという。それはショック!と言うなかれ、ちゃんとカラクリがあるようです。詳しくは下にあるアドレスから「博士の独り言」を読んでほしい。

日本人はまだまだ、在日コリアン(北も南も含めた表現)のことを知らなすぎるのですね。
例えば「通名」と言われても知らない人が多いのではないでしょうか?一方、在日コリアンは日本人のこと、その社会や性格まで良く知っています。日本人が在日コリアンやその歴史を理解しないまま、今回のような法案が通ってしまうことは、後戻りできないだけでなく、日本社会での、未だに認識の行き届かない弊害も、更に拡大することでしょう。


在日票で100万票は伸びる!

ある公明党関係者が明らかにしたことによると、在日票があれば、あと100万票の上積みが可能になるとのことです。公明党(=創価学会)が躍起になるはずですね。

その先頭に立ち、奮闘している冬柴氏のホームページには、この永住外国人の参政権問題について「日本が過去の歴史とどう向き合うかという問題の裏返し」とあります。つまり、「日本政府が、戦前の日本の所業を本当に反省しているのならば、“贖罪”のために外国人参政権に賛成すべき」という論理になります。う~ん、やはりというか、つまり“過去の歴史”とあるのは、つまり南北朝鮮と中国に対してと解釈できるのではないでしょうか?では永住資格者のブラジル人は、この理論では対象とならないのでは?なんともお粗末な法案提出の趣旨であります。

さらに付け加えるなら、この戦前の日本の贖罪を元にした論理は池田名誉会長の主張をらしい。池田氏は中国に対する「贖罪」の必要性を説いた著作物を数多く出している。そして韓国ついては「兄の国」と絶賛しています。

もう一つ付け加えるなら、その在日コリアンの祖国韓国では、韓国創価学会インターナショナル(韓国版創価学会)では大きな集会を開いて反日運動を煽っています。創価学会は日本では韓国を「兄の国」と畏敬の念を持たせ、韓国では反日集会とは、創価学会のダブルスタンダードの真骨頂と言えるのではないでしょうか。
(宝島社 嫌韓流の真実ザ・在日特権を一部引用)


ネットでみると、日本の学会員には精神病にかかる人がたくさんいます。中には、この前の高崎市での事件のように、重大な犯罪につながることもあります。そのような学会員に対して、創価学会ではどんな対策を行って来たでしょうか。なにも顧みないばかりか、更に活動をさせようとしているではないですか、その成果が「永住外国人の参政権」の付与とは、オレオレ詐欺の犯人もビックリ仰天でしょう。

産経新聞のニュースはこちら
外国人参政権付与 首相次第?


「博士の独り言」はこちらから
創価「日本支配」か

申し訳ないのですが、文中にアドレスを貼り付けても、すべて最後に集まるようです。
ご了承ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コオロギ丸さん、こんちわ。

以前、周りの学会員にこのことで意見を吹っかけられました。
知識のなかった僕は
「参政権が欲しかったら本人が日本国籍とったらええことちゃうん?」
それで議論は終わってしまいました。あんまり真剣に考えてなかったみたいね。。。

それよりなにより庶民の味方の冬芝さんにお願いしたいのは、
ガソリンの税金をやすくしてもらいたいですね!
暫定税率とかいうやつ!暫定やったらいまこそ撤廃すべきやわ!

三九郎さん、こんにちは。

>「参政権が欲しかったら本人が日本国籍とったらええことちゃうん?」
そのとおりです。または祖国の参政権を要求するべきです。
在日の人たちは同じ地域に多くすんでいます。たとえば大阪の生野区では31,700人、東大阪市では15,131人となっています。もし、地方参政権を与えると地域によっては、日本の中に異国を創りかねません。その地域を目指して引越しをしてくる在日も出てくると思います。そうなると、そこに住む日本人は出て行かなくてはならないでしょう。なにかSFみたいな話ですが、在日たちの日頃の行いをみると、大げさなことではないと思います。

冬柴さんといえば、この前の石井民主党議員の質疑はどうなったんでしょう。ぜひ池田大作の参考人招致を実現してほしいものです。

全く、ガソリンが高くて困ります。もう、ガソリン税も廃止にしてほしいですね。

わぉ、柴の字間違ってましたか? 失礼しました。

結局、票集めのための法案なんですね。んん~~~。

しかし、今日からガソリン、また値上げらしいですね。
こないだ見かけた「レギュラー144円」が
めっちゃ安く思えてきます。。。

そうですね。結局票集めなんですが、それだけでは済まないようにも思えるのです。

石油のこの冬場に向けての値上がりはこたえます。灯油1缶が1,600円ぐらいですか、今月からもっと高くなったかな。灯油でお風呂を沸かす家の方は大変ですね。
三九郎さんも、車を買い替えたばかりなのに、燃料費が気になりますよね。

在日には是非、参政権を与えて欲しいなぁ。 その代わりに見識のカケラも無いお前の参政権剥奪されたらええのに(大笑)。

お手数ですが、削除お願いします。

さすが 在日

なかなかしたたかなもんだねぇ、ユー、いや
アルダナくん。運ちゃんさんのとこ締め出されて、ここにきたのか。

悪いけれど、キムチ臭いおまえのような在日を相手にする暇はないんだよ。
あっ、なんなら、コメントまた送ってくれよ。
おもしろかったら載せてやってもいいよ(嘲笑)。

参政権反対

在日に参政権与えるなら、まず特権を廃止してからですね。
永住権、いくらでも通名を使える(預金、ごまかし放題が可能)。。。
じゃないと、日本人への逆差別になってしまいます。
ここは日本、日本人のための国であることを忘れないでほしいです。

ようこそ

トクメイさん、はじめまして、よろしくお願いします。
ご意見ありがとうございます。
う~ん、私は特権は廃止しても参政権は別問題だと思います。やはり帰化しないのなら、選挙権は祖国のものを求めるべきではと。

トクメイさんのご指摘のとおり、貯金や収入をごまかして脱税できるなんてマンガ「嫌韓流」にも載ってましたね。

しかし、トクメイさんの文書を読んでいると、以前、どこかのサイトでお話したことがあるような、なんだかなつかしい気分になりました。

また、お越しくださいね。

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。