スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち目の教団に落ち目の芸能人


この前の新テロ特措法案の衆議院での再議決で、小沢さんが席を立ったことが波紋を呼んでいますね。波紋といっても小沢さんの計算済みのパフォーマンスなので、それは民主党の内外に向けたアピールと考えるべきではないでしょうか。

昨年11月の小沢さんの党首辞任会見では「民主党には未だ政権担当能力がなく・・・」とはっきりいってましたね。その発言と今回のパフォーマンスは何か関係があるような気がしてなりません。小沢さんのいう「政権能力がなく」とはどういうことなのでしょうか。

社民党は社会党と名乗っていた時代には総理大臣まで出しましたが、それまで自民党への批判票を受けながら、この国に対して何の役にも立ちませんでした。そればかりか、北朝鮮による拉致事件にも頑なに否定し続け、大きく解決への道程を遅らせています。そんな流れを汲む議員が民主党には大勢います。民主党は勢力を大きくするあまり、不用な議員を多く抱え込んだのでしょう。そんな現実にも立てない議員を抱えながら党をまとめるために求心力を保ち続けることの限界が、先の「政権能力がなく」という発言と今のパフォーマンスになったのではと、そんな党内左派をてなづけようとする小沢作戦ではないかと、私は邪推するのですが・・・。

そうとはいえ、かたや自民党も、公明党(=創価学会)とは連立を組んでいるし、「行革」といいながら、この国を動かしている官僚たちに頭が上がらないようだし、とても本気とは思えませんね。一体、どこに投票すればいいのか分からなくなりそうです。

おっとこれは嫌創価ブログでした。それでは・・・

今週の新潮を読むと、あおい輝彦氏が80歳を迎えた池田大作氏に、誕生日を祝う会で花束を贈呈した記事が出ていましたね。その昔、あおい氏は創価映画の「続・人間革命」であの“山本伸一”の役をやったのだそうです。あおい氏は学会員ではないそうですが、それがまた、祝う会に出席した学会員をおどろかせたらしい。新潮によればあおい氏も今では地方でディナーショウが多いのだそうだ。池田氏にこびいって仕事にありつくつもりなのでしょうね。

最近、池田氏賛美に新たに加わった芸能人といえば、アグネスチャンもそうですね。新しく新顔も増えたようです。今年行われるであろう衆議院選挙の芸能人部隊も揃いつつあるということでしょうか。いつまでもマチャミや山本リンダでは、学会員も奮い立たないでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。