スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪府知事選、勝ったつもりか!公明党

皆さま、こんにちは。

大阪府知事選では、橋下氏が勝ちましたね。圧勝だったようです。公明党(=創価学会)の地元レベルでの支持どまりとはいえ、その候補者が勝つことはやはりうれしくありません。ただ、今回の選挙は、政党色を薄めた橋下氏陣営の作戦勝ちなのであり、多くの無党派層の支持を得たことが勝因だったようですね。自公の勝利ともいえないようです。私は橋下氏は個人的には好感の持てる人なので、今後の府政に手腕を発揮していただきたいと思っています。

政党的にはどうなのでしょうか?民主党はどう反応しているのでしょうか?去年の参議院選挙からずっと追い風の中にあったようですが、それにもかげりが見えてきたのではないでしょうか。少しは頭を冷やして、なぜ府民の支持を得られなかったのか考えてほしいものです。

そして、公明党は・・・。はっきりいって、応援した候補者が勝つなら、地元の支持どまりではなく、党本部での推薦にして、創価学会・公明党の要人も応援に送り込み、大々的に選挙戦をやればよかったと思っていることでしょう。まったく“残念でした”といっておきましょう。

大体、今回の知事選は自公とも党本部での推薦を予定していたはず。なのに、前の大阪市長選の敗北に懲りたのか、地元レベルの支持にトーンダウンさせたのでしょうが(結局これが功を奏した)、しかし、公明党にいたっては前の市長選でも候補者の擁立で意見がわかれ、しぶしぶ容認したのは公示日の2・3日前のことでした。大体、自民党と組んでいること自体から考えれば、「今更意見の違いなんて関係ないだろう」といいたいものです。

そんなわけで、今回や前の大阪市長選で、公明党(=創価学会)は結果論でいえば、勝てる選挙を傍観し、勝てない選挙で死力を尽くしたといえそうですね。なにしろ、池田さんまでが負ける選挙に、わざわざ大阪まで出向いて恥をかいたのですから。“イケダカンピュータ”もガタがきたのでしょうか。でも創価学会のことだから明日の「正狂」いや「聖教新聞」にはでかでかと「学会師弟の絆の勝利」などと見出しをつけて載せるのではないでしょうか?

ところで池田氏の心中はどうなんでしょうか?今回の選挙結果を素直によろこんでいるのでしょうか?なにしろ力を入れた選挙で負けて、様子見を決めた選挙で勝ったのですから。こんなことなら「もう一度大阪にいけばよかった」などとわめきながら、側近たちにあたり散らさなければいいのですが。そういえば関西池田記念会館にできた「師弟常勝之碑」についても、もう少し日を遅らせればよかったのにね。どう、池田さん、もう一度除幕式をやる???


もう少しスペースがあるので裁判情報をひとつ。といっても残念ながら朗報ではありません。

「フォーラム21」1月15日号によれば、同誌が過去に掲載した記事「特報 正体が判明した創価学会・公明党の『ダミー本』の執筆者」と「『事前検閲』を可能にするもの」によって創価学会男子部の新宿区分区組織の主任部長(もう、肩書き長すぎよ)などを歴任した柳原滋雄氏が名誉毀損を理由に訴訟を起こした控訴審判決が昨年12月27日、東京高裁で言い渡されました。

この判決では一審どおりの判決が言い渡され、被告である乙骨氏と野田峯雄氏に対して110万円の賠償金の支払いを命じられました。被告側は最高裁に控訴をする予定だという。

私はこの2つの記事を読んだことがないのですが、池田大作氏の「代作」については他のジャーナリストも書いていますし、ネットでも紹介されています。何をいまさらといった感がぬぐえないのです。

ところで、創価関連裁判の記事を読んで想うのですが、創価学会や池田大作氏を批判した記事を書いても、本題から外れたその文書の一部に書かれている人間が、原告として訴訟を起こすのはどうしてなのでしょうか?その個人が起こした裁判に学会の副会長などの要職にある弁護士が何人も加わるのはどうしてでしょうか。これらの疑問は創価裁判の特徴とも言えるもので、つまりは、本題から外れた者が訴訟を起こすことで、問題や事件の本質から争点をづらそうとしていること。池田氏に争点がいかないよう防波堤となって守り抜くことなどが理由ではないでしょうか?本当は誰よりも判決を気にしているのは池田大作氏本人なのかもしれません。創価学会にとって裁判など戦術における道具の一つなんですね。池田氏においては、証拠さえ摑まらなければいい、などと高を括っているのでしょうね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。