スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くだらない公明党のニュースをザァーッとね 2

「昔の創価学会は良かった?」を外から考える


もう、本当に公明党(=創価学会)のくだらないニュースには辟易していますが、思わず「えっ」と驚いたり、バカにしやすいニュースがあったりして、というより多すぎて、記事にするには事欠きませんね。そんなニュースの中から選んでみました。

<公明>北側幹事長、一般財源化枠拡大に前向きな考え
3月4日0時0分配信 毎日新聞
公明党の北側一雄幹事長は3日夜、衛星放送BS11デジタルの報道番組「インサイドアウト」で、道路特定財源について「一般財源化を増やしていい。国民生活への影響や地方財政に混乱を与えないことが確保されれば十分話し合える」と述べ、一般財源化枠拡大を軸とする法案修正に前向きな考えを示した。
また、「役人寄り」との批判がある冬柴鉄三国土交通相(公明)の国会答弁について「もうひと工夫あっていい」と苦言を呈した。【野口武則】


もう、こういう公明党の見解も聞きたくないですよね。だったら法案に反対しろよ!また、批判をかわす策ですか?公明党(=創価学会)の策も見え見えですね。それにしてもこうした記事、また、毎日新聞の野口さんですか。もう、おなじみですね。

「久本雅美が公明党から出馬」 もっともらしい噂が駆け巡る
3月11日19時25分配信 J-CASTニュース
人気タレント久本雅美さん(49)が次期衆院選に出馬するのではないか、とスポーツ紙や週刊誌の一部が報道したのがきっかけで、ネット上では出馬に対して賛否両論が渦巻く「祭り」が始まっている。選挙に出れば当選間違いないといわれるだけに、もっともらしい噂でも騒ぎになるようだ。
久本さんといえば好感度タレントのトップの常連。キリンホールディングスが07年9月6日に発表した調査でも、「一緒にお酒を飲みたい女性上司」では、黒木瞳さんに次いで2位という人気者だ。芸能人が国政に進出する度に、久本さんが選挙に出れば当選は間違いない、などという噂が立っていた。ただし、超売れっ子で、人気劇団も抱えているという状況下では出馬は難しいし、本人が政界に興味があるようにも見えなかった。

しかし、メディアが久本さんの心境の変化を勘ぐりだしたのが2007年7月の参議院選挙。久本さんは多忙にもかかわらず公明党議員の応援で全国を飛び回った。


これは驚きですね。でも、昨年から創価学会では芸能部の体制強化を図っていた経緯があるので、それが選挙戦のためだったと、考えられないことではないでしょう。次の衆議院選挙で負ければ、歯止めが効かない衰退を余儀なくされる、と思われる公明党(=創価学会)。なりふりかまわず選挙戦を重視すれば、マチャミのスケジュールなど知ったことではないでしょうね。またマチャミも池田大作には心酔していますので、出撃命令がでれば、即スタンバイOK?

小沢氏「国替え」に含み 公明代表の東京12区
3月2日8時1分配信 産経新聞
民主党の小沢一郎代表は1日、盛岡市で記者会見し、自身の衆院岩手4区から東京12区への選挙区変更が一部で取りざたされていることについて、「僕自身のことはいろいろ言われているが、選挙ということになったらお答えする。一切、今はそんな考えは持っていない」と述べ、否定してみせた。ただ、「今は考えていない」という含みのある発言だっただけに波紋を呼びそうだ。
東京12区は、公明党の太田昭宏代表の選挙地盤で、自公の選挙協力の象徴となっている。一方、民主党は候補のいない空白区で、小沢氏が「国替え」して立候補すれば「自公との最終決戦の象徴となる」(民主党ベテラン)と解説する声もある。このため、公明党や同党の支持母体の創価学会が神経をとがらせている。


しかし、まぁ~、小沢民主党もどこまで本気なのか、わかりません。いろいろと寝技を使う小沢さん。技ばかりかけていないで、福本元参議院議員の国会での参考人招致をお願いしたいものです。

職員旅行“丸抱え” 冬柴国交相「半額返してもらうべき」
3月14日11時53分配信 産経新聞
道路特定財源から事業収入を得ている国土交通省所管の公益法人22法人が、職員旅行の費用に福利厚生費を充てていた問題で、冬柴鉄三国交相は14日の閣議後会見で「国民の目から見れば妥当ではないと思う。まず(支出した)半額を返してもらう」と返還を求める考えを明らかにした。

なんで、半額なのか?その根拠は?えーっ、冬柴どえれーじんせんせい。当然全額に利子をプラスして返還すべきでしょう。あなたには大臣はおろか、国会議員としての資格はありません。あなたに似合うのは創価学会員としてのステータスのみです。

<オウム被害者救済>自公チームが範囲調整へ
3月7日17時58分配信 毎日新聞
 自民、公明両党は7日、「オウム犯罪被害者救済立法プロジェクトチーム(PT)」を設置した。オウム真理教による事件で、教団から被害者への損害賠償が滞っている問題で、両党はそれぞれ国が被害者に一定額の見舞金や給付金を支払う救済法案の骨子を作ったが、救済の範囲が異なっている。PTで調整したうえで与党として今国会に法案を提出、同趣旨の法案を提出済みの民主党と協議する方針だ。

 PTメンバーは、自民党の臼井日出男元法相、公明党の神崎武法前代表ら10人。自民党案は、救済対象を無差別大量殺人と位置づける松本・地下鉄両サリン事件に限定。一方、公明党案は、坂本堤弁護士一家殺害事件やVXガスによる襲撃事件などの被害者も対象にしている。【西田進一郎】

はぁ~~~、言葉が出てこないニュースです。ジョークもほどほどにしてほしい。いや、勿論、オウム被害者を救済するのは大切なことですが、それに公明党(=創価学会=カルト)が推進している姿は、いったい何なのでしょうか。この国の矛盾を如実に示してくれる公明党(=創価学会)様ご一行でございます。


上脇・神戸市議を逮捕 資産隠し共謀の疑い 地検
よくもまあ、次から次へと出てきますね。もちろんこの人は公明党所属の議員です。もう、バカバカしいのと疲れたので、最下段のリンクを押して読んでくださいね。ではでは~

上脇義生神戸市議を逮捕
上脇義生公式サイト

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

話はまったく逸れるのですが、久本さん、いつのまにか、年が2つ増えてますね(笑)

Booさん、はじめまして。

こんばんは、ようこそ、いらっしゃいました。

Booさんが仰っていることは、たしか一年前ぐらいにニュースになっていましたね。なつかしいです。
以前、マチャミが、柴田理恵といっしょに学会の集会のステージに出ていて、うしろから池田大作が出てくると、感激してボロボロ泣き出した映像が[you tube]にあったのを想い出しました。わぁ~! 超キ・モ・イ です。
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。