スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、煩悩の極み、創価ヒエラルキー

76457c450s20080421s.jpg

写真は「博士の独り言」より、「中朝国境の川辺で遊ぶ無邪気な北の子供たちも、「人間サファリ」の標的になっているという(AP)」。

皆さま、こんにちは。

山口県光市の母子殺害事件では、被告の元少年に対して死刑の判決がでましたね。どうしようもない元少年はおいといて、その弁護団は控訴するとのことです。差し戻し審の公判であれほど非難を受けたのに、はずかしくないのでしょうかね。

恥をしらないといえば、中国人の国内外での、フランスに対するデモが挙げられますね。全く、 “逆ギレ”としか言い表せない。フランス国旗に逆マンジを書き込み、フランス系スーパーの不買運動を起こす。この分ではオリンピックはどうなるのか、選手の安全は一番大切なことですが、競技自体が公正に行われるのか心配になります。中国の国威の宣伝に使われるのではないでしょうか。

道理を無視して、なにがなんでも騒いでねじ伏せようとする中国のデモには、民意の低さ感じると共に、ナショナリズムの危険性を感じてしまいます。右翼的思想のナショナリズムや全体主義ばかり気にかけて、そうでないものには目をつむる、そうした団体や評論家には、今回の中国の出来事は、良い薬となるのではないでしょうか。

さて、同じような全体主義を得意とする創価学会。このブログのリンクにもある「聖教新聞:今日の一面」などを見ると、池田宣揚と、各地の集会での盛り上がった様子、そして「寸鉄」などの罵倒、中傷のことば。写真に出ている集会でのたくさんの笑顔には、気味の悪さを感じるのは、当然ですよね。

そんな全体主義の組織が目標とするのは、制覇であり、創価学会の場合は総体革命の完結であることに他なりません。小多仁 伯氏の「池田大作の品格」(P146)には次のくだりがあります。

また、昭和40年の7月26日付けの聖教新聞には、
「国が最高に繁栄した時が高宣流布の時であり、一国のためにも、国民のためにも最高の時です。そうした背景のもとに高宣流布の儀式が行われるのです。それが創価学会の究極の目的の一つです。その時に不開門(あかずのもん)が開く。一説には、天皇という意味もありますが、再往は時の権力者であるとされています。すなわち、公明党がどんなに発展しようが、時の法華講総講頭(当時は池田大作)であり、創価学会の会長がその先頭になることだけは仏法の方程式として言っておきます」 と池田の自信が漲って(みなぎって)います。


はぁ~~~? 「仏法の方程式」だと???   つづけて・・・

このころ「舎衛(しゃえ)の三億」論が学会組織で盛んに語られていました。三分の一が学会員、三分の一がシンパ、残りの三分の一が一般人という構成になった時、高宣流布は達成するというものでした。

うん?・・・ で、 かなり気になるのは、なぜ、高宣流布の達成が三分の一ずつなのか???という部分ですが、本当に良心でやっているのなら100%で達成でしょう。それともなんですか、創価学会では意に従わない者を残し、つまりは見下す対象を残しておかないと、会員の士気を保てないのですか?

私は創価学会の本質がここにあると思っています。つまりは差別した階級の発展と維持であり、その目的は教えを広めることではなく、ヒエラルキーの完成であり、その快感に心酔した者たちの煩悩の極みであると。実際、このことを念頭に創価学会問題を考えると、当てはまることばかりではないでしょうか。

話を今の中国に戻すと、ブログ「博士の独り言」の記事でも取り上げられていますが、産経ニュースに次のような記事があります。

中国非道! 北朝鮮で「人間サファリ」ツアー  (←クイックを)

住民を動物に見立て金稼ぎ

 中朝国境地帯で、北朝鮮の住人を動物に見立て、たばこや食べ物を投げ与える「人間サファリ」と称するツアーが現れた。中国人が北の警備兵と結託し、観光客から料金を徴収して行っているという。北京五輪を前にチベット人権問題で激しい批判にさらされている中国だが、北の困窮につけ込み、人間を動物扱いして金を稼ぐ、とんでもない人権感覚が明らかになった。


まったく、もう、感想も何も、言葉すら失う記事ですが、池田創価学会が親しくする相手は、胡錦濤の中国であり、チャウチェスクのルーマニアであり、ノリエガのパナマであり、ろくでもない国ばかりではないか・・・そんな創価学会が非学会員は勿論、学会員ですら、内部でのヒエラルキーにより差別されていることを、早く知ってほしいのもです。


<今日の関連サイト>
中国非道! 北朝鮮で「人間サファリ」ツアー 

「博士の独り言」より、「人間サファリ一考」

「舎衛(しゃえ)の三億」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

創価学会が青色レーザーガンで全体主義を説法

『全体主義、全体主義』と噂通り創価学会は異常ですね。今現在の創価学会の手口は光線銃・青色レーザーポインター・レーザーガン/パラメトリックスピーカーの組み合わせで、『全体主義思想』を広める工作をしており、気持ち悪さも数百倍だそうです。
この気色悪い創価学会の奇怪な全体主義思想とは武器を併用し、絆と言う言葉をパラメトリックスピーカーで送信しながら、青色レーザーガンで傷害行為を繰り返し(単なる通り魔犯)行っているそうです。この通り魔集団は説法と称して傷害行為を繰り返し行うそうで、レーザーガンの規制が甘い点につけ込み犯罪を行っており極めて陰湿です。
sidetitleプロフィールsidetitle

コオロギ丸

Author:コオロギ丸
ようこそ、嫌創価流へ
創価学会と学会員はある意味で反面教師である、という方がおられます。その通りではないでしょうか。
創価学会並びに学会員をウォッチすることは、世間一般人にとって、必ず役に立つと確信します。
さあ、一緒にウォッチしませんか?

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2ブックマークに追加するsidetitle
FC2ブックマークに追加
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。